戦陣訓



  戰 陣 訓


陸訓第一號
本書ヲ戰陣道徳昂揚ノ資ニ供スベシ
   昭和十六年一月八日
陸軍大臣 東 條 英 機  



 戰陣訓
  目次

本訓 其の一
本訓 其の二
本訓 其の三
 第一 戰陣の戒
 第二 戰陣の嗜




戰陣訓せんぢんくん

 じよ

戰陣せんぢんは、 大命たいめいもとづき、 皇軍くわうぐん神髓しんずゐ發揮はつきし、 むればかならり、 たたかへばかならち、 あまね皇道かうどう宣布せんぷし、 てきをしてあふいで御稜威みいづ尊嚴そんげん感銘かんめいせしむるところなり。 されば戰陣せんぢんのぞものは、 ふか皇國くわうこく使命しめいたいし、 かた皇軍くわうぐん道義だうぎし、 皇國くわうこく威徳ゐとく四海しかい宣揚せんやうせんことをせざるべから 
おもふに軍人精神ぐんじんせいしん根本義こんぽんぎは、 かしこくも軍人ぐんじんたまはりたる勅諭ちよくゆ炳乎へいことしてあきらかなり。 しかして戰闘竝せんとうならび訓練等くんれんとうくわん準據じゆんきよすべき要綱えうかうは、 又典令またてんれい綱領かうりやう教示けうしせられた しかるに戰陣せんぢん環境くわんきやうたる、 もすれば眼前がんぜん事象じしやうとらはれて大本たいほんいつし、 とき行動軍人かうどうぐんじん本分ほんぶんもどるがごときことなしとせ ふかつつしまざるべけん すなは既徃きわう經驗けいけんかんがみ、 つね戰陣せんぢんおい勅諭ちよくゆあふぎてこれ服行ふくかう完璧くわんぺきせむがため具體的ぐたいてき行動かうどう憑據ひようきよしめし、 もつ皇軍道義くわうぐんだうぎ昂揚かうやうはからんと これ戰陣訓せんぢんくん本旨ほんしとするところ 


本訓ほんくん いち

 第一だいいち 皇國くわうこく

大日本だいにつぽん皇國くわうこく 萬世一系ばんせいいつけい天皇てんわうかみおはしまし、 肇國てうこく皇謨くわうぼ紹繼せうけいして無窮むきゆう君臨くんりんたまふ。 皇恩くわうおん萬民ばんみんあまねく、 聖徳八紘せいとくはつくわう光被くわうひ 臣民亦しんみんまた忠孝勇武ちゆうかうゆうぶ祖孫相承そそんあひうけ、 皇國くわうこく道義だうぎ宣揚せんやうして天業てんげふ翼贊よくさんたてまつり、 君民一體くんみいつたいもつ國運こくうん隆昌りゆうしやういた 
戰陣せんぢん將兵しやうへいよろしく國體こくたい本義ほんぎ體得たいとくし、 牢固ろうこ不拔ふばつ信念しんねん堅持けんぢし、 ちかつて皇國守護くわうこくしゆご大任たいにん完遂くわんすゐせんことをすべ 

 第二だいに 皇軍くわうぐん

ぐん天皇統帥てんわうとうすゐもと神武しんぶ精神せいしん體現たいげんし、 もつ皇國くわうこく威徳ゐとく顯揚けんやう皇運くわううん扶翼ふよく任ずにん 
つね大御心おほみこころほうじ、 せいにしてにしてじん世界せかい大和たいわげんずるものこれ神武しんぶ精神せいしん げんなるべしじんあまねきを要すえう いやしく皇軍くわうぐんこうするてきあら 烈々れつれつたる武威ぶゐふる断乎だんここれ撃碎げきさいすべ 假令峻嚴たとひしゆんげんてき屈服くつぷくせしむとも、 ふくするはたずしたがふはいつくしむのとくくるあらば、 いまもつまつたしとは難しがた おごらずじんかざらず、 おのづかあふるるをもつたふとしとな 皇軍くわうぐん本領ほんりよう恩威おんゐならおこなはれ、 あまね御綾威みいづあふがしむるに在りあ 

 第三だいさん 軍紀ぐんき

皇軍軍紀くわうぐんぐんき眞髓しんずゐは、 かしこくも大元帥だいげんすゐ陛下へいかたいたてまつ絶對ぜつたい隨順ずゐじゆん崇高すうかうなる精神せいしん存すそん  
上下齊しやうかひとしく統帥とうすゐ尊嚴そんげんなる所以ゆゑん感銘かんめいし、 かみ大權たいけん承行しやうかう謹嚴きんげんにし、 しもつつしんで服從ふくじゆう至誠しせいいたすべ 盡忠じんちゆう赤誠せきせい相結あひむすび、 脈絡一貫みやくらくいつくわん全軍一令ぜんぐんいちれいもと寸毫紊すんがうみだるるなきは、 これ戰捷必須せんせふひつす要件えうけんにして、 又實またじつ治安確保ちあんかくほ要道えうだう 
とく戰陣せんぢんは、 服從ふくじゆう精神實践せいしんじつせん極致きよくち發揮はつきすべきところ 死生困苦しせいこんくかんしよし、 命令一下欣然めいれいいつかきんぜんとして死地しぢとうじ、 默々もくもくとして獻身服行けんしんふくかうじつぐるもの、 じつ軍人精神ぐんじんせいしん精華せいくわ 

 第四だいし 團結だんけつ

ぐんは、 かしこくも大元帥だいげんすゐ陛下へいか頭首とうしゆあふ奉るたてまつ  あつ聖慮せいりよたいし、 忠誠ちゆうせい至情しじやうし、 擧軍きよぐん一心一體いつしんいつたいじついたさざるべから 。  
軍隊ぐんたい統率とうそつ本義ほんぎのつとり、 隊長たいちやう核心かくしんとし、 鞏固きようこにしてしか和氣わき藹々あいあいたる團結だんけつ固成こせいすべ 上下各々其しやうかおのおのそぶん嚴守げんしゆし、 つね隊長たいちやう意圖いとしたがひ、 誠心まごころ腹中ふくちゆうき、 生死利害せいしりがい超越てうゑつして、 全體ぜんたいためおのれぼつするの覺悟かくごなかるべから 

 第五だいご 協同けふどう

諸兵心しよへいこころいつにし、 おのれ任務にんむ邁進まいしんするとともに、 全軍ぜんぐん戰捷せんせふため欣然きんぜんとして沒我ぼつが協力けふりよく精神せいしん發揮はつきすべ 
各隊かくたいたがひ任務にんむおもんじ、 名譽めいよたふとび、 相信あひしん相援あひたすけ、 みづかすすんで苦難くなんき、 戮力協心りくりよくけふしん相携あひたづさへて目的達成もくてきたつせいため力闘りきとうせざるべから 

 第六だいろく 攻撃精神こうげきせいしん

およ戰闘せんとう勇猛果敢ゆうもうくわかんつね攻撃精神こうげきせいしんもつ一貫いつくわんすべ 
攻撃こうげきあたりては果断積極くわだんせききよく機先きせんせいし、 剛毅不屈がうきふくつてき粉碎ふんさいせずんばまざるべ 防禦ばうぎよまた攻勢こうせい鋭氣えいき包藏はうざうし、 かなら主動しゆどう地位ちゐ確保かくほ 陣地ぢんちすともてきすることなか 追撃ついげき断々乎だんだんことしてまで徹底的てつていてきなるべ 
勇徃邁進ゆうわうまいしん百事ひやくじおそれず、 沈著大膽ちんちやくだいたん難局なんきよくしよし、 堅忍不拔けんにんふばつ困苦こんくち、 あらゆる障碍しやうがい突破とつぱして一意勝利いちいしようり獲得くわくとく邁進まいしんすべ 

 第七だいしち 必勝の信念ひつしよう  しんねん

しんちから みづかしん毅然きぜんとしてたたか者常ものつね勝者しようしや 
必勝ひつしよう信念しんねん千磨必死せんまひつし訓練くんれん生ずしやう  すべから寸暇すんかしみ肝膽かんたんくだき、 かならてきつの實力じつりよく涵養かんやうすべ 
勝敗しようはい皇國くわうこく隆替りゆうたい關すくわん  光輝くわうきあるぐん歴史れきしかんがみ、 百戰百勝ひやくせんひやくしよう傳統でんとうたいするおのれ責務せきむ銘肝めいかんし、 たずばだんじてむべから 


本訓ほんくん 

 第一だいいち 敬神けいしん

神靈上しんれいかみりて照覽せうらん給ふたま  
こころただをさあつ敬神けいしんまことささげ、 つね忠孝ちゆうかうこころねんじ、 あふいで神明しんめい加護かごぢざるべ 

 第二だいに 孝道かうどう

忠孝一本ちゆうかういつぽんくに道義だうぎ精粹せいすゐにして、 忠誠ちゆうせいまたかなら純情じゆんじやう孝子かうし 
戰陣深せんぢんふか父母ふぼこころざしたいして、 盡忠じんちゆう大義たいぎてつし、 もつ祖先そせん遺風ゐふう顯彰けんしやうせんことをすべ 

 第三だいさん 敬禮擧措けいれいきよそ

敬禮けいれい至純しじゆん服從心ふくじゆうしん發露はつろにして、 また上下一致しやうかいつち表現へうげん 戰陣せんぢんかんとく嚴正げんせいなる敬禮けいれいおこなはざるべから 
禮節れいせつ精神せいしんうち充溢じゆういつし、 擧措謹嚴きよそきんげんにして端正たんせいなるはつよ武人ぶじんたるの證左しようさ 

 第四だいし 戰友道せんいうだう

戰友せんいう道義だうぎは、 大義たいぎもと死生せいし相結あひむすび、 たがひ信頼しんらい至情しじやういたし、 つね切磋琢磨せつさたくまし、 緩急相救くわんきふあひすくひ、 非違相戒ひゐあひいましめて、 とも軍人ぐんじん本分ほんぶんまつたうするに在りあ 

 第五だいご 率先躬行そつせんきゆうかう

幹部かんぶ熱誠ねつせいもつ百行ひやくかうはんたるべ かみただしからざけばしもかならみだ 
戰陣せんぢん實行じつかうたつと もつしゆうさきんじ毅然きぜんとしておこなふべ 

 第六だいろく 責任せきにん

任務にんむ神聖しんせい 責任せきにんきはめて重しおも  一業一務いちげふいちむゆるがせにせず、 心魂しんこん傾注けいちゆうして一切いつさい手段しゆだんくし、 これ達成たつせい遺憾いかんなきをすべ 
責任せきにんおもんずるもの是眞これしん戰場せんぢやうける最大さいだい勇者ゆうしや 

 第七だいしち 死生觀しせいくわん

死生しせいつらぬくものは崇高すうかうなる獻身奉公けんしんほうこう精神せいしん 
生死せいし超越てうえつ一意任務いちいにんむ完遂くわんすゐ邁進まいしんすべ 身心一切しんしんいつさいちからくし、 從容しようようとして悠久いうきう大義たいぎくることをよろこびとすべ 

 第八だいはち 名を惜な おしむ

はぢもの強しつよ  つね郷黨家門きやうたうかもん面目めんぼくおもひ、 愈々奮勵いよいよふんれいして期待きたいこたふべ 
きて虜囚りよしうはづかしめけず、 して罪禍ざいくわ汚名おめいのこすことなか 

 第九だいく 質實剛健しつじつがうけん

質實しつじつもつ陣中ぢんちゆう起居ききよりつし、 剛健がうけんなる士風しふう作興さくこうし、 旺盛わうせいなる士氣しき振起しんきすべ 
陣中ぢんちゆう生活せいくわつ簡素かんそならざるべから 不自由ふじいうつねなるをおもひ、 毎事節約まいじせつやくつとむべ 奢侈しやし勇猛ゆうまう精神せいしんむしばむものな 

 第十だいじふ 清廉潔白せいれんけつぱく

清廉潔白せいれんけつぱくは、 武人氣節ぶじんきせつつてところ おのれつことあたはずして物慾ぶつよくとらはるるものいかでか皇國くわうこく身命しんめいささぐるを得んえ 
するに冷嚴れいげん ことしよするに公正こうせい おこなひて俯仰天地ふぎやうてんちぢざるべ 


本訓ほんくん さん

 第一だいいち 戰陣せんぢんいましめ

一 一瞬いつしゆん油断ゆだん不測ふそく大事だいじ生ずしやう  つねそなげんいましめざるべから 
敵及住民てきおよびぢゆうみん輕侮けいぶするを 小成せうせいやすんじてらういとふこと勿れなか  不注意ふちゆうい亦災禍またさいくわいんるべ 

二 軍機ぐんきまもるに細心さいしん 諜者てふじやつね身邊しんぺん在りあ 

三 哨務せうむ重大ぢゆうだい 一軍いちぐん安危あんきになひ、 一隊いつたい軍紀ぐんき代表すだいへう  よろしくもつおもきににんじ、 嚴肅げんしゆくこれ服行ふつこうすべ 哨兵せうへい身分みぶんまたふかこれ尊重そんちようせざるべから 

四 思想戰しさうせんは、 現代戰げんだいせん重要ぢゆうえうなる一面いちめん 皇國くわうこくたいする不動ふどう信念しんねんもつて、 てき宣傳欺瞞せんでんぎまん破摧はさいするのみならず、 すすんで皇道かうどう宣布せんぷつとむべ 

五 流言りうげん蜚語ひご信念しんねんよわきに生ずしやう  まどふことなかれ、 どうずることなか 皇軍くわうぐん實力じつりよく確信かくしんし、 あつ上官じやうくわん信頼しんらいすべ 

六 敵産てきさん敵資てきし保護ほご留意りういするを要すえう  徴發ちようはつ押収あうしう物資ぶつし燼滅等じんめつとうすべ規定きていしたがひ、 かなら指揮官しきくわんめいるべ 

七 皇軍くわうぐん本義ほんぎかんがみ、 仁恕じんじよ心能こころよ無辜むこ住民ぢゆうみん愛護あいごすべ 

八 戰陣せんぢんいやしく酒色しゆしよくこころうばはれ、 また慾情よくじやうられて本心ほんしんうしなひ、 皇軍くわうぐん威信ゐしんそんじ、 奉公ほうこうあやまるがごときことあるべから ふか戒愼かいしんし、 だんじて武人ぶじん清節せいせつけがさざらんことをすべ 

九 いかりおさ不滿ふまんせいすべ 。 「いかりてきおもへ」と古人こじんおしへた 一瞬いつしゆん激情悔げきじやうくい後日ごじつのこすこと多しおお  
軍法ぐんぱふ峻嚴しゆんげんなるはとく軍人ぐんじん榮譽えいよ保持ほぢし、 皇軍くわうぐん威信ゐしんまつたうせんがため つね出征當時しゆつせいたうじ決意けつい感激かんげきとを想起さうきし、 はるかにおもひ父母妻子ふぼさいし眞情しんじやうせ、 假初かりそめにも罪科ざいくわさらすことなか 

 第二だいに 戰陣せんぢんたしなみ

一 尚武しやうぶ傳統でんとうつちかひ、 武徳ぶとく涵養かんやう技能ぎのう練磨れんまつとむべ 
毎事退屈まいじたいくつするなかれ」とはふる武將ぶしやう言葉ことばにもえた 

二 後顧こうこうれひちて只管ひたすら奉公ほうこうみちはげみ、 つね身邊しんぺんととのへて死後しごきよくするのたしなみ肝要かんえう 
かばね戰野せんやさらすはもとより軍人ぐんじん覺悟かくご たと遺骨いこつかえらざることあるも、 あえとせざるやうかね家人かじんふくくべ 

三 戰陣せんぢん病魔びようまたふるるは遺憾いかんきはみ とく衞生えいせいおも おのれ不節制ふせつせい奉公ほうこう支障ししやうきたすがごときことあるべから 

四 かたなたましひとしうまたからせる武士ぶしたしなみこころとし、 戰陣せんぢん間常かんつね兵器資材へいきしざい尊重そんちようし、 馬匹ばひつ愛護あいご 

五 陣中ぢんちゆう徳義とくぎ戰力せんりよくもと つね他隊たたい便益べんえきおもひ、 宿舍しゆくしや物資ぶつし獨占どくせんごときはつつしむべ 
鳥蹟とりあとにごさず」と言へりい  雄々ををしくゆかしき皇軍くわうぐんめいを、 異郷邊土いきやうへんどにもながつたへられたきものな 

六 そうじて武勳ぶくんほこらず、 こうひとゆづるは武人ぶじん高風かうふうとするところ 
榮達えいだつねたまずおのれみとめられざるをうらまず、 かへりみてまことらざるをおもふべ 

七 諸事正直しよじせいちよくむねとし、 誇張虚言こちやうきよげんはぢとせ 

八 つね大國民だいこくみんたるの襟度きんどし、 せいつらぬきて皇國くわうこく威風ゐふう世界せかい宣揚せんやうすべ 
國際こくさい儀禮ぎれい亦輕またかろんずべから 

九 萬死ばんし一生いつせう歸還きくわん大命たいめいよくすることあらば、 つぶさおもひ護國ごこく英靈えいれい致しいた  言行げんかうつつしみて國民こくみんはんとなり、 愈々いよいよ奉公ほうこう覺悟かくごかたくすべ 


 むすぴ

以上いじやうぶるところは、 ことごと勅諭ちよくゆはつし、 又之またこれするものな 。 さればこれ戰陣道義せんぢんだうぎ實践じつせんし、 もつ聖諭服行せいゆふくかう完璧くわんぺきせざるべから 
戰陣せんぢん將兵しやうへいすべから趣旨しゆしたいし、 愈々いよいよ奉公ほうこう至誠しせいぬきんで、 軍人ぐんじん本分ほんぶんまつたうして、 皇恩くわうおんあつきにこたたてまつるべ 




 振り仮名については、財団法人国民工業学院が、昭和十六年一月に発行した、「戰陣訓」を参考にしました。
 財団法人国民工業学院は、工人育成を目的に、昭和五年に設立され、工業教科書等を刊行する学院だったようです。
 頒布の意図は、陸軍大臣東條英樹が公布した「戦陣訓」の精神は、産業戦士ともいうべき工員にとっても有意義なものであるということで頒布されたと記載されています。

二〇〇五・八・一五 登載
「教育勅語」 「軍人勅諭」
【参考資料集】



アクセスカウン ター WB6