軍人勅諭



  軍 人 勅 諭

明治十五年(一八八二年) 一月四日
陸軍省達乙第二号


わがくに軍隊ぐんたい世々よよ天皇てんわう統率とうそつたまところにそある むかし神武天皇じんむてんわう つから大伴おほとも物部もののべつはものともをひき中國なかつくにのまつろはぬものともをたいらたま高御座たかみくらかせられて 天下あめのしたしろしめしたまひしより二千五百 有餘年いうよねんぬ 此間このあひださまうつかはるにしたがひて 兵制へいせい沿革えんかくまたしばしばなりき  いにしへ天皇てんわうつから軍隊ぐんたいひきたま御制おんおきてにて ときありては 皇后くわうごう皇太子くわうたいしかはらせたまふこともありつれと 大凡おほよそ兵權へいけん臣下しんかゆだたまふことはなかりき 中世なかつよいたりて 文武ぶんぶ制度せいど みな唐國風からくにぶりならはせたま六衛府りくゑふ左右馬寮さうめりやう防人さきもりなとまうけられしかは 兵制へいせいととのひたれとも 打續うちつづける昇平しやうへいれて 朝廷てうてい政務せいむやうやく文弱ぶんじやくながれけれは 兵農へいのうおのつからふたつわかいにしへ徴兵ちようへいはいつとなく壮兵さうへい姿すがたかはつひ武士ぶしとなり 兵馬へいばけん一向ひたすらその武士ぶしともの棟梁とうりやうたるものみだれとも政治せいぢ大權たいけんまた其手そのておよそ七百年    ねんあひだ 武家ぶけ政治せいぢとはなりぬ さまうつかはりてかくなれるは 人力ひとのちからもて挽回ひきかへすへきにあらすとはいひなから かつわが國體こくたいもどかつわが祖宗そそう御制おんおきてそむたてまつ浅間あさましき次第しだいなりき  くだりて弘化こうくわ嘉永かえいころより 徳川とくがは幕府ばくふそのまつりごとをとろあまつさへ外國ぐわいこくことともおこりて そのあなどりをもけぬへきいきほいせまりけれは ちん皇祖おぼぢのみこと仁孝天皇にんかうてんわう 皇考ちちのみこと孝明天皇かうめいてんわう いたく宸襟しんきんなやまたまひしこそかたじけなくもまたかしこけれ しかるにちんいとけなくして天津日嗣あまつひつぎけしはじめ 征夷大将軍せいいたいしやうぐん其政權そのせいけん返上へんじやう大名小名だいみやうせうみやうその版籍はんせき奉還はうくわんとしすして海内くわいだい一統いつとうとなり いにしへ制度せいどふくしぬ これ文武ぶんぶ忠臣ちゆうしん良弼りやうひつありて ちん輔翼ほよくせる功績いさをなり 歴世祖宗れきせいそそうもはら蒼生さうせいあはれたまひし遺澤ゆゐたくなりといへとも しかしながら我臣民わがしんみん其心そのこころ順逆じゆんぎやくことわりわきま大義たいぎおもきをれるかゆゑにこそあれ されは此時このときおい兵制へいせいあらた我國わがくにひかり耀かがやかさんとおもこの十五年    ねんほど陸海軍りくかいぐんせいをはいまさま建定たてさだめぬ  それ兵馬へいば大權たいけんちんふるところなれは 其司々そのつかさづかさをこそ臣下しんかにはまかすなれ その大綱たいかうちんみづからこれあへ臣下しんかゆだぬへきものにあらす 子々孫々ししそんそんいたるまてあつ斯旨このむねつた天子てんし文武ぶんぶ大權たいけん掌握しやうあくするのぞんして ふたたび中世以降ちゆうせいいこうごと失體しつたいなからんことをのぞむなり ちん汝等なんぢら軍人ぐんじん大元帥だいげんすゐなるそ されはちん汝等なんぢら股肱ここうたの汝等なんぢらちん頭首とうしゆあふきてそ そのしたしみことふかかるへき  ちん國家こくか保護はうごして 上天しやうてんめぐみおう祖宗そそうおんむくいまゐらすることるもさるも 汝等なんぢら軍人ぐんじん其職そのしよくつくすとつくささるとにるそかし 我國わがくに稜威みいづふるはさることあらは 汝等なんぢらちんそのうれひともにせよ わが武維ぶこれあがりてそのえい耀かがやかさは ちん汝等なんぢらそのほまれともにすへし 汝等なんぢらみな其職そのしよくまもちん一心ひとつこころになりて ちから國家こくか保護はうごつくさは 我國わがくに蒼生さうせいなが太平たいへいさいはひ我國わがくに威烈ゐれつおほい世界せかい光華くわうくわともなりぬへし ちんかくふか汝等なんぢら軍人ぐんじんのぞむなれは なほ訓諭をしえさとすへきことこそあれ いてやこれ  

一 軍人ぐんじん忠節ちゆうせつつくすを本分ほんぶんとすへし およそせい我國わがくにくるもの たれかはくにむくゆるのこころなかるへき して軍人ぐんじんたらんもの此心このこころかたからてはものいようへしともおもはれす 軍人ぐんじんにして報國ほうこくこころ堅固けんごならさるは 如何程いかほど技藝ぎげいねつ學術がくじゆつちやうするも なほ偶人ぐうじんにひとしかるへし その隊伍たいごととの節制せつせいただしくとも 忠節ちゆうせつぞんせさる軍隊ぐんたいことのぞみて烏合うがふしゆうおなじかるへし そもそも國家こくか保護はうご國權こくけん維持ゆゐぢするは兵力へいりよくれは 兵力へいりよく消長せうちやうこれ國運こくうん盛衰せいすいなることをわきま世論せいろんまどはす 政治せいぢかかはらす 只々ただただ一途いつづおのれ本分ほんぶん忠節ちゆうせつまも山嶽さんがくよりもおも鴻毛こうもうよりもかろしと覺悟かくごせよ そのみさをやぶりて不覺ふかく汚名おめいくるなか  

一 軍人ぐんじん禮儀れいぎただしくすへし およそ軍人ぐんじんにはかみ元帥げんすゐよりしも一卒いつそついたるまて 其間そのあひだ官職くわんしよく階級かいきふありて統屬とうぞくするのみならす 同列同級どうれつどうきふとても停年ていねん新舊しんきうあれは 新任しんにんもの舊任きうにんのものに服從ふくじゆうすへきものそ 下級かきふのものは 上官じやうくわんめいうけたまはること じつただちちんめいうけたまはなりと心得こころえよ おのれ隷屬れいぞくするところにあらすとも 上級じやうきふもの勿論もちろん 停年ていねんおのれよりふるきものにたいしては へて敬禮けいれいつくすへし また上級じやうきふもの下級かきふのものにむかいささか輕侮驕傲けいぶけうがう振舞ふるまいあるへからす 公務こうむため威厳ゐげんしゆとするとき格別かくべつなれとも 其外そのほかつとめてねんごろ取扱とりあつか慈愛じあい専一せんいつ心掛こころが上下しやうか一致いつちして王事わうじ勤勞きんらうせよ もし軍人ぐんじんたるものにして禮儀れいぎみだかみうやまはすしもめぐますして 一致いつち和諧くわかいうしなひたらんには ただ軍隊ぐんたい蠧毒とどくたるのみかは 國家こくかためにもゆるしがた罪人ざいにんなるへ  

一 軍人ぐんじん武勇ぶゆうたふとふへし それ武勇ぶゆう我國わがくににてはいにしへよりいともたふとへるところなれは 我國わがくに臣民しんみんたらんもの 武勇ぶゆうなくてはかなふまし して軍人ぐんじんたたかひのぞてきあたるのしよくなれは 片時かたとき武勇ぶゆうわすれてよかるへきか さはあれ武勇ぶゆうには大勇たいゆうあり小勇しようゆうありておなじからす 血気けつきにはやり粗暴そぼう振舞ふるまひなとせんは武勇ぶゆうとはがたし 軍人ぐんじんたらむものはつね義理ぎりわきま胆力たんりよく思慮しりよつくしてことはかるへし 小敵しやうてきたりともあなどらす 大敵たいてきたりともおそれす おのれ武職ぶしよくつくさむこそ まこと大勇たいゆうにはあれ されは武勇ぶゆうたふとふものは 常々つねづねひとまじはるには温和おんくわ第一だいいちとし 諸人しよにん愛敬あいけいむと心掛こころがけよ よしなきゆうこのみて猛威まうゐふるひたらは はて世人よのひといみきらいて 豺狼さいらうなとのごとおもひなむ こころすへきことにこ  

一 軍人ぐんじん信義しんぎおもんすへし およそ信義しんぎまもることつねみちにはあれと わきて軍人ぐんじん信義しんぎなくては一日いちじつ隊伍たいごなかまじりてあらんことかたかるへし しんとはおのれこと践行ふみおこなとはおのれぶんつくすをいふなり されは信義しんぎつくさむとおもはは はじめより其事そのことへきかへからさるかをつまびらか思考しこうすへし 朧氣おぼろげなること仮初かりそめうべなひて よしなき關係くわんけいむすのちいたりて信義しんぎてんとすれは 進退しんたいきはまりてどころくるしむことあり ゆとも其詮そのせんなし はじめ能々よくよくこと順逆じゆんぎやくわきま理非りひかんが其言そのこと所詮しよせんむへからすと其義そのぎはとてもまもるへからすとさとりなは すみやかとどまるこそよけれ いにしへよりあるい小節せうせつ信義しんぎてんとて大綱たいかう順逆じゆんぎやくあやまあるい公道こうだう理非りひ践迷ふみまよひて私情しじやう信義しんぎまもり あたら英雄豪傑えいゆうがうけつともかわざはひほろぼかばねうへ汚名をめい後世のちのよまでのこせること 其例そのためしすくなからぬものを ふかいましめてやはあるへ  

一 軍人ぐんじん質素しつそむねとすへし およそ質素しつそむねとせされは 文弱ぶんじやくなが輕薄けいはくはし驕奢けふしや華靡くわびふうこのつひには貪汚たんをおちいりてこころざし無下むげいやしくなり 節操せつそう武勇ぶゆうその甲斐かひなく 世人よのひとつまはしきせらるゝまでいたりぬへし 其身そのみ生涯しやうがい不幸ふこうなりといふも中々なかなかをろかなり 此風このふうひとたひ軍人ぐんじんあひだおこりては 傳染病でんせんびやうごと蔓延まんえん士風しふう兵気へいきとみおとろへぬへきことあきらかなり ちんふかこれおそれて さき免黜めんちゆつ條例でうれい施行しこうほぼ此事このこといましきつれと なほその悪習あくしふいでんことをうれひて心安こころやすからねは ことさらまたこれをしふるそかし 汝等なんぢら軍人ぐんじんゆめこの訓誡をしえ等閑なほざりになおも  

みぎ五ヶ條   でう軍人ぐんじんたらむものしばしゆるがせにすへからす さてこれをこなはんには ひとつ誠心まごころこそ大切たいせつなれ そもそもこの五ヶ條   でうわれ軍人ぐんじん精神せいしんにして ひとつ誠心まごころまた五ヶ條   でう精神せいしんなり 心誠こころまことならされは 如何いかなる嘉言かげん善行ぜんかうみなうはへの装飾かざりにて なにようにかはつへき こころたにまことあれは 何事なにごとるものそかし してやこの五ヶ條   でう天地てんち公道こうだう 人倫じんりん常經じやうけいなり おこなやすまもやすし 汝等なんぢら軍人ぐんじん ちんをしえしたがひて此道このみちまもおこなくにむくゆるのつとめつくさは 日本國にほんこく蒼生さうせいこぞりてこれよろこひなん ちん一人いちにんよろこびのみならん  

明治十五年一月四 
御名 




 振り仮名は、軍隊手帳を参考にしました。

二〇〇五・五・二五 登載
「教育勅語」 「戦陣訓」
【参考資料集】



アクセスカウン ター WB5