近衞文麿の上奏文

昭和二十年二月十四日拝謁上奏


敗戰は遺憾ながら最早必至なりと存候。以下此の前提の下に申述べ候。
敗戰は我國體の一大瑕瑾たるべきも、英米の輿論は今日迄の所國體の變更とまでは進み居らず(勿論一部には過激論あり、又將來いかに變化するやは測知し難し)。隨つて敗戰だけならば、國體上はさまで憂ふる要なしと存候。
國體護持の立前より最も憂ふべきは、敗戰よりも敗戰に伴うて起ることあるべき共産革命に候。
つら〳〵思ふに、我國内外の状勢は、今や共産革命に向つて急速度に進行しつゝありと存候。
即ち國外に於てはソ聯の異常なる進出に御座候。我國民はソ聯の意圖を的確に把握し居らず、かの一九三五年人民戰線戰術、即ち二段革命戰術採用以來、殊に最近コミンテルン解散以來、赤化の危險を輕視する傾向顯著なるが、これは皮相安易なる見方と存候。
ソ聯が、窮極に於て世界赤化政策を捨てざる事は、最近歐洲諸國に對する露骨なる策動により、明瞭となりつゝある次第に御座候。ソ聯は歐洲に於て、其周邊諸國にはソヴィエット的政權を、爾餘の諸國には少くも親ソ容共政權を樹立せんとて、着々其工作を進め、現に大部分成功を見つゝある現状に有之候。
ユーゴーのチトー政權は、其の最典型的なる具體表現に御座候。波蘭に對しては、豫めソ聯内に準備せる波蘭愛國者聯盟を中心に新政權を樹立し、在英亡命政權を問題とせず押切り候。羅馬尼、勃牙利、芬蘭に對する休戰條件を見るに、内政不干渉の原則に立ちつゝも、ヒットラー支持團體の解散を要求し、實際上ソヴィエット政權に非ざれば存在し得ざる如く強要致し候。イランに對しては、石油利權の要求に應ぜざるの故を以て、内閣總辭職を強要致し候。
瑞西がソ聯との國交開始を提議せるに對し、ソ聯は瑞西政府を以て親樞軸的なりとて一蹴し、之が爲外相の辭職を餘儀なくせしめ候。
米英占領下の佛蘭西、白耳義、和蘭に於ては、對獨戰に利用せる武裝蜂起團と、政府との間に深刻なる鬪爭續けられ、是等諸國は何れも政治的危機に見舞はれつゝあり。而して是等武裝團を指導しつゝあるものは、主として共産系に御座候。
獨逸に對しては波蘭に於けると同じく、已に準備せる自由獨逸委員會を中心に新政權を樹立せんとする意圖あるべく、これは英米にとり、今は頭痛の種なりと存ぜられ候。
ソ聯はかくの如く、歐洲諸國に對し、表面は内政不干渉の立塲をとるも、事實に於ては極度の内政干渉をなし、國内政治を親ソ的方向に引きずらんと致し居り候。ソ聯のこの意圖は、東亞に對しても亦同樣にして、現に延安にはモスコウより來れる岡野を中心に、日本解放聯盟組織せられ、朝鮮獨立同盟、朝鮮義勇軍、臺灣先鋒隊等と連携、日本に呼びかけ居り候。
かくの如き形勢より推して考ふるに、ソ聯はやがて日本の内政にも干渉し來る危險充分ありと存ぜられ候(即ち共産黨公認、共産主義者入閣――ドゴール政府、バドリオ政府に要求せし如く――治安維持法及び防共協定の廢止等々)。
飜つて國内を見るに、共産革命達成のあらゆる條件日々具備せられ行く觀有之候。即ち生活の窮乏、勞働者發言權の増大、英米に對する敵愾心昂揚の反面たる親ソ氣分、軍部内一味の革新運動、之に便乘する所謂新官僚の運動、及び之を背後より操る左翼分子の暗躍等々に御座候。
右の内特に憂慮すべきは、軍部内一味の革新運動に有之候。少壯軍人の多數は、我國體と共産主義は兩立するものなりと信じ居るものの如く、軍部内革新論の基調も亦こゝにありと存候。皇族方の中にも此の主張に耳傾けらるゝ方ありと仄聞いたし候。
職業軍人の大部分は、中以下の家庭出身者にして、其の多くは共産的主張を受け入れ易き境遇にあり、只彼等は軍隊教育に於て、國體觀念丈は徹底的に叩き込まれ居るを以て、共産分子は國體と共産主義の兩立論を以て彼等を引きずらんとしつゝあるものに御座候。
抑も滿洲事變、支那事變を起し、之を擴大して遂に大東亞戰爭にまで導き來れるは、是等軍部一味の意識的計畫なりしこと今や明瞭なりと存候。滿洲事變當時、彼等が事變の目的は國内革新にありと公言せるは有名なる事實に御座候。支那事變當時も、「事變は永引くがよろし、事變解決せば國内革新は出來なくなる」と公言せしは、此の一味の中心人物に御座候。是等軍部内一味の者の革新論の狙ひは、必ずしも共産革命に非ずとするも、これを取卷く一部官僚及民間有志(之を右翼と云ふも可、左翼と云ふも可なり。所謂右翼は國體の衣を着けたる共産主義なり)は、意識的に共産革命に迄引きずらんとする意圖を包藏し居り、無知單純なる軍人、之に躍らされたりと見て大過なしと存候。
此の事は過去十年間、軍部、官僚、右翼、左翼の多方面に亙り交友を有せし不肖が、最近靜かに反省して到達したる結論にして、此の結論の鏡にかけて過去十年間の動きを照し見る時、そこに思ひ當る節々頗る多きを感ずる次第に御座候。不肖は此の間二度迄組閣の大命を拜したるが、國内の相剋摩擦を避けんが爲、出來るだけ是等革新論者の主張を採り入れて、擧國一體の實を擧げんと焦慮せる結果、彼等の主張の背後に潛める意圖を充分に看取する能はざりしは、全く不明の致す所にして、何とも申譯無之、深く責任を感ずる次第に御座候。
昨今戰局の危急を告ぐると共に、一億玉碎を叫ぶ聲次第に勢を加へつゝありと存候。かゝる主張をなす者は所謂右翼者流なるも、背後より之を煽動しつゝあるは、之によりて國内を混亂に陷れ、遂に革命の目的を達せんとする共産分子なりと睨み居り候。
一方に於て徹底的英米撃滅を唱ふる反面、親ソ的空氣は次第に濃厚になりつゝある樣に御座候。軍部の一部には、いかなる犧牲を拂ひてもソ聯と手を握るべしとさへ論ずる者あり、又延安との提携を考へ居る者もありとの事に御座候。
以上の如く國の内外を通じ共産革命に進むべきあらゆる好條件が、日一日と成長致しつゝあり、今后戰局益々不利ともならば、此の形勢は急速に進展可致と存候。
戰局の前途に付き、何等か一縷でも打開の望みありと云ふならば格別なれど、敗戰必至の前提の下に論ずれば、勝利の見込なき戰爭を之以上繼續する事は、全く共産黨の手に乘るものと存候。隨つて國體護持の立塲よりすれば、一日も速かに、戰爭終結の方途を講ずべきものなりと確信仕候。
戰爭終結に對する最大の障碍は、滿洲事變以來、今日の事態にまで時局を推進し來りし軍部内のかの一味の存在なりと存候。彼等は已に戰爭遂行の自信を失い居るも、今迄の面目上、飽く迄抵抗可致者と存ぜられ候。もし此の一味を一掃せずして、早急に戰爭終結の手を打つ時は、右翼左翼の民間有志此の一味と響應して、國内に大混亂を惹起し、所期の目的を達成致し難き恐れ有之候。從つて戰爭を終結せんとすれば、先づ其の前提として、此の一味の一掃が肝要に御座候。此の一味さへ一掃せらるれば、便乘の官僚竝に右翼左翼の民間分子も聲を潛むべく候。蓋し彼等は未だ大なる勢力を結成し居らず、軍部を利用して野望を達せんとするものに外ならざるが故に、其の本を絶てば枝葉は自ら枯るゝものと存候。
尚これは少々希望的觀測かは知れず候へ共、もし是等一味が一掃せらるゝ時は、軍部の相貌は一變し、英米及重慶の空氣或は緩和するに非ざるか、元來英米及重慶の目標は日本軍閥の打倒にありと申し居るも、軍部の性格が變りその政策が改まらば、彼等としても戰爭繼續につき考慮する樣になりはせずやと思はれ候。それは兔も角として、此の一味を一掃し軍部の建て直しを實行する事は、共産革命より日本を救ふ前提先決條件なれば、非常の御勇斷をこそ望ましく奉存候。以上





「細川日記」には、これの最初の「敗戰」の語の後に(此の敗戦の言葉は言上の時危機に改められたりと)と記されています。
「木戸幸一関係文書」内の記述に従えば、近衞は「敗戰」を「最悪ナル事態」に言い換えたとしています。

波蘭(ポーランド)
羅馬尼(ルーマニア)
勃牙利(ブルガリア)
芬蘭(フィンランド)
瑞西(スイス…スウェーデン〔瑞典〕?)
佛蘭西(フランス)
白耳義(ベルギー)
和蘭(オランダ)
獨逸(ドイツ)
モスコウより來れる岡野(岡野進…野坂参三のこと)






 「近衛上奏文」について、近衞文麿が拝謁の場に持参したものは、和紙八枚に記された草稿であって、それを天皇の前で読み上げられたと伝えられています。その草稿の文面について、当時の環境からみて旧字体が用いられていたと思われますが、公刊されている書籍等に載っているものは、どれもが新字体に直されてしまっているようです(片仮名書きであったかどうかはよくわかりません)。ここに示したものは、「情報天皇に達せず 下卷」(細川護貞著 同光社磯部書房 昭和二八年)、「細川日記」(細川護貞著 中央公論社 昭和五三年)、「木戸幸一関係文書」(木戸日記研究会編集 東京大学出版会 一九六六年)等の記述等を参考に、当時の文語文表記の習慣に照らし合わせて、想像して、旧字体文章に構成したものです。ですから実際に用いられた草稿の文面とは異なっているかもしれません。
 もし皆様の中で、これの実際に用いられた草稿の文面をご存知の方がおられましたら、教えてくださることを希望します。



【史料引用版】
【参考資料集】
アクセスカウン ター W14