スカウティング フォア ボーイズ に記された B-P スピリット
―― Our Remedy and its Application ――

 ここには、ボーイスカウト日本連盟 昭和32年初版発行の「スカウティング フォア ボーイズ」(中村知氏訳本)中の「序文(1940年)」(49頁〜53頁)と「第3部 原理と方法」(495頁〜547頁)の邦訳文と、この部分に対応する英国出版本( SCOUTING FOR BOYS Twenty-Eighth Edition)の英文を、対訳形式で掲載しました。

 この部分は、ボーイスカウトの創始者B-P(Robert Stephenson Smyth Baden-Powell 1857.2.22-1941.1.8)がボーイスカウト運動を展開する上でのB-Pの世界観と社会認識、意気込み等を著したところであり、私たちにとってとても重要な文献と思います。私たち年取った者はこの中村知氏訳本で育ったといえるのですが、しかしこれは既に絶版となっており、今の人たちがこれを読むことは相当困難になってしまっています。これではいけないと思い、ホームページ掲載という形でネットを通しての公開を思い立った次第です。

 この作業において、スカウトミュージアムの笠原功氏の多大なご好意をいただきましたことを付記します。(2015.7.22)


ロード ベーデン-パウエル オブ ギルウエル 著
スカウティング フォア ボーイズ
第27版(1952年版)
財団法人ボーイスカウト日本連盟訳発行
(昭和32年9月1日 初版発行 中村 知 氏訳)から



序   文 (1940年)

 スカウティングは,いままで,一再ならず,多くの熱心家によつて教育の革命だとして論述された。
 けれども,そうではない。
 それは,楽しい戸外でのレクリエーション,教育のための訓育的な目的をも達するよう求められたレクリエーションとして,冒険的に投げられた単なる示唆にすぎないものである。
 それは,学校の訓育への補足になることが出来,学校の正科のカリキュラムに避けられない割れ目を満たし得るものともいえよう。手つ取り早くいうならばウッドクラフトを通じての公民精神学校である。
 その,割れ目をうめる指導の主題は――
  人格(性格)
  健康,及び
  各個人々々でする手技と
  奉仕によつて自分の仕事を能率化することから生まれる公民精神
 の発展を通じて養われる個人々々の能率という点にある。
 これらの主題は,ウルフカブたち,スカウトたち及びローバーたちの三段階の進歩課程の訓練に適応されている。本書が諸君に示す如く,彼等の発育というものは,主としてキャンピングやウッドクラフトのような,指導者にとつても,少年たちにとつても同様に楽しまれるものを通じてなし得られる。実際に指導者が,少年と興を共にするところから,彼等はリーダーとか,年上の兄貴とかいう適当な名をつけられ,そして,少年たちは,自分が自分を教育しつつあるのである。
 これが,スカウティングが,教育の革命だと呼ばれる所以であろう。
 その点では,正にその通りである。しかし,それは普通の学校でなし得る訓育とは違つた訓育を狙つているからである。スカウティングは,少年たちに,生き方を教えることを目的とする。これは只単に食べて生きるのではない。もし他の人々に対する奉仕ということを伝授しないならば,個別指導というものは,少年をして受賞とか,奨学資金の獲得などへの野心や,給料,地位への成功に,彼を導く危険が横たわるものである。
 社会の,全ての階層における,利己の指教に伴つて,我々は一国内に対立が生ずる結果を招いていることに驚かされることがある。即ち,自分勝手な者たちが優越感を巡つて,互いに無法な敵手となり合い,同じことが,徒党や政党,宗教宗派や社会階級にもあつて,全てこれらは,挙国的利益や一致への損失となるものである。
 であるから,スカウト訓育の狙いは,利己を奉仕に置替えるのである。そして,若者たちの個々の,道徳的,肉体的の能率というものを,地域社会への奉仕のために用いる能率とすることに目標をおいたのである。
 とはいえ,このことは単なる兵隊や海員のサービス(勤務)を意味するものではない。我々は,この運動に軍事的な目的や訓練をもたないのである。人間同士に対する奉仕という理念だけである。言葉を変えれば,我々は日常の生活や交際に,キリスト教信仰の実習をすることを目的としたもので,毎週の日曜日にだけ神学的な告白をするのではなものである。
 現在に至る31年間の,スカウト運動の顕著な成長は,その推進者並びに外部からの支持者たちの,共に驚くところである。小さい一つのキャンプに発足し,そして本書もまた,1908年,そのキャンプから生まれたのだが,この運動が,なんら改府の補助金なしに自力で成長し拡大して,今日(1939年)までに,英本国で460,234人,大英帝国としては1,009,671人の加盟員をもつに至つた。
 これは二つの点に帰する。第1は,スカウティングが少年たちを魅了すること,第2は,我が国の教育が自我中心に向つて誤り導いていたに拘わらず,世の男女成人たちの間に潜在していた,生来の愛国心の容量のためである。即ち,社会の各階層からの,79,000人を超える人士が,有志(ボランティヤー)として一団を形成し,その時間と労力とを,この運動に捧げ,少年たちが善良な公民となるのを助けることに満足する以外に何らの報酬をうけない,ということからである。
 教示は,実例を以つてなされ,少年たちは即刻,奉仕について学ぶがそれは,スカウトマスターによつてなされる実例による説明が,彼等の面前に示され,その場において学ばれるからである。かような,訓育の効果というものは,充分な助力者の手によつてなされる限り,幸福にして健康な,そして有能な公民を作ろうとする,全ての期待を達成して余りあるものである。
 これらリーダーたちの意図は,単に見込みのある少年たちだけを助けるのではなく,もつと,特に鈍な少年たちをも助けるにある。我々は,このような少年に生活の喜びや,同時に,或る種の属性及び或る機会を,出来の良い兄弟が与えられているものと同様に与えてやりたい。そうすれば彼等は少くとも生涯において公平なチャンスを得るにちがいない。
 諸外国においても,スカウティングの有用さを認めること,速かなものがあつた。そして本書の与える線に沿うて,その国々の特質に従つて採用され,発展していつた。
 その結果,今やボーイスカウト兄弟愛は全世界にひろがり,現在約3,305,149人のメンバーをもち,同じちかいと,同じおきてのもとに,同じ理念で活動している。相互に兄弟と考え,手紙を交換したり訪問したりして,お互いに知り合おうとしている。これは相当大規模になされている。
 この丈夫に育つた兄弟愛が,近い将来にもたらす成果について,広汎にわたる国際的可能性を予見するには,大した想像を必要としない。国際連合は,それが批判されている如く,魂のない立法機関として,ここ当分の間は行くだろう。しかし,その背後にある国々の未来の公民の間に,個々に結ばれた友情の精神と善意の寛い心とはそれに魂を入れるだけでなく,将来の国際戦争の危機に対しても,尚,強い保険を立証するであろう。これは一見迷夢であるかに思われるが,たとえ,迷夢であつてもよろしい。このささやかな本書が300万人を超えるボーイスカウトたちの兄弟愛を結果づけ,約,1,444,000人のガールガイドたちに,妹姉愛を交信させる結果に今日なつていることを,30年前に誰が予想したことであろうか。
 だが,それだけではない。
 それに加うるに,もし成年の男女が,この仕事の推進に,一層彼等の分担を励むならば,このような見方は可能性の限界を超えた妄想ではなくなるのである。
 いとも小さい海の蟲の協力でさえ,珊瑚礁の島を形作るにいたる。善意と協力の働くところ,大きすぎるという企業はない。我々は,毎日々々,少年たちが,この運動に加入することから外れるのを心配している。それは,少年たちをつかんでいる成年の男女が少いからである。ここに,今日,我が国民の間に取つている愛国心と,キリスト教徒精神とに訴える莫大なものがある。そしてそのことを訴える直接的な機会が得られないことが,その主な理由である。しかし,この楽しい兄弟愛には,莫大な機会があつて,その機会は幸福な仕事の全面に開かれており,その仕事とは,諸君の手によつてその結果が示されるものであり,そしてそれは,彼の仲間や神のための奉仕の機会として,万人に与えられているという理由によつて,やり甲斐のある仕事なのである。
 昔,ソクラテスは次のようにいつたが,その言や真実である。『自分の子供だけでなく,他人の子供にまでも,正しい教育をしようと心を砕く人にまさる善い目的に向つて進む人は,この世にいない』
B−P誌す    .
(訳者注:この全文は原書ではイタリック活字)

BADEN-POWELL'S
SCOUTING FOR BOYS
PRESENTATION EDITION
(Twenty-Eighth Edition September, 1953)
Printed in Great Britain for the Publishers, C. Arthur Pearson, Ltd.,



PREFACE  (1940)

 Scouting has been described by more than one enthusiast as a revolution in education.
 It is not that.
 It is merely a suggestion thrown out at a venture for a jolly outdoor recreation which has been found to form also a practical aid to education.
 It may be taken to be complementary to school training, and capable of filling up certain chinks unavoidable in the ordinary school curriculum. It is, in a word, a school of citizenship through woodcraft.
 The subjects of instruction with which it fills the chinks are individual efficiency through development of―
  Character,
  Health, and
  Handicraft in the individual, and in
  Citizenship through his employment of this efficiency in Service.
 These are applied in three grades of progressive training for Wolf Cubs, Scouts, and Rovers. Their development, as this book will show you, is mainly got through camping and backwoods activities, which are enjoyed as much by the Instructor as by the boy; indeed, the instructors may aptly be termed leaders or elder brothers since they join in the fun, and the boys do the educating themselves.
 This is perhaps why Scouting is called a revolution in education.
 The fact is true, however, that it aims for a different point than is possible in the average school training. It aims to teach the boys how to live, not merely how to make a living. There lies a certain danger in inculcating in the individual the ambition to win prizes and scholarships, and holding up to him as success the securing of pay, position, and power, unless there is a corresponding instruction in service for others.
 With this inculcation of self-interest into all grades of society it is scarcely surprising that we have as a result a country divided against itself, with self-seeking individuals in unscrupulous rivalry with one another for supremacy, and similarly with cliques and political parties, religious sects and social classes, all to the detriment of national interests and unity.
 Therefore the aim of the Scout training is to replace Self with Service, to make the lads individually efficient, morally and physically, with the object of using that efficiency for the service of the community.
 I don't mean by this the mere soldiering and sailoring services; we have no military aim or practice in our Movement; but I mean the ideals of service for their fellow-men. In other words, we aim for the practice of Christianity in their everyday life and dealings, and not merely the profession of its theology on Sundays.
 The remarkable growth of the Scout Movement in the thirty-one years of its existence has surprised its promoters as much as its outside sympathisers. Starting from one little camp, of which this book was the outcome, in 1908, the Movement has grown and expanded automatically without any Government subsidy, till to-day (1939) we have 460,234 members in the United Kingdom and 1,009,671 in the Empire.
 This points to two things: first, the attraction that Scouting has for the boys; secondly, the volume of that innate patriotism which underlies the surface among the men and women of out nation in spite of the misdirection of their education towards Self. Over 79,000 of these form a force of voluntary workers, from every grade of society, giving their time and energies for no reward other than the satisfaction of helping the boys to become good citizens.
 The teaching is by example, and the boys are quick to learn service where they have before them this practical exposition of it on the part of their Scoutmasters. The effects of this training where it has been in competent hands have exceeded all expectation in making happy, healthy, helpful citizens.
 The aim of these leaders has been to help not merely the promising boys, but also, and more especially, the duller boy. We want to give him some of the joy of life and at the same time some of the attributes and some of the opportunities that his better-off brother gets, so that at least he shall have his fair chance in life.
 Foreign countries have been quick to recognize the uses of Scouting, and have in their turn adopted and developed the training exactly on the lines given in this book.
 As a consequence there is now a widespread brotherhood of Boy Scouts about the world numbering at present some 3,305,149 members, all working for the same ideal under the same promise and law, all regarding each other as brothers, and getting to know each other through interchange of correspondence and personal visits on a considerable scale.
 In needs no great imagination to foresee vast international possibilities as the outcome of this fast-growing brotherhood in the near future. The League of Nations may be for the moment, as its critics term it, a soulless legislative machine; but this growing spirit of personal friendship and wide-minded goodwill among the future citizens of the nations behind it may not only give it that soul, but may prove a still stronger insurance against the danger of international war on the future. This may seem but a wild dream, but so it would have been a wild dream had anyone imagined thirty years ago that this little book was going to result in a Brotherhood of over three million Boy Scouts to-day and a corresponding sisterhood of some 1,444,000 Girl Guides.
 But such is the case.
 And such vision is not beyond the range of possibility, if men and women come in to take their share in the promotion of the work.
 The co-operation of tine sea insects has brought about the formation of coral islands. No enterprise is too big where there is goodwill and co-operation in carrying it out. Every day we are turning away boys anxious to join the Movement, because we have not the men or women to take them in hand. There is a vast reserve of loyal patriotism and Christion spirit lying dormant in our nation to-day, mainly because it sees no direct opportunity for expressing itself. Here in this joyous brotherhood there is vast opportunity open to all in a happy work that shows results under your hands and a work that is worth while because it gives every man his chance of service for his fellow-men and for God.
 Old Socrates spoke truly when he said, “No man goeth about a more goodly purpose than he who is mindful of the right upbringing not only of his own, but of other men's children.”
B.-P. .
 ( SCOUTING FOR BOYS Twenty-Eighth Edition, 1953, p21)




第3部
原理と方法

 ソクラテスは,次のような言葉をのこしているが,その昔たるや真実にして,以つて諸氏の労を慰めるに足るものであろう:――
 「自分の子供だけでなく他人の子供までをも,良く育てようと心がける人以上に,神々しい目的に向つて進んでいる者はほかにない。」

 ローマ没落の一つの原因は,その人口の4分の3までが国家から食物を分配されて坐食して何も考えず,自分自身と自分等の子供に対する責任をもかえりみず,結局,無為浪費の国民となつたことにある。彼等はしばしば,闘技場に行つたが,そこでは職業的演技者が現われる。これは我々が現在,職業的プレイヤーがフットボールをするのを大ぜいたかつて見物するのと頗るよく似ている。
 フットポールそのものは立派なゲームで,若者の肉体と精神とを発達させる。それは遊びの中に良い性質と利他的精神とを修めさせ,自分の持場を守つて「ゲームする」ものであつて,それは人生のゲームに対する無上の訓練である。しかしながら自分たちがゲームするのでなくて少数の職業的競技者がするのを見物する方により多くの若者をひきずり出すのであれば,これはゲームの邪道である。
 そんな状態から若者たちを救い出し--どんなゲームでもよいから男らしくゲームするように導き,以つて単なる観衆や有閑人にならぬよう教えるべきである。
 大都市にあつては,その昔少年の大半がゲームしようにも空地がないではないか,という反ばく論があろう。これは一応私にもわかる。けれども,私はそのゲームはフットボールに限る必要を認めない。スカウティングの目的の一つはティームのゲームによるティーム活動を与えるにある。例えばキャンピングやエキスプロアリングのようなもので健康,能力,人格の向上に頗る役立つものをいう。これらのゲームは,すべからく魅力的かつ対抗的に行なわれなければならない。そしてそれを通じて我々は,ルールに従う遵法的精神,規律,自己制動,機敏,堅忍不抜,勇気,統卒力及び没我の要素をティームプレーに含ませることができる。これらは公民としての属性に全て重要であつて,これを奨励することは,スカウト訓練が学校訓練の充足として役立つことになるのである。
PART THREE
PRINCIPLES AND METHODS

SOCRATES has said for your comfort, and truly :―

 “ No man goeth about a more godly purpose than he who is mindful of the good upbringing not only of his own but of other men's children.”

 One cause of the downfall of Rome was that the people, being fed by dole from the State to the extent of three-quarters 6f the population, ceased to have any thought or any responsibility for themselves or their children, and consequently became a nation of unemployed wasters. They frequented the circuses, where paid performers appeared before them in the arena, much as we see the crowds now flocking to look on at paid players playing football.
 Football in itself is a grand game for developing a lad physically and also morally, for he learns to play with good temper and unselfishness, to play in his place and “ play the game,” and these are the best of training for any game of life. But it is a vicious game when it draws crowds of lads away from playing the game themselves to be merely onlookers at a few paid performers.
 Get the lads away from this―teach them to be manly, to play the game, whatever it may be, and not be merely onlookers and loafers.
 I know the objection is that there is no space for half our lads to play games in our great cities, but I don't say the game must necessarily be football. One of the objects of Scouting is to supply team games and activities, such as camping and exploring, which can do as much in promoting health, strength, and character. nose games have to be made attractive and competitive, and it is through them that we can inculcate the elements of obedience to rules, discipline, self-control, keenness, fortitude, pluck, leadership and unselfish team play. These are all-important attributes for a citizen, and in its encouragement of them the Scout training can be of use as complementary to the school training.
教   育

 この「スカウティング・フォア・ボーイズ」が世に出てからこのかた,我が国の教育行政に相当の変化が及ぼされた。そして教師たちは以前よりも健康と,人格(性格)の訓練の上に,このスカウト教育法をとりいれるよう多大の奨励をうけたのである。

 けれども,依然としてそこにハンディキャップがある。それは教師それ自身のせいではなしに,大きな学級と,限定された修業年限のためである。更に(多くの例に従えば)生徒の校外に於ける生活環境のせいである。それ以上に最も重安な事項,即ち人格の向上というものは,官庁から教師への通達が,いかに正しく主張されても,大多数の生徒の1人1人に,これを実行に移させることの困難ということである。これを成功させるには生徒各個の心を別々に研究して,その展開を内部から行なわせる必要がある。

 同様に,問題となる公民教育というものも,原理に示された精神を実行させるような機会を生徒に与えるのでなければ完全とは考えられないのである。そしてこれもまた,学校では困難である。

 以上のような理由と,このような指向とによつて,ボーイスカウトの教育方法は,教師たちに対して積極的な援助となつて来た。サー・ジョージ・ニューマンは,彼の1928年度,年次報告書「学童の健康」にこのことを強調してこう述べている。

 「世には,生理学に無智な人々が依然として相当におり,空想世界に住んでいる。諸君が幼児の身体と頭脳とを育成し発展させるのでなければ,そして,またそうさせるまでは,彼等に対しての知的な指導の努力の全ては無駄であることが立証された。彼等はボーイスカウト運動の勝利にみちた貢献についての証人であるが,口先ばかりの賞賛で奉仕するだけで,彼等はボーイスカウトから学ぶことを拒んでいる。けれどもボーイスカウトの教科は深く,真実であつて,この世代の者を教育する教育家たちの全てに対して意味深いものである。それは身体的原理,教育的冒険,若人訓練及び喜んで服従する教科である。それは完全に自由である奉仕えの,賢明この上もない演出の一つである。それは最初に,身体を整備することを教え,それから能力とセンス(感覚)を抽き出す。それは少年に支度と展開の2つをさせることになる。そして少年たち自らの興味と希望とに基いて各自を手技や芸術や技術の道にはいらせる。それは数量や先生のために人間を訓練するのではなく,生命のためにするのである。このようにして,それは広汎な健康教育運動となり,従来全ての教育権威者が,しようとして余りにもしばしば,失敗したものを,少年たちのためになしつつあるのである。恐らく世界中に今までにない実際的教育の最大なデモンストレーションであろう」と。

 教育というものは,我々国民が,今日求めているものに直結させねばならない。かつ,特に我が国民が明日求めているものにも合致しなければならない。我々はあまりにもしばしば,過去の教科と比較するだけで我々の方法が改善されたといつて満足する傾向がある。今日,国民の間の最悪の過誤は,狭い視野,セクショナルな見解にある。各界の権威者たちは,我々のトラブルの最良の解毒剤として快活な善意と協力の必要を説いている。
 普通の教育方法では,この方向に進むことは殆んど無力である。余程の注意を払わない限りそれは,ある種の危険を内に蔵する。少年の心に自分だけの利益を奨励したり,他人に無関心にさせたり,または他人の利益を敵視さえさせるような危険がこれである。彼はクラスの首席になり,賞品や奨学金を獲得しようとして級友と競争するよう奨励される。人生における最大のものに向つて野心を抱くのではあるが,これは国家に対するデューティや,他人に対する助力や思いやりを充分に教えてバランスをとることを忘れた教育方法である。その結果は,知育偏重,階級嫉視,産業争議,宗派争い,スポーツ耽溺,政争及び国際紛争などにあらわれ,全て誇張された価値をもつて現行されている。それは人々が,広くものを見ることや隣人の眼をもつて見ること,及び善意と協力とを積極的に用いることを教えられなかつたからである。今日,産業,政治,宗教,社会,或いは国際間に起こるトラブルの大部分は,どれもこれも,この不注意が根本の原因となつている。
 ここにおいて,スカウティングがデューティ感と,他人に対する奉仕観念による一連の訓練を以つて,これを救うため登場したことを繰返し述べたい。それは少年に,彼の前に横たわる生活に,責任感の実際的理念を与えることを狙いとし,そして彼の日常の生活と行動の中に彼の宗教の実行を諄々と説くべく努めている。
 次の図表は,我々国民の欠陥と,その原因とを表わし,これをスカウティングによつて治療する点を暗示したものである。

(国民的欠陥)(原 因)(根源)(予防策)(治療策としてのスカウト訓練)
(学術教育に加うるに
    組織化された発達法)
──────────────
T 次のものを通じての
  人格(性格)形成
良い環境
名誉の観念
デューティの観念
自 律
創意工夫
手 技
自然研究を通じて神を知る
宗教の実践
公 正
他人を扶ける
個人的に国家に奉仕
無宗教
無規律
愛国心の欠乏
利己主義
背 徳
他人無視
残 忍
最高良識
の無視
自律の
欠乏
T
人格(性
格)教育
暴力,犯罪
精神錯乱
無貯畜と貧困
飲  酒
虚 飾
浮浪と横着
道義の低下
賭 博
不純正
疾 病
放  縦
不健康
不 潔
嬰児死亡
精神的欠陥
肉体的欠陥
両親の無
智と無責
衛生学
と生理
学の知
識不足
U
肉体的
健康教育
U 下記を通じて健康を
戸外運動(教練だけでなく)
自己の身体の発育を基準にまで
 高める責任
健康及び衛生の実践
Education

 Since “Scouting for Boys” was first written a considerable change has been effected in the administration of education in the United Kingdom, and teachers have greater encouragement to apply the training in health and character than was formerly the case.
 But they are still handicapped, through no fault of their own, by large classes and the limited period of the school age, as well as (in many places) by the out-of-school environment of their pupils. Moreover, the most important item of all, viz. : the promotion of character, though very properly advocated in the official instructions to teachers, is most difficult to carry out in practice with large numbers of scholars, since, for successful production, it needs the separate study of each individual mind and its development from within.
 Similarly, education in citizenship as a subject can scarcely be considered complete unless it gives the pupil the opportunity of expressing in practice the spirit which it inculcates in theory. And this, again, is difficult in a school.
 It is for these reasons and in these directions that the Boy Scout method comes in to be a positive help to the teachers. Sir George Newman, in his Annual Report for 1928 on The Health of the School Child, further emphasized this when he said :―
 “ There are still worthy people who, being ignorant of physiology, live in an unreal world and are even yet unaware that unless and until you cultivate and develop the body and brain of the child, all attempts at intellectual instruction will prove futile. They are witness of the triumphant contribution of the Boy Scout Movement and render it lip service of praise, but they decline to learn from it. Yet its lesson is profoundly true and full of meaning to all educationalists in this generation. It is a lesson of physical discipline, of educational adventure, of youthful training and glad obedience ; it is one of the wisest interpretations of that service which is perfect freedom ; it educates by equipping the body first and drawing out its faculties and senses ; it both harnesses and develops the boy and leads him of his own interest and desire into the path of manual work and the arts and crafts ; it trains men not for the classroom or the pedagogue, but for life. Thus it has become a vast health education movement, doing for the boy what the education authority all too often fails to do. It is perhaps the greatest demonstration in practical education that the world has seen.”
 Education has to be directed to meet what is needed in our nation to-day. And, more especially, what will be needed in our nation to-morrow. Too often have we been inclined to be content merely with improving our methods in comparison with past curricula. To-day one of the worst faults in the nation is narrow sectional outlook ; authorities on all hands speak of the need of cheery good-will and co-operation as the antidote to most of our troubles.
 The common method of education does little in this direction. Indeed, unless due care is taken, it holds within it a certain danger, the danger of encouraging self-interest in the boy, regardless of or even in rivalry to, the interests of others. He is encouraged to be top of his class, to win prizes and scholarships for himself in competition with classmates, to be ambitious, to aim for the best things in life, without counterbalancing instruction in his duty to the State and in helpfulness and consideration for others.
 The result is that high-brow cults, class jealousies, industrial disputes, sectarian differences, addiction to sport, political and international rivalries, all exist and have their exaggerated values because men have never been taught to look wide, to see with their neighbour’s eyes, and to use in active practice their good-will and co-operation. This neglect is at the root of most of our troubles to-day, whether industrial, political, religious, social, or international.
 It is here, again, that Scouting can come in and help with its definite training in its sense of duty and service for others. It aims to give the boy a practical idea of the responsibilities of life that lie before him and endeavours to inculcate the practice of his religion in his everyday life and doings.
 The diagram gives some of our national inefficiencies and their causes, and suggests a remedy as supplied by Scouting.

NATIONAL INEFFICIENCIESCAUSESORIGINPREVENTIVESCOUT TRAINING AS REMEDY
Additional to Scholastic Education―
 a systematised development of :
━━━━━━━━━━━━━

T. CHARACTER through―
  Good Environment
  Sense of Honour
  Sense of Duty
  Self-discipline
  Responsibility
  Resourcefulness
  Handicrafts
  God through Nature Study
  Religion in Practice
  Fair Play
  Helpfulness to Others
  Personal Service for the Country
Irreligion
Indiscipline
Want of Patriotism
Selfishness
Corruption
Disregard of others
Cruelty
Indifference to
Higher Con-
science
Want of Self-
discipline
T.
Education in
CHARACTER
Crimes of Violence
Lunacy
Thriftlessness and Poverty
Drink
Show off
Loafing and Shirking
Low Moral Standards
Gambling
Illegitimacy
Disease
Self-
indulgence
Ill-health
Squalor
Infant Mortality
Mental Deficiency
Physical Deficiency
Irresponsibility
and Ignorance
on part of
Parents
Want of
Hygienic and
Physical
Knowledge
U.
PHTSICAL
HEALTH
U. HEALTH Through―
  Outdoor Practices (not merely
   Drill)
  Responsibility for own Physical
   Development up to Standard
  Health and Hygiene in Practice
治療を施す場所と方法

 この事態を改善する色々の方途が当局によつてとられた。教育もその一つで,成功したものもある。競技場,夜間学院,学校キャンプと修学旅行,養護委員会,継続学校等々がそれである。これらの中には公立のものもある。けれども,役人と教師にハンディキャップがあつて限度があるので依然として奉仕的組織体の援助を求める余地がある。単に学校を去つた少年たちに継続的な教育の或る種のものを与えたり,彼等のため何らかの役所的方法が及ばなかつたりするだけでなく,全ての少年層に,健康と人格と,公民訓練とを得させる点で,ヴォランティア一組織体(篇志,有志者組織体)の援助を必要としたのであつた。
 ロード・ユステース・パーシイが文部大部であつた頃,こういつたことがある。
 「ボーイスカウト運動は,教育組織が,少年に対してしようとして僅かしかできなかつたことを,なしとげている。それは,子供がまだ学校に行つている年令から入隊させ,学校を出る年令が過ぎても,そして正に大人の生活が始まろうとする直前まで彼をひき続き扱うからである」と。
 治療法というのはどれも皆,その自然的分野は,次の世代とその育成にかかつている。
 国民としての少年たちは,熱と意気とに充満している。唯彼等の頭を善良にして役立つ公民になる正しい道に向けるだけである。この素晴らしい資材(即ち少年)の多くが浪費されるままに放任されている。否,それどころか,もつと悪いことは,その後の教育を欠くために彼等が将来,善と悪との分れる十字路に来た時,その生活の危機にあたつて彼等を誘導する手段を欠く。そのために国民に対して害毒となることを許している点である。
 順番が回つてくると彼等は,何人かの少年の親となる。そしてその子供を善良な公民にする正しい線に訓練するものと想像はするが,実際は,その言葉の意味が彼自身にもぼんやりしていてわからない。これは彼等の罪ばかりではないのである。
 彼等は余りにも創意工夫,騎士精神,質素,公民資質及び愛国心の実際的訓練をうけなかつたのである。

(a)この状態に対処できる治療法如何?
(b)その治療はどんな形をとるべきか?
(c)各個人はいかにこれを助け得るか?

(a)この治療は,次の世代の者に対して施さなければならない。(訳者記:旧版本には,大人になつてからでは,もう手おくれだと記している)
(b)治療のねらいは,未来の大人(即ち現在の子供)の心の中に「人格」(性格)を形成するのにある。ここにいう「人格」(性格)とは,男らしい自己信麿と,没我の精神をもち,日常生活にキリスト教徒の道を実践することによつてこれを処理するという意味である。
 (訳者付記:――旧版には,――たとい仏教徒であつても――の付注があり,ビルマ人が日常生活を傑出させた例をあげている。)
(c)個人が,国家的仕事に助力する例は,既にこの方向に向つて結成されているボーイズス・ブリゲードや,ボーイズス・クラブや,基督教青年会や,チャーチラッズス,ブリゲート及びその他同種の協会が沢山ある。けれども,いかにそれらの事業が立派であつても,その努力の全てはこの分野の小部分しか治療できない。我々ボーイスカウトは40万人の少年を擁している。これを他の協会などの人数に加算しても,なお400万人の治療を要する者が大英諸島にいるではないか?

 これらの各種の協会が,多数の者に力を及ぼし得ない理由は,:――
 夫々の会が一致団結を欠き,会と会との相互間の協力が欠けていること。
 少年たちの訓練にあたる適当な青年を充分確保するに困難なこと。
 少年たちを魅了し,入会させた後,彼等の興味をつぐことの困難なこと。

 ここに,心から国を憂える人たちが働くべき光輝ある分野があるのだ。
Where and How to Apply the Remedy

 Various steps to improve matters have been taken by the Authorities, Education and others, and with success : Play Centres, Evening Institutes, School Camps and Journeys, After-Care Committees, Continuation Schools, etc., etc., are among these official activities, but, with the limitations under which officials and teachers are handicapped, there is still need and room for the help of voluntary organisations, not only to give some sort of continued education to boys who leave school and are not in touch with any of the official means provided for them, but also to help all boys to get something of health, character and citizen training.
 Lord Eustace Percy, when President of the Board of Education, said :― “The Scout Movement does for boys what the educational system is powerless to do, except in small measure, because it takes a boy while he is still at school and carries him past the school-leaving age and right on to the beginning of adult life.”
 The natural field for any remedy lies in the rising generation and its upbringing.
 The boys of the nation are full of enthusiasm and spirit, and only want their heads to be turned the right way to become good, useful citizens. A lot of this splendid material is being allowed to run to waste, nay, worse than that, it is allowed to become harmful to the nation for want of further education, for want of a hand to guide the lads at the crisis of their lives when they are at the cross-roads where their futures branch off for good or for evil.
 They in their turn are to become the fathers of more boys, whom they are supposed to train up on right lines for good citizenship, when in reality they do not themselves know the haziest meaning of the word. This is not entirely their fault.
 They receive too little practical teaching in resourcefulness, chivalry thrift, citizenship, or patriotism.

 (a) How is it possible to apply a remedy for this ?
 (b) What form can the remedy take ?
 (c) How can a private individual help ?

 (a) The remedy must be applied to the rising generation.
 (b) Its aim should be to instil “character” into the men of the future. By “character” is meant a spirit of manly self-reliance and of unselfishness, a practical Christianity ordering their daily life.
 (c) Where the individual citizen can help in this great national work is shown by what has already been accomplished in this direction by the Boys’ Brigade, Boys’ Clubs, Young Men’s Christian Association, Church Lads’ Brigade, and other numerous societies of the same kind. Yet, good as their work has been, with all their effort they only till a portion of the field. We hold some 400,000 boys, in addition to those in other societies, etc., but what is that out of the four million in the British Isles alone who need their help ?

 That they do not influence a greater number is due to :―
 Want of amalgamation of effort or mutual co-operation among the different societies.
 Difficulty in getting enough suitable young men to take up the work of training the boys.
 Difficulty of attracting the boys and maintaining their interest after they have got them.

 Here lies a glorious field for work on the part of men who have their country’s interest at heart.
我々の治療法と,その適用

 これらの困難は,ある特殊な方法で治療できると思われるので「スカウティング・フォア・ボーイズ」という名で,私をして自己教育の狙いを示唆せしめるに至つた。これは,それらの困難に合致する第1歩としてである。幸にしてこれが採用されれば,各種の会にあてはまり且つ各会の間の連けいができるであろうし,それが実際的である点,スポーツ的である点,お役所式でない点,そういう広い理由から広い分野からの指導者を得ることができるかも知れない。なおまた,とりわけその多様な魅力は直接少年たちを引きつけるだろう――否,更に進んで最も不良な「ごろつき」をも。
 スカウト技術は,創意工夫や,忍耐力や,勇気,信用など,我々の辺境植民家のもつべき資質を含み,それにナイト騎士道を加味している,これらの属性,即ち道徳的並びに身体的の属性は物真似や日々の練習を少年たちが行なうことによつて実際的のものに形づけられてゆくのである。

 我々は,少年の立場にたつてその訓練を注視し,それによつて訓練方法を形作る。そして成るべくスカウターたちの要望に合致するよう,組織を末端の当事者によつて作るのである。面倒な監査や,こまごましてわずらわしい規則,手続きや冗費をなくするよう地方的の支持を与える。スカウト技術のロマンス――基礎となる特色は,この運動の精神である。そしてこの精神を開く鍵はウッドクラフト(自然観察と林間修技)とネーチュアー・ロアー(大自然の教訓)である。

 少年のいる所,または成人にでも,更に実利主義的な現代でも,野生の叫び,広濶な行路の呼び声は,人々を引きつけないだろうか?
 たとえそれが原始約な本能であるにせよ――ともかく,そういうことはあり得る。その鍵で大きな戸が開けられる。仮りにそれがただ,新鮮な空気と日光だけを生物に入れるとしても,そうでなければ生物は蒼白となる。
 しかし,この鍵は通常それ以上の働きをするものである。
 荒野の英雄たち,辺境の防人や探険家たち,海の遍歴者たちや多くの航空士たちは,少年たちにとつてあこがれのパイド・パイパースである。(訳者注:パイド・パイパース〜笛を吹いて少年をひきつけたという伝説の人)

 彼等は導くところについて行き,男らしい勇気,冒険と努力の高揚,効果に充ちた熟練,他人のための献身の歌を彼等が歌い讃える時,その調子に合わせて少年たちは踊るであろう。
 この中に少年たちの為の肉があり,魂がある。

 若者が街を歩いているのを見ると,彼の眼は遙かな彼方に注がれている,彼の眼は大平原を越えて,蒼白く背景づけられた大海原を幻想しているのではあるまいか? とにかく眼の前にないものを見ている。それは何だかわからないが! 

 諸氏はケンシントン・ガーデンの,昔ギルブラスが海賊こ出会つた林のうしろの,丁度あの場所に,野牛が吠えているのを見たことがあろうか? またアルバート・メモリアルの,木の影にあるシオウ・ロッジから,煙の上がるのを見たであろうか? 私はこれらを,50年間,見た。(訳者注:想像の世界を指す)

 スカウティングを通じて少年たちは,今や偉大な辺境の新開地に住む人たちの兄弟の1人としての,辺境用の支度を整える機会を得た。彼はサインを見つけて追跡したり,信号したり,火を作つたり,仮小屋を建てたり,食物を調理することができる。開拓や,キャンプ技術に必要な多くの事柄をやつてみることができる。

 彼の単位は6人で,自分らの中から選んだ少年のリーダーにとつて率られる。これが児群の自然であつて,良いことをするにもいたずらをするにも,全て児群でする。その各個には責任感と自律とがある。ここに公立学校の寄宿舎精神と同じ強さの,パトロールの名誉に対する団体的精神がある。

 部外の人から見ると,スカウト杖は箒のように見えるが,スカウトにとつてはそうではない。杖は彼自身の特別なトーテム・サインで装飾され,彼を代表するものである。この枚の如く,一団体の中にあつて彼は,自分の特色,国有の人格,固有の力をもつた一個人としてまじわる。

 彼は一群の中の1人であるが,しかし彼自らの本質を失わない。彼は戸外生活を通じて生きる悦びを知ることができる。
 ここに精神的な面がある。

 森の「ハイク」で味つた大自然のささやきを通して,彼の弱い小さい魂は成長して周囲を見渡す。戸外生活こそは観察のためにはすぐれた教場であり,宇宙の神秘の謎を解くに最もよいものである。

 教育を成功させる鍵は,生徒に余り沢山教えないで生徒自身に学ばせるようにするにある。教えこまねばならない主題は,生徒をひきつけるようにしなければならない。魚を誘うには,うまそうな虫をもつてすべきで固いかちかちのビスケットはつけないものだ。
 少年たちを開発させる我々の方法は,色々な資格や,将来の経歴に役立つような手技,その他のテストにパスさせるようにする。このため電気,騎馬,農業,園芸,音楽,大エ,などのバッジ(技能章)をスカウトの2級,1級のバッジに加え,男性的な水泳,開拓,炊事,木樵術,漕艇,その他有用な手技的な要目に対する能力を証明してやる。我々は,自分自身の肉体的発達と健康とに対しては各少年に個人的責任を奨励している。そして彼の名誉を信じ,毎日誰かに対して善行をすることを期待している。

 我々の訓練には軍事訓練はない。普通多くの少年団体がやつている教練でさえ最小限度にとどめている。その理由は,教練は個性を殺す傾向があり,そして我々の最も主要な狙いの一つは,個人の人格(性格)の発展ということにあるからである。
 スカウティングとは,創意工夫,自己信頼及びその他男の中の男を作る資質を養う道,それに辺境第一線人になる属性を含む道である。だから若者を兵隊に作り上げるという意図,或いは血に渇することを教える考えは毛頭もつてない。それと同時に愛国心の名のもとに母国を侵略者に対抗して防衛し,安全と自由とを奪い返し,一住民として楽しむ彼等の仲間の中に公正な分担をもつ用意を一公民としてもたなければならないと教えている。この他人に対してなすべき自分の義務を,ずるけたり,棄てたりする者は,勇敢な分担を演じない者或いは公正な分担を行なわない者である。

 宗教に関しては,我々は各宗教宗派にわたつている。宗教的指導をすることによつて両親或いは牧師たちの特権を潜越したり干渉するものではない。けれども少年が,どんな形の宗教を信ずるにせよ,それを遵奉しそれを実践することは強調している。そして少年たちの胸に刻みこむデューティ(つとめ)の主なものとしては,日々,騎士の道,即ち他の人々を助けることを実行するデューティがそれである。

 我々には何等政治的のものはない。また階級の差別を認めるものでもない。

 ウルフ・カブの訓練は,スカウティングに対しての小さい少年たちの熱望にこたえる考えで発足したものである。(訳者注:ウルフ・カブとは,日本でいうカブスカウトにあたる)。これはスカウト隊に入る前の,どうにでもなる年令の者をとらえて,スカウト理念のよい基礎を与えるものである。この計画は,よくこれを理解して取扱うならば,この趣旨を達成できるのである。
 その「理解」の一つは,余り多くスカウト訓練をやらせるならば,彼がスカウト年令となりツループに入隊する時になつて,その少年の興味や将来の引力をひき出されないという点である。

 スカウト訓練は,子供が,カブスカウト,シニアスカウト及びローバーの,各段階を順次に通りすぎなければ最大の効果は得られないものである。

 最後の段階のローバーは,人生の諸問題に対して彼のスカウティングをあて,そしてそれを行なうために実際的訓練を与えるものである。
 グループ(団)とは,このウルフ・カブのパックと,ボーイスカウトのツループと,シニアスカウトのツループとそれにローバースカウトのクルーの4部門の完全に揃つた単位のことである。ただしグループは,4部門全部をもたなくても発足することができる。
 グループでの生活の継続にあたり,一つの部門から次の部門へ進む進歩をあらわすには 簡単なセレモニイ(儀式,儀礼,式)によるのがよろしい。カブの「上進」式については「ザ・ウルフカブス・ハンドブック」に記したが,もう1度ここに記そう。

 パック(訳者注:カブ隊のこと)は,クラブルームの片一方に円陣にならぶ。ツループ(スカウト隊)は他の片側に馬蹄形に整列する。
 パックはグランド・ホウル(大咆哮)をする。(訳者注:大咆哮とはウルフの集合につきものアケイラ即ち隊長を迎える礼式)上進するカブはカブマスターの前に出て,ウルフカブとしての彼のプロミス(やくそく)を「私は……」と始める。次に彼はカブ全員1人々々と握手しにパック全員の前を歩き回る。そして中央に戻る。パックは彼にチャーを三唱して馳けて去る。その少年とカブスマターとは,スカウトマスターにその少年を渡す。スカウトマスターは彼を馬蹄形の中につれて行き,彼が入るパトロールのリーダーに紹介する。パトロールリーダーは,この元のカブを自分のパトロールに入れる。

 以上のように,各部間の上進でも同じような原理でセレモニイを行なう。その方法は上進でも同じような原理でセレモニイを行なう。その方法は上進する者の年令による心理のちがいに応じて行なう。とりもなおさず各段階で我々は少年に次のものを発達させる。
 人格(性格)と知性
 手技と巧緻性
 健康と強壮力
 他人への奉仕

原理はそれだけである。
我々の訓練法の細部は,次の5段階によつて総括される。
 準備――プログラムと用具の準備。
 実演――やつて見せ,その結果を見せる。
 説明――どうされたかを述べ,くわしく説く。
 模倣――子供にやらせる。
 質問――指導員から子供に質問するかまたはその反対
Our Remedy and its Application

 These difficulties seem to be remedied in some particulars, and induced me to suggest a scheme of self-education under the name of “ Scouting for Boys ” as a step to meeting them, since being applicable to all these societies it might, by its common adoption, form a bond between them ; by reason of its practical and sporting tendency and absence of red tape it might appeal to a wider field of possible instructors ; and, above all, by its variety of attractions it would appeal directly to the boys themselves―even to the worst, the “ hooligans,”
 Scoutcraft includes the qualities of our frontier colonists, such as resourcefulness, endurance, pluck, trustworthiness, etc., plus the chivalry of the knights ; these attributes, both moral and physical, are held up by the boys, in a practical form, for imitation and daily practice.

 We look at the training from the boy's point of view and shape it accordingly : and the organisation is framed to meet the Scouter's wants as far as possible by decentralising authority, and giving local support without irritating supervision, red tape, or expense.
 THE ROMANCE OF SCOUTCRAFT.―The underlying feature is the spirit of the Movement, and the key that unlocks this spirit is the romance of Woodcraft and Nature Lore.

 Where is there a boy, or for the matter of that a grown-up man, even in these materialistic times to whom the call of the wild and the open road does not appeal ?
 Maybe it is a primitive instinct―anyway it is there. With that key a great door may be unlocked, if it js only to admit fresh air and sunshine into lives that were otherwise grey.
 But generally it can do more than this.
 The heroes of the wild, the frontiersmen and explorers, the rovers of the seas, the airmen of the clouds are Pied Pipers to the boys.

 Where they lead the boys will follow, and these will dance to their tune when it sings the song of manliness and pluck, of adventure and high endeavour, of efficiency and skill, of cheerful sacrifice of self for others.
 There's meat in this for the boy ; there's soul in it.

 Watch that lad going down the street, his eyes are looking far out. Is his vision across the prairie or over the grey backed seas ? At any rate it isn't here. Don't I know it !

 Have you ever seen the buffaloes roaming in Kensington Gardens past that very spot where Gil-Blas met the robbers behind the trees ? And can't you see the smoke from the Sioux Lodges under the shadow of the Albert Memorial ? I have seen them there these fifty years.

 Through Scouting the boy has now the chance to deck himself in a frontier kit as one of the great Brotherhood of Backwoodsmen. He can track and follow signs, he can signal, he can light his fire and build his shack and cook his grub. He can turn his hand to many things in pioneer and camp-craft.

 His Unit is a band of six, commanded by their own boy leader. Here,s the natural gang of the boy, whether for good or for mischief. Here's responsibility and self-discipline for the individual. Here's esprit de corps for the honour of the Patrol as strong as any house-spirit in a public school.

 To the outsider's eye the Scouts' stags are so many broomsticks. but to the Scout they are different. His staff, decorated with his own particular totem and signs, is typical ; like his staff, among a mass he is an individual having his own traits, his own character, his own potentialities.

 He may be one of a herd, but he has his own entity. He gets to know the joy of life through the out-of-doors.
 Then there is the spiritual side.

 Through sips of Nature Lore imbibed in woodland " hikes " the puny soul grows up and looks around. The outdoors is par excellence the school for observation and for realising the wonders of a wondrous universe.

 The key to successful education is not so much to teach the pupil as to get him to learn for himself. The subject to be instilled must be made to appeal, and you must lure your fish with a succulent worm, not with a bit of hard, dry biscuit.
 Our system for developing the boys is to lead them on to pass tests in various qualifications, handicrafts, etc., such as are likely to be of value to them in their future careers. Thus we have badges for electricians, horsemen, farmers, gardeners, musicians, carpenters and so on in addition to the actual Scouts' badges of first and second class, testifying to their capabilities in swimming, pioneering, cooking, woodmanship, boat management, and other points of manliness and handiness. We encourage personal responsibility in the boy for his own physical development and health : and we trust in his honour and expect him to do a good turn to someone every day.

 Our training is non-military : even the ordinary drill employed by many boys' organisations being reduced to the lowest necessary limits, since drill tends to destroy individuality, and one of our main aims is to develop the personal individual character.
 There is no military meaning attached to Scouting. Peace Scouting comprises the attributes of frontiersmen if the way of resourcefulness and self-reliance and the many other qualities which make them men among men. There is no intention of making the lads into soldiers or of teaching then bloodthirstiness. At the same time, under “ patriotism ” they are taught that a citizen must be prepared to take his fair share among his fellows in the defence of the homeland against aggression in return for the safety and freedom enjoyed by him as an inhabitant. He who sthrks and leaves this duty to others to do for him is neither playing a plucky nor a fair part.

 As regards religion we are inter-denominational: we do not assume or interfere with the prerogative of parents or pastors by giving religious instruction, but we insist on the observance and practice of whatever form of religion the boy professes, and the main duty impressed upon him is the daily practice of chivalry and of helpfulness to others.

 We are also non-political. Nor do we recognize any difference in class.

 The Wolf Cub training was started with the idea of meeting the smaller boy’s enthusiasm for Scouting, for catching, for catching him at the most mouldable age, and to give him a good grounding in Scout ideas before sending him up to the Scout Troop. This scheme, where handled with understanding, has fully met its intention. One part of “understanding,” however, is to realise that if you make it too full of Scout practices you have no novelty or ulterior attraction to draw the boy on, when he comes to Scout age, to go on and join the Troop.

 To get the most ort of the Boy Scout training, a boy should pass progressively through the stages of Cub, Scout, Senior Scout, and Rover.

 The last stage teaches the Rover to apply his Scouting to the problems of life and gives him actual practice in so doing.  A Group is a complete unit of the four sections Wolf Cub Pack, Boy Scout Troop, Senior Scout Troop, and Rover Scout Crew. A Group can be started without having all four sections.
 To express the continuity of life in the Group, it is good to mark the progress from one section to the other by a simple ceremony. The “ Going Up “ ceremony for Cubs as given in The Wolf Cubs’ Handbook, is reproduced below :―

 The Pack forms parade circle at one end of the clubroom, the Troop a horseshoe at the other.
 The Pack does the Grand Howl. The Cub who is going up falls out in front of the Cubmaster and repeats his Promise as a Wolf Cub, starting, “I have promised.” He them walks round the whole Pack, shakes hands with every Cub, and returns to the centre. The Pack gives him three cheers and runs away. The boy and the Cubmaster go to where the Scoutmaster is waiting for them. The Cubmaster hands the boy over to the Scoutmaster, who takes him into the horseshoe and introduces him to his Patrol Leader. The Patrol Leader takes the ex-Cub to his Patrol.

 Thus, then, in each stage we have the same principle, adapted in each to the changed psychology of the pupil, i.e., in each stage we develop his
    Character and Intelligence.
    Handicraft and Skill.
    Health and Strength.
    Service for Others.

 So much for the principle.
 The detail of our method of training has been well summarized in the five following steps :―

  Preparation―by having programme and apparatus ready.
  Demonstration―showing the action and its results,
  Explanation―stating how it is dome, in detail.
  Imitation―the pupil doing it for himself.
  Interrogation―questions by the instructor to the pupil, or vice versa.
結   果

 ボーイスカウト運動は,本書「スカウティング・フォア・ボーイズ」によつて与えられた暗示から自発的に成長したものである。そしてプリティッシュ諸島及びブリティッシュ海外領土と植民地の隅々,それに主要な諸外国に広まつたのである。
 その原理はどの階級の少年にもアッピールするものがあり,どの国にも適合し得ることが明かとなつた。このことは,グレート・ブリテンとその属領(南アフリカのボアー人と英人との間のような地方的なもの,または,カナダでのフランス系とイギリス系カナダ人との間のような)での同心と友情とを緊密ならさせることを約束し,そしてまた大英帝国と諸外国々民との間のような世界に平和をもたらさなくてはならないのである。

 ボーイスカウトに関係している両親,牧師及び学校教師たちから,沢山の,非常に激励的な証言が来ている。それは少年が訓練によつて受けた感化と,訓練の良い効果についてのものである。
 その一つは,オックスフォード大学のニューカレッジ校長・前文部大臣の故リュウチナント・ホン・エッチ・エー・エル・フィッシャーからのもので
 「ボーイスカウト運動は,最も幸福な教育的な発見の一つである。そして全ての大発見のようにその成功は少年の本性の真正な評価に基いたことに負うている。即ちそれは,人間の本然の真実に極めて近接せるものにして,分離してはならないのである。
 スカウティングでは退屈するということはむずかしい。この教育は縦横無尽の水路を通じて最も幸福な可能な形で彼(少年)に達する。彼は鳥や獣の様子や習性を学んだり,学ばねばならないのである,彼は衛生の原理の初歩を学ぷ。初等学校でも学ぶけれども,もつと効果的に学び,かつもつと実際的に学ぶにはスカウティングを通じて学ぶに限る。戸外で暮すことを学ぶ。キャンプ生活の神秘を学ぶ。そして彼自身を巧みに助け,そして高貴富裕の階級にへつらうことを考えないようになる。そして大低の人と良い友,良い仲間となり,大自然の法則を尊重する」と。

 この言葉にはなお,全ての人生行路ですぐれた人物としての,他の多くの属性を付け加えなければならないかも知れない。しかし一番大きなヒットは,大戦の始まつた1939年以来,スカウト訓練の示した価値が認められたことである。従軍した人々は,自分がスカウトとして得た訓練の価値を知つた。また少年たちは敵の侵入や空襲に際して,その勇敢な振舞いを皆から賞讃されたのである。彼等は全く,そなえていたのであつた。


組   織

 大きなゲームを成功的にするには,一定の組織と明白なルールとがなくてはならない。
 我々の組織は,これを運営すれば成功するようにできている。ルールは,我々の「ポリシイ・オルガニゼーション・アンド・ルールス」(注,政策組織及諸規定。略称P.O.R.)によつて知ることができる。この本は組概の全体と,各撞のバッジのテストのことが記してある。ルールは1908年以来,積み来つた経験に基くものである。そして,もし正しい精神をもつてこれに従うならば幾多の困難も避けられるようにできている。

 地方分権の企画は付表に示しておく。
 (訳者付記:次の表は2通りに記しておく。一は原文で表示し他の一は日本流に無理に訳したものであるが,この訳が適訳だとはいえない。それはその職分について詳細なことがわからないからである。)


全  国




カウンティ



ディスツリクト



グループ
組  織
イギリス連盟本部
総  長

総会,理事会
┬──────────────┼──────────────┬
カウンティ理事(及副理事,指導者実習所長、カブ実習所長)

総  会
┬──────────────┼──────────────┬
ディスツリクト理事(及副理事)

ローカル連合体(及地区指導者,非専従者,名誉役員)
┬──────────────┼──────────────┬
グループ(団)長

スカウトグループ
┌───────┬────┴────┬───────┐
















B-P





































カブ隊長(及副長)

カブ隊


組長
(及次長)

スカウト隊長(及副長)

スカウト隊
(シースカウト, 
 エアースカウト)

班 長
(及次長)

年長隊長(及副長)

年 長 隊
(シースカウト, 
 エアースカウト)

班 長
(及次長)

ローバースカウト
リーダー(及副)

ローバー隊

班 長
(及次長)

(英国のコミッショナーの仕事は老スカウト組合理事的なものもあるようである―訳者記)
Results

 The Boy Scout Movement has grown up of itself out of the suggestion given by this book “ Scouting for Boys,” and has spread to almost every corner of the British Isles and the British Overseas Dominions and Colonies, as well as to most foreign countries.
 Its principles appear to appeal to boys of every class and to be adaptable to every country, and this promises a closer bond of sympathy and comradeship between Great Britain and her dependencies (as well as locally between Boers and British in South Africa, and Between French and British Canadians in Canada); and also between the British Empire and other nations such as cannot but be conducive to peace in the world.

 Very encouraging testimony comes from those in touch with Boy Scouts such as parents, pastors, school teachers, etc., as to the good and immediate effect of the training upon boys who come within its influence.
 One tribute may be quoted from the late Rt. Hon. H. A. L. Fisher, Warden of New College, Oxford, and a former President of the Board of Education.
 “ The Boy Scout Movement,” said he, “ is one of the happiest of educational discoveries, and like all great discoveries it owes its success to the fact that it is founded upon a very true appreciation of a boy’s nature ; that it is in close contact with the real facts of human nature and is not divorced from them.
 “ It is very difficult for a Boy Scout to be bored ; his education comes to him through many channels, and it comes to him in the happiest possible form. He learns, or should learn, something of the ways and habits of birds and beasts. He learns the elementary principles of hygiene. He is taught something about that in the elementary school, but he learns it more effectively and in a much more practical way through Scouting. He learns to live out of doors. He learns the secrets of camp life. And he learns to be adroit and to help himself and to disregard snobbish distinctions in wealth and rank, and generally to be a good comrade and fellow and respect the laws of nature.”

 To this might be added many other tributes from distinguished men in all walks of life, but most striking of all has been the recognition of the value of Scout training shown since war began in 1939 ; men who have gone into the services acknowledge the value of the training they had as Scouts ; and the boys themselves have won the praise of all for their plucky behavior during invasion and the air-raids. They were indeed PREPRED.


Organisation

 For playing a great game successfully a definite organization and clear rules are essential.
 Our organisation is found to work successfully, and the rules are to be found in our Policy, Organisation and Rules. This gives full particulars of organization, and of the various Badge Tests. The Rules are based on the experience accumulated since 1908, and, if followed in the right spirit, will help you to avoid many difficulties.
 The scheme of decentralization is shown in the accompanying chart.




General






County




District




Group
ORGANISATION.
──
I.H.O.
CHIEF SCOUT
WITH
COUNCIL AND COMMITTEE
┌─────────────────┼─────────────────┐
C.C.            COUNTY COMMISSIONERS          C.C.
 ETC.          (AND A.C.Cs., D.C.Cs. and Ak. Ls.)        ETC.
WITH
COUNTY SCOUT COUNCIL
┌─────────────────┼─────────────────┐
D.C.       DISTRICT COMMISSIONERS (AND A.D.Cs)       D.C.
 ETC.                 WITH                  ETC.
LOCAL ASSOCIATION (AND DISTRICT SCOUTERS
AND NON-EXECTIVE AND HONORARY RANKS)
┌──────────────────┼──────────────────┐
G.S.M.            GROUP SCOUTMASTER            G.S.M.
 ETC.                 WITH                   ETC.
SCOUT GROUP
┌──────────┬───────┴────┬────────────┐ .














B-P. GUILD
OF
OLD SCOUTS







LONE
SCOUTS
LONE
ROVERS

















DEEP-
SEA
SCOUTS




C.M. (AND A.C.Ms)
WITH
CUB PACK


SIXERS
(AND SECONDS)
WITH
SEXES
S.M. (AND A.S.Ms)
WITH
SCOUT TROOP
(SEA AND AIR SCOUTS)

PATROL LEADERS
(AND SECONDS)
WITH
PATROLS
S.M. (AND A.S.Ms)
WITH
SENIOR SCOUT TROOP
(SEA AND AIR SCOUTS)

PATROL LEADERS
(AND SECONDS)
WITH
PATROLS
R.S.M. (AND A.R.S.L)
WITH
ROVER CREW

ROVER MATES
(AND SECONDS)
WITH
PATROLS IF DESIRED





ツループの運営

スカウトマスターのデューティ

 規定によれば,スカウトマスターは任命をうける前,3カ月間の見習い勤務をすることになつている。その理由は主として彼がスカウティングの仕事を自分の予期するようにやつてゆけるかどうかを自分でためす機会を与えるためである。
 こんなことは他の団体にも時として起こるのである。それは最初非常な抱負と理想とに満ちて入つて来た人が,当事者と意見が合わないことを知つたり,或いは結局少年たちを扱う素質のないことなどを発見することが,よくあるからである。

 学校の教師はその学歴によつて今でも免状を与えられることが多いのであるが,スカウトマスターには彼が少年に対する知識と同情とを,どれ位持つているかによつて我々は免状を与えたいのである。
 スカウトマスターの態度というものは,少年たちの人格(性格)を非常に左右するからこれは大変重大なものである。少年たちは彼によりかかるので,単に1人の人間である時よりも,スカウトマスターの地位に立つ時は,心を広くもち全体の者のためになるよう個人の感情を鎮める用意が必要である。それが本当の紀律である。
 このことは,現代では困難な問題である――我が国民の主な危険は,我々が自制心を充分にもつていないということである。国のためよりも我々個人のための方を高く考えている。この欠陥は我々が次の世代の者を訓練する時に是非改めたいものである。我々の訓練はそのよい実例を示したい。
 だから,スカウトマスターになろうとする者で,少年たちと一緒にやつていけないとか,地方の委員や当局者と調和して仕事するよう自分を自制することができないことを見出した人は,彼の態度が青少年たちに害を与えないうちにスカウトマスターの地位を辞任する方がよいだろう。この運動のためにする仕事は他に幾つもある。例えばローカル・アソシエーションの書記役とか,技能章考査員とかの仕事がそれである。
RUNNING A TROOP

The Duties of Scoutmaster

 By our rules a Scoutmaster has to serve three months on probation before he is recommended for his warrant. The object of this is mainly to give him the opportunity of seeing whether he finds Scouting work is after all what he expected.
 It so often happens in similar organisations that a man comes in full of high hopes and ideals, and then finds that he cannot fall in with the views of those in authority, or that after all he has not the gift of dealing with boys, and so on.

 A school teacher is still too often certificated because of his scholastic attainments, whereas with the Scoutmaster we like to give him his warrant on the strength of his knowledge of and sympathy with the boy.
 The attitude of the Scoutmaster is of greatest importance, since his boys take their characters very much from hem ; it is incumbent upon him, therefore, to take the wider view of his position than a merely personal one, and to be prepares to sink his own feelings very much for the good of the whole. That is true discipline.
 This is just the difficult problem of the age―the main danger to our nation is that we are not sufficiently self-disciplined, we put our personal views on a higher plane than the good of our country ; this failing is one which we want to reform when training the rising generation.  Our training is largely by example.
 A would-be Scoutmaster, therefore, who finds himself unable to get on with his boys, or unable to discipline himself to work in harmony with his local committee or other authority, will do the right thing by resigning his post before his attitude does harm to the lads. There are other jobs he could do for the Movement, such as secretarial work in a Local Association, or Badge Examiner.
いかに少年たちをつかまえるか

 私は,祖母に卵の吸い方を教えるようなわかりきつたことをこの注意書に述べるつもりはない。故に,今までに少年たちを教えたことのない人,或いは我々の計画に対して批判したり質問したりして説明を望む人々にだけ語る考えである。この注意事項は,この方面についての私の小さい経験からする僅かなものにすぎない。そしてハンドブックに出ている,こまかい事項の一部を説明するに過ぎない。

 諸君が,よい感化を与えるため少年を集めようとする努力は丁度漁師が魚をとろうとする努力に似ていると思う。
 もし君が,自分の好きな餌を鉤につけて釣ろうとするならば恐らく1尾も釣れないだろう――内気な魚釣ゲーム用の魚でない限り。これには,どうしても魚の好む飼をつけなければならぬ。
 少年の場合もこれと同様である。もし諸君が,これこそ高尚だと思うようなことを説明するならば,却つて少年たちを逃がしてしまうだろう。「くだらないことを,くどくど説教」することは元気ものの少年たちを取逃がすこと明白であつて,こういう少年こそ実は諸君が欲しい少年なのである。彼等をつかまえる唯一つの方法は,ひきつけて興味を起こさせるにある。スカウティングのやり方はなる程これだ,ということがおわかりになると思う。

 こうして,つかまえたら,あとは諸君の思うままにこれに味をつけることができる。
 少年たちの心をつかまえるためには,諸君は彼等の友だちにならなければならない。だが彼等が君へのはにかみを自分で征服するまでは,友だちになろうとあまり最初からあせつてはならぬ。

 エフ・ディー・ハウ氏はその著書「子供の本」(ブック・オブ・チャイルド)の中に,その正しい方法を要約して次のような話を記している。
 「ある人,日々の散歩に或るきたない町に来た時,顔の蒼白い発育不良な,手足の小さい子供が,下水の中でバナナの皮を持つて遊んでいるのを見た。その人は彼に挨拶した。――子供はこわいのか逃げて行つた。次の日,その人ほ再び挨拶した。子供はこわがることはないと思つたのかこの人に唾を吐いた。あくる日,この子供はこの人をただ,睨めつけるだけだつた。その次の日には,この人か通りすぎると,子供は「ひーッ」と叫んだ。そして,この人が挨拶するのを待ち設けたかのように,につこり笑いかえした。終に――この小さい奴さんは――街角に待ちうけて,きたない小さい指でこの人をつかむという,完全な凱歌をあげたのである。それは陰気な町であつたが,この町は,この人の一生涯での明るい町の一つとなつた」と。
How to Catch Our Boys

 I do not in these notes propose to teach my grandmother to suck eggs ; and, therefore, I only address them to those who have had no previous practice in teaching boys, or who wish of explanations with which to meet criticism or inquiries into our scheme. They are merely a few notes from my own small experience in that lime, and tend to explain some of the arrangements of details in the Handbook.

 When you are trying to get boys to come under good influence I have likened you to a fisherman wishing to catch fish.
 If you bait your hook with the kind of food that you like yourself it is probable that you will not catch any―certainly not the shy, game kind of fish. You therefore use as bait the food that the fish likes.
 So with boys ; if you try to preach to them what you consider elevating matter, you won’t catch them. Any obvious “goody-goody” will scare away the more spirited among them, and those are the ones ou want to get hold of. The only way is to hold out something that really attracts and interests them. And I thing you will find that Scouting does this.

 You can afterwards season it with what you want them to have.
 To get a hold on your boys you must be their friend; but don’t be in too great a hurry at first to gain this footing until they have got over their shyness of you. Mr. F. D. How, in his “Book of the Child,” sums up the right course in the following story :―
 “A man whose daily walk led him down a certain dingy street saw a tiny boy with grimy face and badly-developed limbs playing with a banana-skin in the gutter. The man nodded to him―the boy shrank away in terror. Next day the man nodded again. The boy had decided there was nothing to be afraid of , and spat at the man. Next day the little fellow only stared. The day after he shouted ‘Hi !’ as the man went on. In time the little fellow smiled back at the greeting which he now began to expect. Finally, the triumph was complete when the boy―a tiny chap―was waiting at the corner and seized the man’s fingers in his dirty little fist. It was a dismal street, but it became one of the very brightest spots in all that man’s life.”
グループの発足の仕方

 その第1段階は,沢山の少年たちをあつめてゲームをする。それから,スカウティングの主題についてお話をして,実際にグループを作ることを明示するのだが,その前に彼等の熱をかきたてると,いうのが一般のやり方である。

 グループの資金を造成する。その金額は,集会の場所を賃借するか,しないかによつて要求が違う。だが,いずれにしても訓練費とか,キャンプ用具費とかが入用であり,また一部の少年には,キャンプに入用なお金を補助してやらなければならない。両親や友人たちでグループ委員会を組織して財政上の問題を助けて貰つたり財産保管の責任をもつて貰うのである。
 自分のユニフォームは,お金を稼いで自分で調える。これができないところでは,スカウトマスターがスカウト装備を用意し,毎週2,3ペンスの分納でスカウトに支払わせる。他の場合としてほ,彼等は服装装備を支給されこれを賃借する。その成績が悪ければ何時でもユニフォームを回収する権利を留保されるのである。毎週の醵出金はツループ本部(クラグルーム)の賃借のため支払うのである。

 少年の入隊にあたり「スカウティング」を正しくやり始めさせたいならば,次のことを銘記されたい。最初に,初歩的の説明をくどくど述べて,よくあるように,少年の緊張をゆるめてはならない。少年の要求に応ずるよう,ゲームや,スカウティングの実際訓練を行なうこと。そして,それをやつてから少しずつ,要素になる細目の事柄を教えこむことである。
How to Start a Group

 The first step is usually to get a number of boys to come and play games and them to talk to them on the subject of ]scouting, and to get them enthused before actually suggesting to raise a Group.
 Raise a Group fund, the amount required depending on whether you have to hire a meeting-place or not, but in either case money will be wanted for training and camping equipment and some boys may have to be helped over money for camp. Form a small Group Committee of parents and friends to help with the financial problems and to be responsible for any property.

Remember that the boy, on joining, wants to begin “Scouting” right away ; so don’t dull his keenness, as is so often done, by too much preliminary explanation at first. Meet his wants by games and Scouting practices, and instil elementary details bit by bit afterwards as you go along.

 As far as possible Scouts provide their own uniform, earning the money for it themselves, but where this cannot be done Scoutmasters sometimes provide the Scout’s outfit and let him pay for it in weekly instalments of a few pence. In other cases they provide the outfit and charge the boy for hire of it, retaining the right to recall the uniform at any time should the boy prove unsatisfactory. The boys’ weekly subscriptions should pay for the hire of the headquarters.
パトロール・システム
(班 別 制 度)

 最初から余りに沢山の少年を入れてやり始めることは,諸君の努力を失敗させる確実な原因となる。私は大体,8人で始めることをすすめる。それはグループという細胞の中の核としてである。

 第2段階は,その少年たちの中のすぐれた者をパトロールのリーダーとして選び,それらの者にスカウト作業並にそのデューティ(任務)に関しての特殊訓練を行なうのである。

 少年たちは,これを,6人から8人までで作る固定(一時的でない)的なパトロールにわけ,それらのパトロールはそれぞれ 自らの責任をもつ別々の単位として運営する。これがツループの成功の鍵である。

 スカウトの1隊は30人〜40人であって,それより多くてはいけない。もし多いと,スカウトマスターが各少年に要求される個々えの注意を払うのに超人的な努力を払わなければならなくなる。アシスタントスカウトマスター(副長)は,ツループの運営面に助力するのがその役目で,スカウトマスターか離任したときそのあとを続けることを請合う者である。

 パトロール相互間の張合いと競争とを通じて諸君は,パトロール.スピリット(班精神)を醸成する。それは少年たちの間に調子を上げ,全てのことに能率の標準を高めるという理由から,大いに満足すべきものがある。

 少年の訓練上,このパトロール・システムと,コート・オブ・アナー(名誉会議)――(訳者注:これは,日本での名誉会議とは異る。少年幹部班,班長班,即ちグリンバー班会に相当する)の価値については,本書の初期の版本では余りに軽く取扱つたように思う。
 ところがスカウトマスターたちが,やつているうちに段々,これが内包している意味をつかんで,彼等のツループでその効用を発展させたのである。これは我々の訓練が他の諸団体の訓練と違う一つの特異性である。そしてこのシステムが本格的に行なわれる限り,絶対に成功しないことはない,といい得る。そうならなければならないのだ!

 パトロールこそは,スカウティングの単位である。作業にも,あそびにも,紀律にも,任務にも。

 人格(性格)訓練を効果のあるようにする第一歩は,各個人に責任を負わせることにある。このことは,パトロールに対して,責任ある指揮をとるパトロールリーダーを任命することによつて,すぐできる。彼は自分のパトロールの各少年を掌握し,そしてそれぞれの少年の特性を伸ばすのだが,そういうことはリーダー(班長)次第である。これは,どえらい注文のようにきこえるだろうが,やつてみればやれることである。他のパトロールとの間に張りあいをするならば,パトロールの団体的精神ができ,その各パトロールの各少年は,自分自身が一個の責任単位であること,そして彼のグループの名誉は或る程度までそのゲームをしている自分の能率にかかつていることを認識するのである。

 許君のパトロールリーダーたちに,諸君が多くの期待をかけるならば,その期待の90パーセントを彼等は果すであろう。けれどももし諸君が彼等を赤ん坊扱いしたり,また何もできないと信用しないならば,彼等を自分の主動で物事をする人間に育て上げるということは到底できないだろう。

 諸君は,パトロールリーダーに対すると同様,君のアッシスタント(副長)たちにも責任を代行させなければならない。彼等の各自がツループの運営に一定の分担を行なつているかどうかを監査するのである。この運動に加入した若者は多くのことをやりたいと思つている。けれども,君のすることを傍観しなければばならなくなるとその熱を,すぐさますだろう!

The Patrol System


 The sure way to make a failure of your effort is to begin with too many boys at first. I recommend about eight to begin with, as a nucleus of your Troop.

 The next step is to select the best of your boys to be Leaders of the different Patrols, and then to give then a special training in their Scout work and duties.

The dividing of the boys into permanent Patrols of from six to eight and treating them as separate units each under its own responsible Leader is the key to success with a Troop.

 The Scout section should not contain more than between thirty and forty boys, otherwise the Scoutmaster would have to be superhuman to give each boy the required individual attention. Assistant Scoutmasters should be obtained to help in the running of the Troop, and to ensure continuity if you have to leave.

 Through emulation and competition between Patrols you produce a Patrol spirit which is eminently satisfactory since it raises the tone among the boys and develops a higher standard of efficiency all round.

 The value of the Patrol System and the Court of Honour for training boys was perhaps too lightly dealt with in earlier editions of this book.
 But Scoutmasters have gradually grasped its inner meaning and have developed its use in their Troops. It is the one essential feature in which our training differs from that of all other organisations, and where the system is properly applied it is absolutely bound to bring success. It cannot help itself !

 The Patrol is the unit of Scouting whether for work or for play, for discipline or for duty.

 An invaluable step in character-training is to put responsibility on to the individual. This is immediately gained in appointing a Patrol Leader to responsible command of his Patrol. It is up to him to take hold of and to develop the qualities of each boy in his Patrol. It sounds a big order, but in practice it works. With proper emulation established between the different Patrols a Patrol esprit de corps is developed and each boy in that Patrol realizes that he is in himself a responsible unit and that the honour of his group depends in some degree on his own efficiency in playing the game.

 Expect a great deal of your Patrol Leaders and nine times out of ten they will play up to your expectation ; but if you are going always to nurse them and not to trust them to do things well, you will never get them to do anything on their own initiative.

 You should delegate responsibility to your assistant as well as to the Patrol Leaders. See that each of them has a definite share in running the Troop. A young man coming into the Movement wants plenty to do ; his enthusiasm will soon cool if he has to stand about watching you !
コート・オブ・アナー
(名 誉 会 議)

 パトロールリーダーたちは,ツループの内務を処理すたるめ「コート・オブ・アナー」(名誉会議)を形成する。この制度は,ツループの恒久的の活力と成功とを保証する最上のものである。スカウトマスターの肩替りをするため,多くのこまごました仕事をする。それと同時に,それら議員の少年たちにツループの業務上の真の責任と真面目な見解とを与える。大戦中,スカウトマスターの多くが国家のため従軍出征しても,我々の多くのツループが,その存在を続け有用な活動をすることができたのも,主としてパトロールリーダー諸君と名誉会議の力であつて誠に感謝にたえない。

 グループのカブ部,スカウト部,シニアスカウト部及びローバー部のスカウターたちで組織するグループ・カウンシル(団会議)は,定例会議をもつことが極めて心要である。これはグループの,各部相互の協同を保ち,全グループの全体的政策や諸活動をきめるのに大きなたすけとなるものである。


「そなえよ つねに」

 この訓練を実施する上に,第1に要素となることは,諸君等自らを少年の立場において,少年の観点からものを考えることである――少年に諸君の目的を提示して少年がそれを好むようにする。そうすれば,少年に,それをたたきこむことなしに,自分が自分を教えるようにもつてゆくことができる。

 次に,君自身の人格(性格)が直ちに少年たちに反映することを思い起されたい。もし諸君が短気であれば,彼等もまた短気になり,することなすこと全てが失敗に終る。
 けれども,色々なことを教える時に(諸君が,できあいの天使でない限り)諸君自身もまた,絶えずそれを学びつつあることに,すぐ気付くであろう。
 諸君は,それが偶然の成功であるため,しばしば,少年たちの力をすぐれたものと思わないかも知れないが,最初はまず失望に対して「そなえよ つねに」でなくてはならない。

 精神の集中ということに欠けている少年というものを扱う諸君は,まず,そのことを頭に入れて,それを克服するよう「そなえよ つねに」を最初からしてかからねばならない。それによつて教えを仕組むならば失望すること稀であろうと私は思う。一つの題目に対して長時間,きつい注意力を少年が払うものだと思つてはいけない。そうなるまで君が仕込むまでは,一皿の飲み薬を長い時間かかつて1度に飲まさないよう分量を加減せねばならない。つまり一つのものをたのしんで,ちびちび吸わせ,それから他のものに移り,次第々々にすすり方を長くし,しまいにぐつと一呑みにできるようにすることである。

 諸君が実施しようとするテーマについて,型にはまつた講義をするならば彼等はすぐいやになり,気移りして退屈してしまう。これは落ちつくところに気分を転換させて控えるという技術を彼等が学んでいないからである。
 この心を意志の力で抑制するということは,我々の訓練の内面にある重点の一つである。

 この理由によつて,その日その日の話そうとするテーマを予めよく考えておくがいい――そしてそれを少しずつ折にふれて取出す――営火の時とか,ゲームや実習の休み時間に長談義にならないように行なう。
 時には,実演や実習を話の間に織込んで少年たちの注意を持続させ,そして,諸君の理屈を取止めにするのである。
 スカウトマスターは自隊の少年たちを,自分の方法で訓練する自由を与えられる。技能章は有用な訓練として広い教域と多種多様性をもつ。1人のスカウトマスターが,かように多種多様な指導を1人の力でできるものだろうか? と思うだろうが,これには,友人かその道のエキスパート(専門家)の助力を得て一時的の奉仕をして貰うことができる。


プロフィシエンシイ・バッジ
(技  能  章)

 これは若人各人が,自分の得意の技術や手技についての趣味を発展させるという見解によつて,その或るものは結果的には将来世の中に出たとき,それによつて生計を立てたり希望や頼みとなるものを失わさないことになる。

 その上更に,スカウトマスターにとつては不器用な少年や,内気な少年を元気づける一つの方法となるのである。――即ちスカウトマスターは技能章の標準を示してやればよいのである。――その標準は,余り知識や熟達の多くを要求せず,それに達するため彼が没頭した努力に重きをおくのである。

 少年の心理をよく研究し,よく理解しているスカウトマスターは例えば貧民窟の少年が,良く教育された兄弟と並び立つて公平なスタートをきるについての彼のハンディキャップを,元気づけてやることができる。不器用な子供や見込のない子供が,最初の一つ二つの技能章を取り獲たならば,その次からは容易になり,かくて彼は自分の努力を強めるようになるのである。
The Court of Honour
 
 The Patrol Leaders form the “Court of Honour,” which manages the internal affairs of the Troop. Its institution is the best guarantee for permanent vitality and success for the Troop. It takes a great deal of minor routine work off the shoulders of the Scoutmaster, and at the same time gives to the boys a real responsibility and a serious outlook on the affairs of their Troop. It has been mainly thanks to the Patrol Leaders and to the Courts of Honour that very many of our Troops were able to continue their Scoutmasters had gone away on the service of the country.

 It is very necessary to have regular meetings of the Group Council, which consists of the Scouters of the Cub, Scout, Senior Scout and Rover sections of the Group. This ensures co-operation between the different branches of the Group, and is of great assistance in deciding the general policy and activities of the whole.


“Be Prepared”

 The first essential for carrying out this training is to put yourself in the boy’s place, look at it from his point of view―present your subject to him as he would like to have it, and so get him to teach himself without your having to hammer it into him.

 Then remember that your own character soon reflects itself in your boys. If you are impatient they too become impatient and all goes awry.
 But as you come to teach these things you will very soon find (unless you are a ready-made angel) that you are acquiring them yourself all the time.
 You must “Be Prepared” for disappointments at first, though you will as often as not find them outweighed by unexpected successes.

 You must from the first “Be Prepared” for the prevailing want of concentration of mind on the part of the boys, and if you then frame your teaching accordingly, I think you will have very few disappointments. Do not expect boys to pay great attention to any one subject for very long, until you have educated them to do so. You must meet them half-way, and not give them too long a dose of one drink. A short, pleasing sip of one kind, and them off to another, gradually lengthening the sips till they become steady draughts.

 Then a formal lecture on the subjects which you want to practice very soon palls on them, their thoughts begin to wander, and they get bored, because they have not learnt the art of switching their mind where they want it to be, and holding it there.
 This making the mind amenable to the will is one of the important inner points in our training.

 For this reason it is well to think out beforehand each day what you want to say on your subject―and then bring it out a bit at a time as opportunity offers―at the camp fire, or in intervals of play and practice, not in one long set address.
 Frequent practical demonstrations and practices should be sandwiched in between the sections of the talks to hold the attention of the boys and to drive home your theory.
 A Scoutmaster has a free hand given him to train his boys in his own way. The proficiency badges give scope and variety for useful training, and though many a Scoutmaster may feel diffident about his power personally to give such varied instruction, he can generally obtain the temporary service of a friend or expect to help.


 
Proficiency Badges

 These are established with a view to developing in each lad the taste for hobbies or handicrafts, one of which may ultimately give him a career and not leave him hopeless and helpless on going out into the world.

 Moreover, they put into the hands of the Scoutmaster a means of encouraging the dull or backward boy―provided that the Scoutmaster uses our standard of proficiency―that standard is not so much the quality of his knowledge or skill as the amount of effort he has put into acquiring such knowledge or skill.

 An understanding Scoutmaster who has made a study of his boys’ psychology can thus give to the boy an encouraging handicap, such as will give the slum boy a fair start alongside his better-educated brother. And the dull or hopeless boy can have his first win or two made easy for him so that he is led to intensify his efforts.
ツループの集会

 諸君がツループを創めた頃は,最初の6人の少年の訓練に忙しい時なので,することについては別に大した困難はないだろう。テンダーフット(見習)やセカンドクラス(2級)のテストをするために,作業のプログラムを作ることになるだろうが,その作業にはできる限り多くのスカウティング・ゲームを織込むことを忘れてはならない。こうした最初の段階がすむと諸君は,さてこれから何をしたものか,と,考えなければならないだろう。それには或る種の概略のプランを立てなければならないが,その時その状況に応じて変化できるだけの余地を残しておく。例えば晩に戸外で行なおうと計画していたところ強い雨になつたので急に室内訓凍に変更して何かを行なう,というような工合に。用意不足のために喰われるな!

 パトロールリーダーたちが経験を積んで来ると名誉会議でプランを立てる助力ができるようになる。彼等自身の考えで全ての目的を立案するものだということがわかつて来よう。こうして後には,プランの大部分を彼等にやらせることができるようになろう。けれども,そうなつても諸君は,警告なしにツループを跳越すような離れわざや,計画に驚かされることがある。諸君が,帽子の中から突如,何かを作り出すような頭をもつていれば,たとい,そんなことがあろうとも,彼を足の爪先で足どめさせることができよう。

 スカウティングの集会には標準的の形式はない。だから諸君は,少年たちに一番適した,そしてその時の情況によつてすれば,どんなにスカウティングを実施しようとそれは自由である。大事なことは,どこへ持つて行くかということをはつきり知つて,それによつてプランを立てることである。仮りに一例をあげれば,諸君もパトロールリーダーも,もう少し追跡のことを知る必要があると感じたとするならば,その問題を1カ月或いはその位の期間,それを主要な目的として留保できる。といって,その他の訓練を無視するわけでは勿論ない。が追跡を主たるテーマとして組むのである。これは追跡に限らず何でも同じである。

 次に掲げる表示は,できそうな集会の一部をあげたものである。ただしこの表示で全部あらわし尽したのではない。諸君は色々なスカウティングの要求に応じて変通してよいのであつて,これはその参考となるだろう。

T.遠征――これは午後または終日を野外でワイドゲーム(293頁参照)忍寄り,追跡,炊事のような,或いは自然観察,または地図の見方,描き方のような実習的なスカウティングによつてすごすという形で行なうことのできるものである。本書の各頁を通読してこの種の考え方による表を作ること。そうすればその事前の忙しさを少なくすることができる! 森林人章,探検家章,木樵章,それに開拓章などの技能章の中にもこの立案の示唆になるものが含まれている。
U.見学――これは博物館,恐らくはパトロール動物を見に,または市役所や官公庁,例えば発電所,消防署などの訪問。
V.夕べの集会――これは我々が平素ツループミーティング(隊集会)という意味で行なうものである。季節によつては夕方は暗くなるから不可能になる。またこの種の集会には公式にきまつた時間割はない。けれども或る一般的な原則があつて室内集会として立案する心がけが必要である。スカウトたちは一日中せい一ぱいの活動をしたので気をぬくチャンスが必要ということになろう。そこで活発なゲームを考えてみる。(376頁参照)。同じゲームをいつまでもやつてはいけない。少しでも変化をつければ緊張を加え得る。しかし往々にして反覆を不必要とするゲームから沢山のゲームが選ばれるものである。どこのツループでも特に好きなゲームというものがあるものだが,それにしてもあまりしばしば繰返してはいけない。そこでどのスカウトも,スカウティングに何か新しいものを学ぷチャンスをもたなければならないわけになる。それによつて彼は進歩したという感じをもつのである。パトロール間のコンペティション(対班競点)は彼等の闘志をかきたて,それと共に一度学んだことは忘れないものだということを確認させる。私は,既に君たちスカウター仲間によつてなされた思いがけない事柄について記しておいた。夜話――これは10分より長くてはいけない――は,集会の終りのお祈りの前にするのがよろしい。夜話はスカウティングの一般的興味を起させるもの,また次回の集会プランに関係のある新規の作業に対する準備になるもので,これはスカウトたちに期待をもたせ次週までの聞に準備することができるものでなければならない。
W.技能章集会――あるツループでは,技能章をとる作業のため特別の夕べをもつ。或いは諸君が特別のバッジをとろうとするスカウトたちのグループを作つてそれを指導する人を手配してもよい。
X.特別集会――指導的なショウ(みせ物)及びスカウトのフィルムを見ることも価値がある。大自然をうつしたフィルムや生産の過程をとつたフィルムが沢山あつて廉価で賃借できる。特別集会の一つの形は,両親の夜とでも名いうきもので両親たちに,ツループのスカウト全員が集つてどんなことをしているかを見せるチャンスを与えるものである。
 演劇――これは単に金もうけの考えでするのではなくて,歌や演技などの一定の訓練として行なうのである。スカウトたちはできるだけこれに付随した作業をする。例えば必要な小道具や衣裳を作つたり背景を措いたり,ライトを照射したり,切符や番組をプリントしたりするのである。

 ベーコンは,こういつている。演劇することは子供を教育する最良の方法の一つである,と。全く彼のいう通りである。それほ彼等のもつている本然的な模倣性と磯智と想像力とを展開させる。それらは全て人格(性格)の発達を助けるものである。同時に,歴史や修身の科目は教師の側から説教によつて同じものを学んだ結果よりも,少年たち自身がその人物になりきつてそのできごとを演技した方が遙かに彼等の身につくのである。
 演劇や余興は,近所の小さい子供たちを楽しませるためにも用いられる。できれば病院で行なう。
 余興の一つの特別の形は,キャンプ・ファイヤーである。君たちはそれをキャンプでするだろう。冬季にあつてはキャンプでなく娯楽として行なうことがしばしばある。こういう時に,新しい歌などを習う機会が与えられる。これは来年のキャンピングのための準備としてなされる。そしてまた,隊訓練でするよりももつと長い夜話を諸君は与えることができる。
Troop Meetings

 You will not have much difficulty about what to do during the early months of the Troop while you are busy training the first half a dozen boys ; the Tenderfoot and Second Class Tests will give you a programme of activities, but remember to get in as much fun of the game of Scouting as possible. After this preliminary stage, you will have to think out what you propose doing. Have some kind of rough plan to work to, but leave plenty of room for changes to meet altered conditions. Thus, if you have planned an outdoor evening, and it turns to heavy rain, you want something up your sleeve ready for an indoors meeting. Don’t get caught unprepared !

 As they get experience, so your Patrol Leaders in the Court of Honour will be able to help in this planning ; they may have ideas of their own which should have full scope. Later, it may be possible to leave most of the planning to them, but even then you should have some surprise stunt or scheme to spring on the Troop without warning. The knowledge that you will probably suddenly produce something out of the hat, as it were, will keep them on their toes.

There is no standard form of meeting in Scouting; you have full liberty to carry out your Scouting in whatever way best suits your boys and the conditions under which you work. The great thing is to know where you want to go, and then plan accordingly. Suppose, for instance, that you and the Patrol Leaders feel that more knowledge of tracking is needed ; then you could keep that subject as your main purpose for a month or so ; not, of course, neglecting other things, but just using tracking, or whatever it is, as our main theme.

 Here are some of the kinds of meetings which are possible, but this list is not exhaustive ; it will perhaps give you some idea of the variety which Scouting offers.

 I. EXPEDITIONS.―These can take the form of an afternoon, or whole day spent in the open, with a wide game. (See p. 93) ; practical Scouting, such as stalking, tracking, cooking, and so on ; or in Nature Observation ; or in map-reading and making. Go through the pages of this book and make a list of other ideas of this kind ; it will keep you busy for some time ! Another source of suggestions is contained in our Badges, such as Backwoodsman, Explorer, Forester, and Pioneer.
 
 II. VISITS.―These may be to museums―perhaps to see the Patrol animals ; or to factories to see how things are made, or to municipal and other public works, such as electricity power-stations, fire-stations, etc.
 
 III. EBENING MEETINGS.―These are what we usually mean by Troop Meetings ; They should, of course, be held out of doors whenever possible, but dark evenings make that impossible for part of the year. Again there is no official time-table for such meetings. There are, however, certain general principles which should be kept in min in planning indoor meetings. The Scouts have probably been bottled up all day and will therefore need a chance of letting off steam, so see that there are some vigorous games. (See p. 219) Don’t go on playing the same few games time after time. Even slight variation will add keenness, but there are so many games to choose from that fre1uent repetition is unnecessary. Every Troop finds some games which it particularly likes, but even these should not be repeated too often. Then each Scout should have the chance of learning something new in Scouting, and so go away feeling that he has made progress. Competitions between Patrols will keep them up to scratch and, incidentally, make sure that what was once learned has not been forgotten. I have already mentioned surprise items arranged by you and your fellow Scouters. A Yarn―not longer than ten minutes―is a good way to bring the meeting to a close before Prayers. This yarn may be just of general Scouting interest, or it may prepare the way for some new kind of activity you are planning for the next meeting―this should give the Scouts something to look forward to, and perhaps prepare for, during the coming week.
 
 IV. BADGE MEETINGS.―Some Troops have a special evening for working at Badges. Or you may arrange for an instructor to take a special group of Scout for specialist badges.
 
 V. SPECIAL MEETINGS.―A show of instructional and Scout films is worth arranging. There are many nature films and films f manufacturing processes which can be hired cheaply. Another form of special meeting might be one arranged as a Parents’ Night, to give them a chance of seeing all the Scouts in the Troop and what goes on in a Meeting.
 
 VI. ENTERTAINMENTS.―These should not be thought of as merely money-making affairs, but as definite training in singing, acting, etc. The Scouts should do as much as possible of the incidental work, such as making any properties needed, painting scenery, fixing lights, and possibly printing tickets and programmes.
 
 Bacon said that play-acting was one of the best means of educating children, and one can quite believe him.
 It develops the natural power in them of imitation, and of wit and imagination, all of which help in the development of character ; and at the same time lessons of history and morality can be impressed on their minds far better by their assuming the characters and acting the incidents themselves than by any amount of preaching of the same on the part of the teacher.
 Plays and entertainments should also be used for giving pleasure to the other youngsters of the neighbourhood, or possibly in hospitals. One special kind of entertainment is the Camp Fire ; you will have these in Camp, but an occasional one during the winter months is good fun. These will give opportunities for learning new songs, etc., in preparation for the next camping season ; then, too, you can give time to Yarns of a longer kind than is possible in a Troop Meeting.
スカウト行路

 最も重要なことはスカウト各人がスカウト行路に沿って着実に前進することである。(別表参照)。最初の段階は最も仕易くはつきりしている。けれどもツループが大きくなるにつれて,問題は段々複雑になる。諸君は色々異る年令の少年をもち,違つた段階のスカウティングの少年をもつに至る。それは丁度手品師が全部のボールを空中で一時につかもうとするに似ている。諸君がそんなことをやるとなればそれは大変だ。これについての秘訣,それはグループのスカウターたちや,パトロールリーダーたちは主として仮入隊者がテンダーフットのテストに及第するよう彼等をみてやる。そして及第した者を,セカンドクラスへの作業に向わさせる。ところがセカンドクラスにとどまる者が余りにも沢山いる。離隊もその一つの理由である。彼等は同じ古い食物を何度も繰返して食べさせられたからである。ツループの1人のスカウターは,ファースト・クラス(1級)の訓練を受持つことになろう。この訓練の一部は主として集会ですることができる。けれども,彼はこの大きな仕事のために特別の時間を要求されるだろう。

 かような特別の注意は,自分はもう成熟していると感じる年令つまり15歳以上のスカウトたちの上にも注がれなければならない。彼等をつかむには彼等の要望に合致するかどうかをたしかめることが必要である。諸君は別の部,即ちシニア・スカウトをやり始めるか,それともひき続きスカウト・ツループの中に彼等をとどめるよう指導するかの,どちらかを選ばねばならなくなる。後の場合には君か或いはスカウターのうちの誰か1人が責任をもつことになろう。彼等は自分自身の身体ばかりでなく,行なつているスカウティングでも,その取扱われ方でも,僕たちは15歳以下と違うのだという感じをもちたがるものである。
 シニア・スカウト部門(年長スカウト部門)の標語は「ルック・ワイド」(LOOK WIDE ――広く見よ)であつて,これはプログラムの上に反映する。このブッシュマンス・ソング(薮の人の革紐の意)及びキングズ(またはクイーンズ)スカウト(王または女王のスカウト)に進む年長の少年のために特別のバッジの要目には,ネーチュアー・ロアー(Nature lore 大自然の教訓)が特に強調されている。この年頃の少年の生活には博物のあるものに個人的な興味を見出すような生活が持に重要である。彼等は年下の弟たちよりも粘り強い冒険をしたがる。登山,岩登り,瀬の岩とび,洞窟探険,帆走,カヌー,乗馬など,これら全てプログラムの中に含むことができる。
 けれどもシニア・スカウティングは,単に身体的冒険だけでなくそれと同様,精神的と心理的の冒険にも関しなければならない。今やより広い世界に入る時期になつている少年たちにとつては,探究すべき誘惑にみちた道が沢山ある。これを探究させた方がよい。活気のある討議がシニアスカウトの間に盛んに行なわれるならば行なわれるほどよろしい。青年は「世界を正義に赴かせる」年頃である。スカウターはこの事実に着目し,討議の前提を手ほどきし,必要があるならば思想を是正,教導することを必要とする。しかし単に談ずるだけではその価値は限定される。探究と結合させそれを拡大しなければならない。型にはまつた討議も適当であろうが型にはまらない対談,つまりハイキング中とか,何か一緒に仕事をしているときとかにするのが,とても役に立つもので,それは討議される実際の場や出来事を訪ねることによつて追及することができる。「我々自身で行なつて見ようじやないか」ということば,シニアスカウトの標語を実際的にいい替えたものと考えなければならない。そして,この言葉は教会から映画館へ,博物館から泥山に到るありとあらゆるところに通用されるだろう。

 いつも同じ古臭いプログラムや,或いはプログラムの種子ぎれが,何週も何カ月も続くならば退屈するのは当然である。スカウター自身が少しでも少年の気持をもち,また,少年の立場に立つて全てを見ることができるならば,また創造力に富むならば,新しい作業を工夫でき,何度も変化をつけるならば少年たちの,新奇に飢え渇いている気持に適合できよう。少年たちは汚い古い家鴨の泳ぐ水たまりの中に冒険を見出すことができる。スカウトマスターでも「子供大人」であるならば同様,見出すことができる。新しいアイディア(着想)を工夫するには大した金もかからないし道具もいらない。少年たちがしばしば示唆をうけることができさえすればそれでよいのだ。ツループに楽しい笑い声がひびきわたり競点に勝つた喜びに湧きたち,新鮮な冒険に高鳴つているところそのツループには退屈から来るメンバーの減少はないであろう。それに今一つ,戸外のキャンピング――単に時々,まれに行くのでなく,頻繁に実施するならば,少年たちは経験を積んだ運動家となり――最上のタイプを保持し,思想にも,談話にも健康色を与えられるであろう。私はスカウト本部の建物の様式に,無味乾燥な様式を用いなかつた。静かな生活と,客間のスカウティングの誘惑によつてである。

スカウト行路

      ┌───────────┐   ┌───────────┐
┌─────┤  ロヴァースカウト  │←─→│   地域社会生活   │
│17才以上 └───────────┘←┬→└───────────┘
├────               │
│     ┌───────────┐ │ ┌───────────┐
│15才以上 │ キングス スカウト  │←─→│ブッシュマンス ソング │
├──── └───────────┘   └───────────┘
│               ↑       ↑
│     ┌─────────┴───────┴─────────┐
│14才以上 │       ファースト クラス  (1級)      │
├──── └───────────────────────────┘
│       ↑       ↑       ↑       ↑
│       │       │       │       │
│       │  ┌────┴┬─────┬┴────┐  │
│       │  │ 奉 仕 │ 手 技  │ 戸 外 │  │
│       │  ├─────┴─────┴─────┤  │
│       │  │プロフイシエンシイ バッジ (技能章)│  │
│       │  └─────────────────┘  │
│       │           ↑           │
│     ┌─┴───────────┴───────────┴─┐
│12才以上 │       セカンド クラス  (2級)       │
├──── └───────────────────────────┘
│                   ↑
│            ┌──────┴──────┐
│11才以上        │ テンダーフット (初級) │
├────        └─────────────┘
│             ↑           ↑
│     ┌───────┴┐         ┌┴───────┐
└─────┤  仮 入 隊  │         │ ウルフ カブ  │
      └────────┘         └────────┘
Progressive Scouting

 It is most important that each Scout should go steadily forward along the Scout Trail. (See Chart.) The early stages are the easiest and most obvious, but the problem gets more complicated as the Troop grows up ; you will then have boys of varying ages and at different stages of Scouting. It’s rather like a conjuror trying to keep a whole lot of balls in the air at the same time and, in fact, if you yourself try to do all the conjuring alone there will be trouble. The secret lies in dividing the work up amongst the Scouters of the Group and the Patrol Leaders. The latter will be chiefly concerned in seeing that recruits get on with the Tenderfoot Tests, and that those who have been invested carry right on with Second Class work. Too many Scouts remain Second Class, and that is one reason for boys leaving Troops ; they get fed up with going over the same old stuff again and again. One Scouter might concern himself with First Class Training ; Some of this can be introduced into most Meetings ; but he will also need special times for this important job.

 Special attention must also be given to the Scouts of 15 or over who are getting to the age when they feel more grown-up. To hold them, you must see that their needs are met. You will have to decide whether you are going to start a separate section of Senior Scouts or whether you are going to continue to hold them in the Scout Troop. In the latter case you or one of the Scouters might make them your, or his responsibility. They want to feel different not only in themselves, but in the Scouting they do and the way they are treated.
 The motto of the Senior Scout section is “Look Wide” and this should be reflected in the programme. A special syllabus of badges has been provided for these older boys leading to the Bushman’s Thong and the Queen’s Scout Badge. Those badges qualifying for the Bushman’s Thong lay special emphasis on nature lore. It is particularly important for boys at this stage in their lives to find a personal interest in some part of natural history. They will want tougher adventure than their younger brothers and so scrambling, rock climbing, potholing, caving, sailing, canoeing, horse riding, and so on can all find a place in the programme.
 But Senior Scouting is an adventure which must be concerned with the spirit and the mind as well as with the simply physical. To the boy now entering upon the wider world of the mind there are many attractive avenues to explore. Let these be explored and discussed. The more actual discussion that goes on among Senior Scouts, the better. Youth is the age of “putting the world to rights.” The Scouter need only see that the facts and initial premises of the discussion are correct and guide thought where necessary. But talk by itself has only a limited value. It must be combined with and extended by exploration. Formal discussions may well have their place, but the informal talks, while hiking or when engaged on some manual work, are the most useful, and these an be followed up by visits to actual places or events discussed. “Let’s go and see for ourselves” must be regarded as a practical paraphrase of the Senior Scout Motto, and it may apply to anything from Church to cinema, or from museums to mudheaps.

 Where the same old programme, or want of programme, goes on week after week, and month after month, boredom is only natural. When the Scouter is himself a bit of a boy, and can see it all from the boys’ point of view, he can, if he is imaginative, invent new activities, with frequent variations, to meet the boys’ thirst for novelty. Boys can see adventure in a dirty old duck-puddle, and if the Scoutmaster is a boy-man he can see it too. It does not require great expend or apparatus to devise new ideas ; the boys themselves can often help with suggestions. Where a Troop resounds with jolly laughter, and enjoys success on competitions, and the fresh excitement of new adventures there won’t be any loss of members through boredom. Then outdoor camping―not merely occasional sips of it, but frequent practice so that the boys become experienced campaigners―will hold those of the best type and will give a healthy tone to their thoughts and talks. I have little use for a cut-and-dried routine system in a Scout Headquarters building, with its temptation to softer living and parlour Scouting.

THE SCOUT TRAIL

      ┌───────────┐   ┌───────────┐
┌─────┤   ROVER SCOUT   │←─→│  COMMUNITY LIFE   │
│17+yrs. └───────────┘←┬→└───────────┘
├────               │
│     ┌───────────┐ │ ┌───────────┐
│15+yrs. │   QUEEN'S SCOUT  │←─→│  BUSHMAN'S THONG  │
├──── └───────────┘   └───────────┘
│               ↑       ↑
│     ┌─────────┴───────┴─────────┐
│14+yrs. │           FIRST CLASS           │
├──── └───────────────────────────┘
│       ↑       ↑       ↑       ↑
│       │       │       │       │
│       │  ┌────┴┬─────┬┴────┐  │
│       │  │ SERVICE │ HOBBIES │ OUTDOOR │  │
│       │  ├─────┴─────┴─────┤  │
│       │  │    PROFICIENCY BADGES    │  │
│       │  └─────────────────┘  │
│       │           ↑           │
│     ┌─┴───────────┴───────────┴─┐
│12+yrs. │           SECOND CLASS          │
├──── └───────────────────────────┘
│                   ↑
│            ┌──────┴──────┐
│11 yrs.         │    TENDERFOOT     │
├────        └─────────────┘
│             ↑           ↑
│     ┌───────┴┐         ┌┴───────┐
└─────┤   RECRUET  │         │   WOLF CUB  │
      └────────┘         └────────┘
本   部
(クラブルーム)

 どのツループでも本部を必要とする。明るい通風のよい,暗夜でも悪天候でも,工作をするためにも,ツループの中心としてこれを必要とする。勿論,我々は戸外でできる時でも,これを用いたがるようになるという危険がそこにある。で最初から「戸外でできる時は戸外で行なう」と,きめておくべきである。諸君は最初,学校か教会かのホールを用いることになるだろう。しかしできるだけ早く自分たちの場所を得るよう骨折ること。人家から怒れている小屋または建物で,ゲームや焚火やテント設営や,開拓術に用いるちよつとした土地が近接しているようなものでありたい。或るグループは小屋を買うため,もしくはもつと丈夫なものを建てるに充分な金を穣ぐため勤労をしたり,ある隊は厩舎,古納屋,廃屋を,あらゆる巧妙な手段を尽して改造した例もある。

 本部が手に入つたら,スカウトたちの手によつてできるだけ多くの造作や装飾をする。それによつて一層自分らのものだという気がし,業者や装飾屋に金を支払つてやらせたものよりか,少年たちは誇りをもつであろう。家具類は簡素にし,ゲームの時には片付け易いようにしておく。各パトロールは室の1隅か,ある区切りにそれぞれの巣を作り,それを銘々の好みによつて飾るのである。
 スカウト図書や雑誌の図書室も設けたい。
 設計する時に忘れてならないことば,キャンプ用具やゲーム用具を格納する倉庫である。またもし,名誉会議用の小部屋があるならば申し分がない。スカウトマスター用の文書やツループの記録などのための小室,これもほしいものである。
 あるツループは売店を経営している。これは請負いでできる。
 パトロールは当番制で小屋の清潔整頓を保持したり秩序の維持に当る。
The Headquarters

 Every Troop, however, needs a headquarters, well lit and ventilated for ark evenings, for bad weather, for handicraft work, and as a Troop centre. There is, of course, the danger that we should be tempted to use it when we should be out-of -doors, but the rule from the beginning should be “outdoors Scouting whenever possible.” You may have to use, at first, a school or church gall, but aim at getting a place of your very own as soon as possible ; the hut or building should stand away from houses, and a bit of ground round about is useful for games, fire-lighting, tent-pitching and pioneering. Some Groups have worked hard to earn enough money to buy a hut, or even to build something more substantial. Some Troops have converted stables, old barns and derelict buildings in all kinds of ingenious ways.
 When you gave your headquarters, let as much of the fitting and decoration be done by the Scout themselves : it will then be more theirs, and they will take more pride in it, than if you paid a firm or decorators to do the job. Furniture should be simple and easily packed away for games. Each Patrol should have its own corner or section, decorated to its own taste.
 There should be provision for a Scouting library of books and Scout magazines.
 While making your plans remember the need for storage place for camp gear, games equipment, etc., and if you can have a small room for the Court of Honour, so much the better. A smaller room for Scouters’ papers, Troop records, etc., is also desirable.
 Some Troops run a canteen, which can be made a paying concern.
 Patrols can take it in turn to keep the gut clean and tidy, and also for maintaining order.
紀   律

 紀律を強調されたい。小さい事柄に対しても紀律を厳重にし,速かに服従するよう。諸君がまかしておく時以外は騒がせない。これは何度も何度もやつてみることだ。

 力に満ちた前途有望の国民というものは,紀律がなくてはならない。その紀律とは各個人の紀律が集まつてのみできるものである。
 私のいう紀律とは,権威者或いはその他の,デューティの命令者に,忍耐をもって服従するという意味である。
 これは圧迫によつてできるものではなくて少年たちに先ず,自律自制と自己を犠牲にすること,そして他人のために尽して喜ぶことを教えまたそれを励ますことによつて得られる。これを教える方法は範例を示したり少年に責任を課したり,少年に高度の信頼を期待することなどによつて大々的に反映させるのである。

 責任観念は,パトロール・システム(班別制度)を通じて大幅に与えられる。つまり,パトロールの少年たちの間に行なわれる事柄に対して,責任をとるリーダーをもつということによつてである。
 ここに我々のしなければならない仕事がある。

 1596年,サー・ヘンリー・ニヴェットは,クイーン・エリザベスに警告した。青年の訓練と紀律とを等閑にしている国家は,腰ぬけの兵隊と海員を作るだけでなく,それより遙かに多数の有害の点でそれに等しいやくざな公民を社会に作り送るものである,というのであつた。また彼の著書によると,「真の紀律の欠乏は,国王と国家の名誉と富とを絶望させ軽佻にし没落に導く」と。
 紀律というものは,幼児の悪い習慣を罰したとしてもそれでできるものではない。よい仕事を与えることによつてのみできる。その仕事が彼の注意を夢中にさせる。こうして段々,古い習慣を忘れ棄て去るよう,導くのである。
Discipline

 Insist on discipline, and strict, quick obedience in small details ; let them run riot only when you gibe leave for it, which is a good thing to do every now and then.

 A nation to be powerful and prosperous must be well disciplined, and you only get discipline in the mass by discipline in the individual. By discipline I mean patient obedience to authority and to other dictates of duty.
 This cannot be got by repressive measures, but by encouragement and by educating the boy first in self-discipline and in sacrificing of self and selfish pleasures for the benefit of others. This teaching is largely reflected by means of example, by putting responsibility upon him and by expecting a high standard of trustworthiness from him.

 Responsibility is largely given through the Patrol System by holding the Leader responsible for what goes on amongst his boys.
 There lies our work.

 Sir Henry Knyvett, in 1596, warned Queen Elizabeth that the State which neglects to train and discipline its youth produces not merely rotten soldiers and sailors, but the far greater evil of equally rotten citizens for civil life ; or, as he wrote it, “For want of true discipline the honour and wealth both of prince and countrie is desperatlie and frivolouslie ruinated.”
 Discipline is not gained by punishing a child for a bad habit, but by substituting a better occupation, that will absorb his attention, and gradually lead him to forget and abandon the old one.
キ ャ ン プ

 キャンプは,少年たちが楽しんで待ちもうけるものであり,スカウトマスタ一にとつては大きな機会である。

 スカウト訓練の立場からいうと,大きなキャンプは好ましくない。数個の小さいキャンプの方が望ましい。そして各パトロールは別々の単位として付近のテントと離れて設営する。

 毎日,どんな訓練をするか,スカウトマスターはそのプログラムを前もつて用意しなければならない。この次には何をするのだろうか,と少年たちに思わせるような,または,うろつかせるようなこと位,彼等の緊張と能率を減損させるものはない。

 キャンプは,戸外生活,即席料理の工夫を伴つた野性的趣味,森林広野を駈けまわるゲーム,追跡,進路発見,開拓作業,少年らしい困難,及び楽しいキャンプ・ファイヤー(営火)の歌声などで少年をつかむもので,それに失敗はない。

 自然のささやき――それら全ての中で一番キャンプを効果づけるものは,少年たちに大自然と面と向つて生活させる機会を与える点にある。これはどんな少年でも,うつとりさせるもので,その歓喜はたちまちはつきりあらわれる。
 おしなべて町の少年は田舎へ行くと珍らしがるが,それに馴れるとすぐ退屈して再びシネマや店のショウ・ウインドウを恋しがるようになるものである。
 ところが,上に述べたようなキャンピングの楽しい教材をたのしむことを知つて来ると,また大自然の神秘に彼の目が開眼されるなと,もう彼は我々の望んでいる若き杜の人となるのである。

 それは,鳥や獣の啼き声や習性,星の不思議な光,花の美しさ,丘の起伏,日没の美観,植物,哺乳動物,昆虫,爬虫類の何でもよい。その夫々の驚くべき精密な機構,そしてそれが何百万という同種類のものに複製されているそれを,少年に見せることを意味する。
 この自然研究というものはキャンプや,田園の周囲に限るものではない。

 さして古い以前でもないが,私は,「神を羊の足に発見する」と指摘したことがある――私はそれを発見した後で,昔の「人は鯡(にしん)の頭の中に神を見出す」という言葉を知つたので,これをひようせつしたことになつた。――この言葉の意味は,大自然に遠去かつていると,そんな解剖こよつて見られるような殺風景な物にでも,例えば羊の足や鯡の頭にでも,その物の中に在る不可思議な機械的構造は,それと全然同じものが何百万となく複製されて居り,そして顕微鏡下に青蝿を検視したり,または人の指紋(同一のものは一つもない)や,人の眼を検べるといかにそれらが,明白なものを不明白に思わせたり,その不明白が明白の行動を起させているかがわかるのである。
 これらの全ては自然研究に入る重要な段階である。花を解剖すると,どのように雄蕋が雌蕋の柱頭に受胎させるか,潜伏期をすぎての後,生きている植物の体内にいかして種子を作るかがわかる。丁度それと同じ大自然の法則によつて,鳥が受精した卵を抱いてある期間の後,雛にかえす。獣類の世界でも同じような作用がその結果を生む。

 この自然の成りゆきは,往々その取扱いに困難を示していた性の問題を合理的に説明するものである。
 かかる大自然の過程が,我々はその時の全てを暮らしているのであるが,実は人間の作つたエチケットや便宜のための法則のもとに暮しているわけだ。しかし我々はそれらの法則を――「不正だ」と論ずることは許されない。
 その結果として,多くの若者の生活が,年頃という言葉によつて救われるかも知れない時に,年々簡単な不案内のために,みじめになりつつあるのである。
 それは聞きたがることをひたかくしにかくし,誤つて印象づけられたことがその原因をなす。もし年長者によつて正直に正しく取扱われ,色々の年令の者たちににわかるように教えられたならば,まちがつた理解や不幸は遙かに少なくなるであろう。

 私は1少年から,この問題について正直で,充分によく教えられなかつたと訴えられことは今までに断じてないのであるが,スカウターの全てが,この問題に,充分な知識をもつている人,そして少年期の困難と抱負とに充分な同情をもつている人によつてのみ始めて完全になされるものだということを理解願いたいのである。
 この性の問題に対する両親たちの願いも,これを知つておく必要がある。本書が世に出て以来,性の問題の全般に向つての態度がより合理的に発達したことば幸いである。しかし,その要望は頗る大でみる。例えば一例をとると――多くのフィルムによる示唆がシネマで上映される結果,新しい誘惑と危険とが生じ,従来の秘匿を一層重くするのではないかと思われることが,それである。
 この問題は孤立していない。他の考えなければならない問題,すなわら健康及び宗教の問題と関連させて考えることが極めて重要である。
Camps

 The camp is what the boy looks forward to, and is the Scoutmaster’s great opportunity.
 Large camps are bad from a Scout-training point of view. Several small camps are preferable to one large one, and each Patrol should be camped as a separate unit from its neighbour.
 For every day of training the Scoutmaster should prepare beforehand a programme of what he proposes to do. Nothing is worse for the keenness and efficiency of the boys than being taken out and then hanging about thinking what to do next.
 The camp cannot fail to grip every boy with its outdoor life and taste of the wild, with its improvised cooking expedients, the games over woodland and moor, the tracking, the path-finding, the pioneering, the minor hardships and the jolly camp-fire sing-songs.

Nature Lore.―Above all things the value of the camp is the opportunity that it gives of bringing the boys to live face to face with Nature. This has its fascination for almost every kind of boy so soon as its joys are made clear to them.
 The average street boy going into the country will, so soon as the novelty has worn off, feel bored and will be longing for his cinema and shop windows again.
 But when he has learnt to enjoy the material pleasures of camping above stated, and has also had his eyes opened to the wonders of Nature, he will be the young backwoodsman that we want.
 It means the presentation to him of the calls and customs of birds and animals, the wonders of the stars, the beauties of the flowers, of the hills, of the sunsets, the wonderful and minute mechanism of the individual specimen whether of plant or mammal, insect or reptile, and its exact reproduction in millions of the same species.
 Through these one can cultivate in the boy a closer observation, a new sense of Nature love, a knowledge of biology, a sensible and proper view of sex relation, together with a realization of God the Creator.
 And this study of Nature is not necessarily confined to the camp or country surroundings.

 Not long ago I pointed out “that God could be found in a sheep’s trotter”―and I have since discovered that I was thereby plagiarizing an old saying, “One can find God in a herring’s head”―meaning that, even away from the beauties of Nature as we know then in the wilds one can dissect, say, the sheep’s foot or the herring’s head, to discover the wonderful mechanism which in this specimen merely represents millions of others exactly like it, or one can examine a blue-bottle under the microscope, or the human finger-prints (of which no two are alike), or the human eye and how it conveys impressions of tangible things to intangible thought from which intangible will produces tangible action.
 These all form an important step in Nature study. The dissection of a flower shows how the male stamen fertilizes the female stigma, producing seed which after a period of incubation develops into a living plant, just as under the same law of Nature the bird lays the fertilized egg, which hatches ort its chick after due incubation. And the parallel operations of the animal kingdom follow in due sequence.
 The natural result is the explanation in a rational way of sex matters which have so often proved difficult to deal with.
 But here we are in God’s earth, with these processes of Nature going on around and among us, and all the time, through some manmade rules of etiquette and convention, we are not allowed to mention them―they are “improper.”
 The consequence is that thousands of young lives are being made miserable every year through simple ignorance when they might have been saved by a word in season.
 It is this very secrecy that provokes inquisitiveness and wrong impressions, which if dealt with honestly and squarely by elders, according to the understanding of the boy at different ages, there would be far less misunderstanding and unhappiness.

 I have never known a boy who was not the better for having the matter put to him frankly and fully, but I wish all Scouters to understand that this can only be done safely by one who has a thorough knowledge of the subject and is in complete sympathy with boyhood’s difficulties and aspirations.
 The parents’ wishes in this matter should be learned ; fortunately, since this book was first written, a more reasonable attitude towards the whole problem of sex has developed. The need, however, is as great, for―to take one aspect alone―the suggestiveness of many films shown in cinemas present a new temptation and danger, possibly outweighing those of the former secretiveness.
 The problem is not isolated ; it is linked up with other considerations, of which health and religion are the most important.
健   康

 全国統計によるといまなお,国民の不健康防止に驚くべき多額の経費をつかつていることを知る。この不健康のために職を失い希望を失い財産を失つているのである。
 文部省医務局長であつたサー・ジョージ・ニューマンは,法律や悪疫公示や下水設備公示やそれらの細則によつて健康な国民はできはしない。健康は国民の正しい家庭生活,個人生活による外はないと述べている。

 我々の目的は,少年の1人々々に自分が自分の身体に気をつけることと,自分の健全と強壮とに責任をもつことを理解させることでなくてはならない。それは彼自身に対する,国民に対する,造物主に対する,彼のデューティである。

 エンジンに関する若干の知識と,その動かし方を知ることは,自動車を上手に運転して,最大の儲けをしたいと望む人々にとつては必要なことである。だからその人々はできる限り,それについて全てを学ぶであろう。
 人体のエンジンについてもこれと同様で,最も有利に動かそうとするにはその内部の配置について多少とも知らなければならない。しかし我々大多数の者は,それらの働くものと働き方について何も知らないで運転を続けているのだ。
 それが破損すると我々のエンジンをガレージ,ドクターの所へもつて行つて,それがうまく働かないのはその責任,エンジンにありとばかり責任を転嫁し,これを修理して再び不案内な我々の手腕で動き出すよう医者に期待する。けれども,そんな馬鹿げた試験台になるようなエンジンは本当は無いのだということを記憶しておいてほしい。特に人体のエンジンについてはである。
 もし潤滑油の代りに油脂を,石油の代りに代用ウイスキーをエンジンに1杯入れ,またラジエーターの中に,水の代りに砂を注いだとしたならば,それが満足に働かなくなることはいうまでもない。それが良い食い物であるかどうかを知りもせず,考えもせずに食道に押込めている。そうしておいて何放この食いものは悪いのだろうかと怪しむ。健康についての知識というものはこれを会得するにむずかしいものではない。少年にとつても興味深いものである。ただ,その教え方が,その少年を病的にならせないよう,また,むやみに内向的にならせないような方法で教える,これが要点である。

 健康を作り上げる我々の方法は,これを自己管理と,運動とを通じて行なうにある。
 自己管理には次のものを含む。
  正しい食物とその給食
  歯と消化の管理
  正しい呼吸法
  着衣などの管理
  新鮮な室気
  休 養
  制 慾
  個人衛生
  眼の養護
  鼻の養護
  耳の養護
  心臓の養護
  腹その他の養護
 運動には次のものを含む。
  活溌なティームのゲーム,
  肩,両腕,胴,両脚,爪先などのスカウト体操
  スカウトペース(ランニング)
  ボクシング
  スプリンギング(跳躍)
  ジャンピング(跳越)
  タンブリング(転回,とんぼがえり)
  スキッピング(なわとび)
  フォークダンスの試合と実習
  綱投げと槍投げ
  綱まわし
  網,立木のよじのぼり
  レスリング
  水 泳
  木樵術
  槽 艇
  ハイキングとキャンピング
  1列になつてするツループの体操

 以上の作業はできる限り戸外で行なう。体操器具や精巧な道具は必要としない。
 我々は公開のディスプレイ(演技)に対して集団的行進の練習だけをする。それは無論,多くの人たちが見事な体育訓練だという印象をうけるよう見せ物的,宜伝的に行なう。しかし集団的教育は,教練にしても,パトロール別.ツループ別にしてもこれは一つの助けにはなるが各個の体育の問題とは合致しないものである。
 少年たちの訓練というと,一部の人々は矯正することのできる畸型の少年たちだけのもののように考えがちであるが,我々の考えはむしろ,少年の1人々々,特に内気な弱い少年を運動好きな少年にすること,そして彼自らの興味から造物主に対するデューティとして自分の健康に責任をもたせ,個々の運動を自分から進んで閑な時に行ない,もつて身体的発達の実行を仕向けるにある。
Health

 National statistics show that there is still an appalling amount of preventable ill-health in the nation. Hence loss of wages, prosperity and happiness.
 Sir George Newman, who was Chief Medical Officer of the Board of Education, has pointed out that you cannot make a healthy nation by legislation, by notification of diseases, sewerage, or bye-laws, but by the right domestic and personal living of the people.
 Our object should be to make the individual boy understand personal self-care and his responsibility for his own health and strength. It is a duty to himself, to the nation and to his Maker.
 Some knowledge of the engine and how it works is necessary to the man who drives a car if he is to drive it successfully and to get the best work out of it. Consequently, the man learns all he can about it.
 It is precisely the same with the human engine, and to work it to the best advantage the man should know something of its interior arrangements.
 But most of us continue to drive our engine without knowing a thing about its works and their ways of working.
 We merely take our engine to the garage-doctor when et breaks down and look upon him as responsible for its failure to do right and expect him to patch it up and make it di for another run under our ignorant hand. But remember this, no engine is really fool-proof, especially the human engine.
 If in place of lubricating oil we fill our engine with grease and substitute whisky for petrol, and pour sand instead of water into the radiator, we must not be surprised if she doesn’t work very satisfactorily. Yet that is the sort of thing we do with our human engine, we stuff all sorts of food down our gullet without thinking or knowing whether these are good for it, and then we wonder why it does not respond to the feeding. Health knowledge is not difficult to acquire and is full of interest even to the boy. The only point is that it should be inculcated in such a way as not to make him morbidly or pruriently introspective.
 Our method of building up health is through SELF-CARE and EXERCISE.

 Self-care : This includes―
  Proper feeding and diet
  Care of teeth and digestion
  Proper breathing
  Clothing, etc.
  Fresh air
  Rest
  Continence
  Personal hygiene
  Care of Eyes
      Nose
      Ears
      Heart
      Bowels, etc.

 Exercise : This includes―
  Active team games
  Scouts’ Exercises for
   Shoulders, Arms, Trunk, Legs, Toes, etc.
  Scout’s Pace (running)
  Boxing
  Springing
  Jumping
  Tumbling
  Skipping
  Competitions and Practices of Folk dancing
  Rope and Javelin Throwing
  Rope-spinning
  Climbing ropes, trees, etc.
  Wrestling
  Swimming
  Axemanship
  Boatmanship
  Hiking and Camping, etc.

 Also Troop physical training exercises on simple Scout lines.
 The above work is done in the open air as far as possible and without the need for Gymnasia or elaborate apparatus.
 We only use collective parade drill exercises for public displays. They are, of course, the more spectacular and convey to many people the impression of being the best physical training. But collective mass instruction, either as Drill or Class P.T., helpful though these are, do not fully meet the question of Physical education of the individual.
 In training boys, very many of whom are under-nourished or suffering from minor but curable malformations, our idea rather is to induce each boy, especially the slacker or the backward boy, to become athletic-minded, and in his own interest and as his duty to his Creator, to be individually responsible for his own health and to carry out his physical developments by personal exercises and practices “on his own” and in his spare time.
教   練

 私は度々スカウターたち――少年ではなく――から,ボーイスカウトの訓練の中に,もつと教練を入れてほしい,という声をきいた。だが34カ年の経験から私は,教練が紀待という点でもつ価値を認めると同時に,その弊害をも認めるのである。それを約言すれば:――
(1)軍事教練は,無力な,工夫力の足らない指導者が,彼の少年に何かをやらせるための物の役には立つ。それが少年を引つけるかどうかを考えもせず,それが真に少年たちの為になるかどうかをも考えずに彼はそれを行なつている。誠に手数のはぶけるものである。
(2)軍事教練は個性を破壊する傾向をもつている。我々がスカウトたちに望むところのものは,個々の人格(性格)を伸ばすことにある。1たび教練を学ぶや,何か計画を立ててやろうとしている少年たちを退屈させて熱心を鈍らす。我々の狙いは,若き杜の男,スカウトを作るのであつて兵隊の模造品を作るのではない。

 以上の理由によつて私は,我々の訓練の中にこれ以上の,不景気な教練の課程を見ることを好まないのである。けれども,ある分量は必要だと思う。特に新規にできたツループ,或いは仮入隊者たちにとつては必要である。これによつて少年たちは,自分自身の在り方動作のスマート,要求に対しての共働性を教わることができる。

 結局,教練は陸軍――または海軍,或いは空軍の特権ではないということだ。それは公民生活や産業界で,他の形体として用いらるべきもので,それによつて人々は仕事をするにあたつての正しい在り方と正しい秩序を学ぶであろう。
Drill

 I used often to be asked by Scouters―not by the boys―to introduce more drill into the training of Boy Scouts ; but although, after an experience of thirty-four years of it, I recognize the disciplinary value of drill, I also see very clearly its evils. Briefly they are these :―
 (1) Military drill gives a feeble, unimaginative Scouter a something with which to occupy his boys. He does not consider whether it appeals to them or really does them good. It saves him a world of trouble.
 (2) Military drill tends to destroy individuality, whereas we want, in the Scouts, to develop individual character ; and when once drill has been learned it bores a boy who is longing to b e tearing about on some enterprise or other ; it blunts his keenness. Our aim is to make young backwoodsmen of our Scouts, not imitation soldiers.

 For these reasons I would not like to see any more of the dull routine of drill introduced into our training, but, at the same time, I hold that a certain amount is necessary, especially in a new Troop or for new recruits, so that boys can be taught to hold themselves properly and to move smartly and together when required.

 After all, drill is not the prerogative of the Army―or of the Navy or Air Force for that matter. It is used in different forms in civil life and in industry so that a man may learn to do things in the right way and in the right order.
宗   教

 この種の組織で,もし,その会員たちに宗教に関しての知識が与えられなかつたならば,その目的は失敗に終るであろう。――けれども,このような失敗は常にそれのなされる方法如何によるものである。もし宗教が,日々の生活にもつと必要なものとして扱われたならば,その尊厳を失うことなく勢力をもつであろう。

 宗教儀式の定義については本書は,その団体または単位隊が自由にこれを用いるようまかすため,伸縮自在にしておいた。それ故,各自の教え方によつてよろしい。我々の協会(連盟)では,これら色々の信仰に関して厳しい規則を――作ろうとしても――作ることは不可能である。

 宗教というものは,これを少年たちに教えることができるものであり,かつ教えなければならないものである。けれども無味な方法や神秘的にして,陰気な教え方はいけない。もし宗教が英雄的な面で,或いは普通人の自然な日常の徳として説かれるならば容易に少年に受入れられよう。そしてまた,自然研究を通じて少年の心に導入することができるのである。このねらいに向つてキャンプ生活がいかにその助けとなるかは私の既に説いたところである。神のみ業の研究は日曜日の教訓として誠に好適なものであり,また日曜日を無駄にすごすことに対する解毒剤でもある。

 宗教指導については陰うつであることを要しない。エー・シー・ベンソンが常にいつていた言葉に,クリスチャンの徳目に4つある。3つでなく4つある。それは,信仰,希望,慈善そしてユーモアだと。それはロバート・ルイス・スティブンソンの朝の祈祷の中にもある。:――
 「夜が明けると,心づかいとデューティの,いらただしさがめぐり来る。男らしく立働くよう助け給え――笑と温顔とをもつて働くよう助け給え。常に勤労に快活を伴わせ給え。日中我々の仕事を楽しくなさしめ拾え。耻らいなく満足をもって,疲れを休むべく寝床につかしめ給え。終りに安き眠を与えて我々を悦ばしめ給え」と。

 次に掲げるものは,宗教儀式の問題について我が協会(連盟)が出した布告であつて,スカウト運動の当初から導き来つた政策の要約であり,そして我が国各宗派の執行長たちによつて協賛されたものである。
(1)全てのスカウトは,何かの宗派に所属してその礼拝に出席するものと期待されること。
(2)単一宗派より成るグループにあってはグループ・スカウトマスターがその隊付牧師,或いはその他の宗教当局者と協議して,その宗派の儀式並びに説教を最善と思われるよう按配するよう望まれること。
(3)色々の宗派のスカウトたちから成るグループの場合は,各人夫々の宗派の礼拝に出席するよう督励されること。従つてグループとしての教会パレードには行つてはならない。キャンプでの日々のお祈り及び週毎の神の頌徳のお祈りは,極めて簡素な様式で行ない,それへの出席は自由とすること。
(4)教派の規定によつて,スカウトが自分の教会以外の他宗派の儀式に出席することを禁じているものにあつては,グループのスカウターたちは自分の統率下のスカウトが,このような規定を厳守するように監査指導しなければならないこと。
(5)現在,いかなる教会にも所属していないスカウトがある場合,スカウターは,彼の両親が属している教会または,彼が洗札をうけた教会に,関係するよう努力すること。いかなる場合でも,無所属のスカウトは一宗派に属するよう導かれねばならないこと。このことに関しては,スカウトの両親の同意を待なければならない。
 「スカウツ・オウン」(Scouts' Own スカウト儀礼)は極めて有用で,多くのスカウト集会に好評だという経験によつて設けられたものである。これについては423頁を見ればわかるであろう。
Religion

 An organization of this kind would fail in its object if it did not bring its members to a knowledge of religion―but the usual fault in such cases is the manner in which this is done. If it were treated more as a necessary matter of everyday life it would not lose its dignity and it would give a hold. The definition of religious observance is purposely left elastic in this book in order to give a free hand to organisations and units making use of it, so that they can give their own instruction in the matter. In our Association, dealing as we do with those of every faith, we cannot lay down strict rules―if we would.

 Religion can and ought to be taught ot the boy, but not in a milk-and-watery way, or in a mysterious and lugubrious manner ; he is very ready to receive it if it is shown in its heroic side and as a natural everyday quality in every proper man, and it can be well introduced to boys through the study of nature. I have already shown how camp-life can help towards this end. The study of God’s work is a fit subject for Sunday instruction, and is an antidote to Sunday loafing. There is no need for religious instruction to be dismal. A. C. Benson used to say that there are four Christion virtues, not three. They are Faith, Hope, Charity―and Humour. So also in the morning prayer of Robert Louis Stevenson :―
 “The day returns and brings us the petty round of irritating concerns and duties. Help us to play the man―help us to perform them with laughter and kind faces. Let cheerfulness abound with industry. Give us to go blithely on our business all this day. Bring us to our resting beds weary and content and undishonoured, and grant us in the end the gift of sleep.”

 The following pronouncement by our Council on the subject of religious observance sums up the policy which has guided the Scout Movement from its inception, and has received the approval of the Heads of all the leading denominations of religion in the kingdom.

 (1) It is expected that every Scout shall belong to some religious denomination and attend its services.
 
 (2) Where a Group is composed of members of one particular form of religion, it is hoped that the G.S.M. will arrange such denominational religious observances and instructions as he, in consultation with its Chaplain or other religious authority, my consider best.
 
 (3) Where a Group consists of Scouts of various religions, they should be encouraged to attend the services of their own denominations, and Group church parades should not be held. In camp any form of daily prayer and of weekly divine service should be of the simplest character, attendance being voluntary.
 
 (4) Where it is not permissible under the rules of the religion of any Scout to attend religious observances other than those of his own church, the Scouters of the Group must see that such rules are strictly observed while the Scout is under their control.
 
 (5) In the case of a Scout not now attached to any Church, the Scouter should endeavor to put him in touch with the Church to which his parents belong or in which he was baptized. It is, in any case, desirable that every unattached Scout should be brought in touch with a religious denomination. In this matter the approval of the Scout’s parents must be obtained.
 
 A “Scout’ Own” has been found by experience to be a very useful and popular meeting with many Scouts. A note on this will be found on page 244.
指導者訓練

 この章で私は,我々の原理と方法についてのいくらかのヒントを記したのであるが,それは諸君が少年たちと共に実際にやることによつて理解ができ,その上,更に,よいリーダーになろうとするスカウターの要求が出るわけである。できるだけ多くの経験と知識とを取集めることは彼のデューティであり,同時に彼の少年たちを彼の実験に耐え得るよう,いたわり守らねばならない。

 スカウターは最初,その地域のディストリクト・コミッショナーのもとで教えをうけ授助をうけて自分自身を訓練する方法に色々の方法があることを知るのである。それによつて各種の初歩的コースやウッドバッジ・コースについての総局(本部)のパンフレット「ザ・トレーニング・オブ・スカウターズ」を読んで,これを利用されたい。


成功へのテスト

 スカウトマスターが,自分のした仕事が成功しているかどうか判定することができるテストが唯一つある。それは,彼が与えた訓練によつて世に送り出された少年たちが,良い公民になつたかどうか,が,それである。それはパレードをスマートにやるとか,立派なキャンパーになつたとか,上手な信号手になつたとかいうようなことでは,まだ不充分である。これらは単なる段階にすぎない。銘記すべき点は,彼等が狙いに到達したか? 彼等は真に健康で,幸福で,有用な公民であるか? によるのである。
Training of Scouters

 In this chapter I have given you some hints on our principles and methods, but it is recognized now that beside the actual practice of Scouting with the boys themselves, more is required of the Scouter, who wants to be a good leader to them. It is his duty to pick up as much experience and knowledge as he can and at the same time, to secure that his boys do not suffer from his experiments.

 A Scoter should, in the first place, go to his District Commissioner for information and help and he will find out that there are many different ways in which he can train himself. Later on he may avail himself of various Preliminary Courses and of the Wood Badge Course detailed in the Headquarters pamphlet “The Training of Scouters.”


The Test of Success

 There is only one test by which the Scoutmaster can judge the success or otherwise of his work and that is whether the boys he turns out are the better citizens for the training he has given them. It is not enough that they are smart on parade, or good campers, or proficient signalers, etc., these are merely steps ; the point for him to note is, Do they attain the aim ? Are they really healthy, happy, helpful citizens ?
結   語

 我々のスカウティングの全目的は,少年たちの人格(性格)を,その灼熱の熱のある間につかんで,それを正しい型に流しこんで鍛え,その個性を励まし発揮させるにある。――そうすれば少年は,彼の国のために,善良な人間,価値ある公民となるよう,自分で自分を教育するであろう。
 このようにすることによつて我々は,その力を有用な方面に捧げることを望むのである。心身共に連邦に。

 しかし,国民的抱負を伸長するについては,他の国民の偏見と嫉視を招く危険が常に伴うものである。これを避けるのでなければ我々がのがれようと心配している,より大なる弊害を却つて招くのである。
 幸いにもスカウト運動にあつては,世界中の文明国のどこにも殆んど皆,スカウト兄弟隊が組織されており,また我々は既に世界兄弟愛の確実な核心を形成した。そしてこの可能性は,この運動と相関性をもつた姉妹の運動,即ちガールガイドの広範囲な発展に補足されつつある。

 どの国でもスカウト訓練は,明らかに他人に向つての奉仕に努める点で同一である。このように目的が同一であるから我々は奉仕を通じて国際兄弟愛を前進させ,前途遠大な事業を続けることができるのである。
 わが少年訓練で,精神と能力の両面に彼の個性を発展させて,国家的には彼の国の公民道のティームプレイヤー(チーム競技者)にし,これと同じ原理によつて行動するならば,国際間のティームでも,彼の国を有力に助けるに足りる公正な精神と能力とを発展させる国民になるようにさせたい。こう我々は試みつつあるのだということにならねばならない。
 そこでもし,その各々の立場で各々のプレイをするならば,世界中に大きな繁栄と幸福とが生まれ,その結果,永く待望されていた状態――人類の間の平和と善意――が招来されるであろう。
To Sum Up

 The whole object of our Scouting is to seize the boys’ character in its red-hot stage of enthusiasm, and to weld it into the right shape and to encourage and develop its individuality―so that the boy may educate himself to become a good man and a valuable citizen for his country.
 By so doing we may hope to take a useful part in bringing strength, both moral and physical to the Commonwealth.
 But in developing national aspirations there is always the danger of becoming narrow and jealous of other nations. Unless we avoid this we bring about the very evil we are anxious to escape.
 Fortunately in the Scout Movement we have brother Scouts organized in almost every civilized country in the world, and we have formed already the tangible nucleus of a world-brotherhood. And the potentialities of this are being supplemented by the wider development of the co-operative sister Movement, the Girl Guides.
 In every country the aim of the Scouts’ training is identical, namely, efficiency for service towards others ; and with such an object in common, we can, as an international Brotherhood in Service, go forward and do a far-reaching work.
 In our training of the boy we develop the individual in both spirit and efficiency to be an effective player in his national team of citizen-hood. Acting on the same principle in the case of a nation we should try to develop the right spirit of efficiency for helping that nation to work effectively in the team of nations.
 If each, then, plays in its place, and “plays the game,” there will be greater prosperity and happiness throughout the world, there will be brought about at last that condition which has so long been looked for―of Peace and Good Will among men.

 ( SCOUTING FOR BOYS Twenty-Eighth Edition, 1953, p287 - 316)






     せいちゃんの ベーデン-パウエル研究
     ボーイスカウト運動についての諸考察 (2014.10.5)
     スカウト運動に託した B-P スピリット (2016.7.14)
     スカウティング フォア ボーイズ に記された B-P スピリット (2015.7.22)
     「隊長の手引」に記された B-P スピリット (2015.8.14)
     ローバーリング ツウ サクセス に記された B-P スピリット (2015.8.15)
     「パトロール システム」に記されたフィリップスのスピリット (2015.9.26)
     進歩制度に託された B-P スピリット (2015.10.14)
     信仰の奨励に託された B-P スピリット (2015.10.12)
     野外活動に託された B-P スピリット (2015.11.29)
     “ちかい”と“おきて”に託した B-P スピリット (2016.12.12)
     ボーイスカウト研究 (1979.12.14)
     ボーイスカウト実践記 (1980.4.28)
     ボーイスカウト活動プログラムの紹介 (1998.6.20)
     《資料》B-Pの1926年の講演「ボーイスカウト・ガールガイド運動における宗教」



   参考までに
   スカウティングフォアボーイズ日本語第27版電子ブック (兵庫県長谷川武彦氏ウェブサイト)
   <http://23.pro.tok2.com/~choraku/scoutingforboys/scoutingforboys.html>
   SCOUTING FOR BOYS (カナダ ScoutsCan.com ウェブサイト)
   <http://www.thedump.scoutscan.com/yarns00-28.pdf>
   「ウルフカブス・ハンドブック」 ボーイスカウト日本連盟訳 (ボーイスカウト茨城県連盟ウェブサイト)
   <http://www.scout-ib.net/09SCIB-DB/WCHB/WCHB.html>
   THE WOLF CUB'S HANDBOOK (カナダ ScoutsCan.com ウェブサイト)
   <http://www.thedump.scoutscan.com/wolfcubshandbook.pdf>
   「隊長の手引」 ボーイスカウト日本連盟訳 (ボーイスカウト茨城県連盟ウェブサイト)
   <http://www.scout-ib.net/09SCIB-DB/ASM/AidToSM-1.html>
   <http://www.scout-ib.net/09SCIB-DB/ASM/AidToSM-2.html>
   AIDS TO SCOUTMASTERSHIP (隊長の手引) ( ScoutMedia ウェブサイト)
   <http://media.scoutwiki.org/images/c/cd/Aids_to_Scoutmastership.pdf>
   ROVERING TO SUCCESS (カナダ ScoutsCan.com ウェブサイト)
   <http://www.thedump.scoutscan.com/rts.pdf>
   SCOUTING AND YOUTH MOVEMENTS(スカウティング青少年運動)(ScoutsCan.comウェブサイト)
   <http://www.thedump.scoutscan.com/scoutyouth.pdf>
   The Patrol System and Letters to a Patrol Leader (ScoutsCan.comウェブサイト)
   <http://www.thedump.scoutscan.com/Patrol%20System.pdf>
   POLICY, ORGANISATION AND RULES 1938 (BPSA-US ウェブサイト)
   <http://bpsa-us.org/wp-content/uploads/2013/06/1938_POR.pdf>




メールフォーム
 差し支えなければご意見ご感想等をお送りください。
    
 返事ご希望の方はメールアドレスをご記入ください。
 メールアドレス:

    無料掲示板または掲示板レンタル  



スカウティング フォア ボーイズ に記された B-P スピリット アクセスカウンター SFB
このホームページは個人の責任で開設しております。掲載資料は引用の範囲で利用しているものであり、関連の個人・諸団体とは何の関係もありません。