GHQ覚書 (SCAPIN 404)
救済並福祉計画ノ件 (20.12.8.)     Relief and Welfare Plans      
(1) 日本帝国政府ハ1945年12月31日マデニ、1946年1月ヨリ6月ニ至ル期間ノ失業者及ビソノ他貧困者ニ対ス  ル食糧、衣料、住宅、医療、金融的援助、厚生措置ヲ与エルベキ詳細且ツ包括的計画ヲ最高司令部ニ提出ス  ルコト (2) 該計画ハ次ノ諸項ヲ含ムベキコト  1.計算ノ為使用サレタ基礎ニ関スル説明  2.失業、肉体的欠陥乃至他ノ理由ニヨリ毎日直接ノ援護ヲ要スルモノノ府県別推定数  3.調査及救済実施ニ使用サルベキ地方行政機関ノ記述、併セテ人事政策ニ関スル説明  4.日本経済ノ全源泉カラ補給品、資材及ビ家屋ヲ確保スル方法  5.救済費用ノ県別推定月額 (3) コノ覚書ノ趣旨ハ家計ソノ他収入源泉ガ規定サレタ期間中最低生活ヲ維持スルニ不十分ナ国民ヲ救済スル  適当ナ措置ヲ展開サセル必要ニ基クモノデアル。日本政府ハ日本ニオケル個人モシクハ集団ガ労働能力ノ欠  如、失業アルイハ政治的宗教的並ニ経済的諸理由ニヨリ諸種ノ供給ノ配給ニ差別待遇ヲ受ケルコトヲ防止ス  ル適当ナ措置ヲ即時講ズベキデアル。 (4) 現在ノ救済法令、経費並ニ行政機関ガ入手出来ル物資ノ配給ニ関シテ失業者ヤソノ他ノ貧困ナ人々ニ対シ  差別待遇ヲ防止スルニ不適当デアルト信ゼラレル場合ニハ、コノ覚書ニ対スル回答ニハ新シイ法令、経費並  ニ改善サレタ救済機関ノ設置ヲ明示シマタ救済実施ノ開始予定期日ヲモ明記スベキデアル。モシ日本政府ガ  上記ノ期間中、現在ノ法令、経費、救済機関デ十分ニ救済出来ルト考エルトキニハ、カカル判断ニ対スル証  拠ヲアゲ更ニ現行法令救済規定並ニ関係資材ニ関スル適当ナ参考資料ヲ列記スベキデアル。
SCAPIN 404
GENERAL HEADQUARTERS
SUPREME COMMANDER FOR THE ALLIED POWERS

   AG 044(8 Dec 45)GD
   (SCAPIN 404)
8 December 1945

   MEMORANDUM FOR: IMPERIAL JAPANESE GOVERNMENT
   THROUGH: Central Liaison Office. Tokyo
   SUBJECT: Relief and Welfare Plans

 1.  Imperial Japanese Government will submit to this headquarters, by 31 December 1945, a detailed and comprehensive plan for providing food, clothing, housing, medical care. financial assistance, and welfare services to unemployed and other needy persons in Japan during the period January-June 1946.

 2.  The plan will include:
  a.  A statement of the basis used in calculating requirements;
  b.  A list, by prefecture, of the estimated number of persons who will monthly require direct assistance because of unemployment, physical incapacity, of other cause of dependency;
  c.  A description of the local administrative machinery to be used for investigating and meeting relief needs, including a statement of personnel policy.
  d.  The method of securing supplies, materials, and shelter from the overall sources available to the economy of Japan;
  e.  Estimated monthly cost of relief by prefecture.

 3.  It is the intention of this directive to require the development of adequate measures for the care of persons whose financial and/or other resources are inadequate to maintain minimum living standards during the period indicated. The Imperial Japanese Government will inaugurate immediately necessary measures to prevent any person or group of persons in Japan from being discriminated against in the distribution of available supplies because of inability to work, inability to obtain remunerative employment, or for political, religious or economic beliefs.

 4.  In the event that current relief legislation, appropriations and/or administrative facilities are believed to be inadequate to prevent discrimination against unemployed and other needy persons in the distribution of available supplies; the reply to this memorandum will set forth proposed new legislation, appropriations and/or improved relief administrative facilities which will be developed, with the anticipated date of their inauguration. If the Imperial Japanese Government considers current legislation, appropriations and relief administration adequate to meet probable relief needs during the period stated, the reply will make positive affirmation of this judgment and will cite appropriate references to current legislation, relief regulations and related material.

 5.  Acknowledgement of the receipt of this memorandum is directed.


   FOR THE SUPREME COMMANDER:
/s/ H.W.ALLEN
H.W.ALLEN.
Colonel, A. G. D.,
Asst. Adjutant General.



     閣議決定
生活困窮者緊急生活援護要綱(20.12.15.)
 終戦後ノ国内現状ニ鑑ミ特ニ困窮セル者ニ対シ左記要綱ニ依リ緊急生活援護ノ方途ヲ講ジ以テ当面セル生活困 窮ノ状態ヲ匡救セントス (1) 生活援護ノ対象ト為スベキ者ハ一般国内生活困窮者及左ニ掲グル者ニシテ若シク生活二困窮セルモノトス  1. 失業者  2. 戦災者  3. 海外引揚者  4. 在外者留守家族  5. 傷痍軍人及其家族並ニ軍人ノ遺族 (2) 生活援護ヲ車スル者ノ世帯ノ実情ニ応ジ左ノ方法ニ依ルモノトス  1. 宿泊施設、給食施設及救療施設ノ拡充  2. 衣料、寝具其ノ他ノ生活必需品ノ給与  3. 食料品ノ補給  4. 生業ノ指導斡旋  5. 自家用消費物資、生産資材ノ給与又ハ貸与 (3) 生活援護ノ実施ハ都道府県ノ計画ニ基キ市区町村長ヲシテ当ラシメ町内会長、部落会長、方面委員、社会  事業団体等ヲシテ之ニ協力セシムルモノトス (4) 生活援護ニ要スル経費  既定経費ヲ本要綱ノ趣旨ニ則シ運用スルノ外尚必要経費ハ此ノ際特ニ別途考慮スルモノトス  (備考)  1. 本要綱ノ実施ニ当リテハ取敢ヘズ都市特ニ六大都市並ニ引揚者ノ多数滞留地ニ重点ヲ置クモノトス  2. 本要綱ノ実施ニ当リテハ其ノ徹底ヲ期スル為特ニ全国方面委員ヲ積極的ニ活動セシムルモノトス
     日本政府よりGHQに提出せる文書
救済福祉ニ関スル件 (20.12.31.)
1. 救済福祉ニ関シテハ其ノ事由ノ如何ヲ問ハズ生活困難ナル国民全部ヲ対象トシテ其ノ最低生活ヲ保障スル  コトヲ目的トシ、現行ノ救護法、母子保護法、医療保護法、戦時災害保護法、軍事扶助法等ノ各種援護法令  ヲ全面的ニ調整シ、新ニ国民援護ニ関スル結合的法令ヲ制定シ、国民ノ生活保障ヲ法律ニ依リ確保スルト共  ニ、右ニ伴ヒ政府ノ法令ニ基ク援護ヲ拡充強化スル為新ニ有力ナル民間援護団体ヲ設立スベク急速ニ之ガ準  備ヲ進メツツアリ、然シテ右団体ノ設立ニ当リテハ既存ノ戦災援護会、治外同胞援護会、軍人援護会等ノ各  種団体ヲ整理統合スルモノトス 2. 前項ノ計画確定シ之ガ実施ニ至ル迄ノ間、差シ当リ昭和20年12月15日ノ閣議ニ於テ決定セル「生活困窮者  緊急生活援護要綱」(別添第1号参照)ニ基キ指定セラレタル期間内ノ救済福祉策ヲ開始スル予定ナリ   而シテ、前項ノ計画ノ内容ハ概ネ右要綱ノ内容ヲ拡充強化スルモノニシテ其ノ要旨ハ概ネ左ノ如キモノ  トス (1) 援護ノ対象ハ失業、精神的又ハ身体的欠陥其ノ他ノ理由ニ依リ生活困難ナル者トシ、ソノ人員ハ目下  調査中ナルモ(1946年1月末ノ調査ノ結果ニヨリ一層実情ニ則シタル計数ヲ得ラルベシ)、一応800万人  ト推定ス(別添第2号参照) (2) 援護ハ標準世帯(家族5人)ニ付月額200円ヲ限度トシ世帯人員ノ多少ニ応ジ増減スルモノトス(別  添第3号参照) (3) 援護ハ世帯ノ実情ニ応ジ左ノ方法ニ依リ之ヲ行フモノトス(別添第4号参照)  1. 食糧ノ補給  2. 衣料其ノ他生活必需物資ノ給与  3. 住居ノ確保  4. 療養ノ扶助  5. 生業ノ指導斡旋  6. 金銭ノ給付   前項ニ付テハ能フ限リ現物給与ニ努ムルモノトス   尚補給金、資材及家屋ニ関シテハ現在日本ニ於ケル之等ノ供給能力ハ遺憾ナガラ極メテ制限セラレテ  オル為国民全体ニ対シ十分ニ堤供スルコト不可能ナルモ乏シキ内ニ於テモ出来得ル限リ公平ナル待遇ヲ  受ケシムル趣旨ニ基キ要援護者ニ対シ差当リ別添第1号程度ノ特別措置ヲ講ズルモノトス (4) 引揚者(引揚軍人ヲ含ム)ニ関シテハ其ノ特殊事情ニ鑑ミ前項ニ基ク援護ノ他上陸地及上陸地ヨリ定  着地ニ至ル間ノ応急援護並ニ定着地ニ於ケル家財給与等特別措置ヲ併セ講ズルモノトス (5) 援護ノ徹底ヲ期スル為差シ当リ左ノ方途ヲ講ジ援護機関ノ整備拡充ヲ図ルモノトス  1. 中央並ニ地方ニ於ケル援護担当部局ヲ拡充シ専任指導職員ヲ増置スルモノトス  2. 都道府県ニ有識者ヲ以テ組織スル委員会ヲ設ケ援護事業ノ適正ナル実施ヲ期セシムルモノトス  3. 方面委員ノ拡充強化ヲ図リ其ノ充全ナル活動ヲ期スルノ外社会事業施設ノ積極的活動ヲ促進スル   モノトス (6) 援護ニ要スル経費ニ関シテハ従来ノ経費及ビ2ノ(4)ニ関スル経費ノ外前記「生活困窮者緊急生活援護  要鋼」ニ基キ差当リ2億円ヲ支出スルモノトス   尚全般ノ経費ニ付テハ追テ貴司令部ノ承認ヲ受クルモノトス    別紙(略)
     GHQ覚書(SCAPIN 775)
社 会 救 済   (21.2.27.)
(1) 「救済福祉計画」ニ関スル件1945年12月31日付C・L・O覚書1484ニ関シテハ提出計画案ヲ次ノ条件ニ合  スル様変更ノ処置ヲトラバ日本帝国ニ対シ何等異議アルモノニ非ズ  (イ) 日本帝国政府ハ都道府県並ニ地方政府機関ヲ通ジ差別又ハ優先的ニ取扱ヲスルコトナク平等ニ困窮者   ニ対シテ適当ナル食糧、衣料、住宅並ニ医療措置ヲ与エルベキ単一ノ全国的政府機関ヲ設立スベキコト  (ロ) 日本帝国政府ハ1946年4月30日マデニ本計画ニ対スル財政的援助並ニ実施ノ責任態勢ヲ確立スべキ   コト    従ッテ私的又ハ準政府機関ニ対シ委譲サレ又ハ委任サルベカラザルコト  (ハ) 困窮ヲ防止スルニ必要ナル総額ノ範囲内ニオイテ与エラレル救済ノ総額ニ何等ノ制限ヲ設ケザルコト (2) 日本帝国政府ハ本司令部ニ次ノ報告ヲ提出スベシ  (イ) 此ノ指令ノ条項ヲ完遂スル為メニ日本帝国政府ニヨッテ発セラレタアラユル法令並ニ通牒ノ写  (ロ) 1946年3月ノ期間ニ始マリ次ノ月ノ25日マデニ届ケラレタル救助ヲ与エラレタル家族並ニ個人ノ数及   ビ都道府県ニヨリ支出サレタル資金ノ額ヲ記載シタル月報
   AG 091 (27 Feb. 46) PH/GS/GA/CD          APO 500
   (SCAPIN 775)                    27 February 1946

   MEMORANDUM FOR : IMPERIAL JAPANESE GOVERNMENT
   THROUGH    : Central Liaison Office, Tokyo
   SUBJECT    : Public Assistance


 1. With reference to C.L.O. Memorandum 1484 (1.1) dated 31 December 1945, subject "Relief and Welfare Plans, there is no objection to the Imperial Japanese Government proceeding with the proposed plan altered to conferm to the following conditions.

  a. The Imperial Japanese Government to establish a single National Government agency which through prefectural and local governmental channels will provide adequate food, clothing shelter and medical care equally to all indigent persons without discrimination or preferential treatment.

  b. Not labor than 30 April 1946 financial support and operational responsibility for this program to be assumed by the Imperial Japanese Government and thereafter not to be rendered or delegated to any private or quasi-official agency.

  c. Within the amount necessary to Prevent hardship no limitation to be placed on the amount of relief furnished.


 2. The Imperial Japanese Government will submit the follow reports to this Headquarters.

  a. Copies of all legislation and instructions issued by the Imperial Japanese Government to accomplish the terms of this directive.

  b. Commencing with the period March 1946, a monthly report delivered by the 25th day of the following month stating the number of families and individuals granted assistance and the amount of funds expended by prefecture.


FOR THE SUPREME COMMANDER:




    日本政府のGHQに対する報告
救済福祉に関する政府決定事項に関する件報告(21.4.30.)
 昭和20年12月8日付及昭和21年2月27日付連合国最高司令部覚書ニ基ク救済福祉事業ニ関シテハ大要左記ニ依 リ実務ノ態勢ヲ決定セルニ付此段及報告侯                         記 1. 全困窮者ニ対スル救済ハ凡テ政府ノ斉任ニ於テ平等ニシテ且差別スルコトナク其ノ徹底ヲ期スル為救済福  祉事業ノ実施主体ハ左ノ系統図ニ示スガ如ク単一ノ政府機関ニ依リ之ヲ行フコトトシ且事業実施ニ伴フ経費  トシテ昭和21年国庫予算ニ差当リ4億2994万2340円ヲ計上スルコトトセリ。 2. 救済事業ノ指導監督ニ遺憾ナキヲ期スル為前項実施主体ノ強化ヲ図ルコトトシ新ニ厚生省社会局ニ職員20  名(2級事務官2人、3級事務官8人、雇10人)ヲ増員スルト共ニ都道府県ニ対シテハ救済事業ノ専任指導  職員トシテ 414人(1地方庁当リ2級事務官3人、3級事務官6人、計9人)ヲ増員配置シ人的機構ヲ整備  拡充シ市町村関係職員及方面委員ニ対スル十分ナル指導ヲ為スコトトセリ。     (内閣総理大臣)    厚 生 大 臣     ( 戦災復興院 )     社  会  局        │        (勤労局・衛生局)        └───────────┤                 地 方 長 官                  社 会 課                    │                 地方事務所長                  社 会 課                    │                 市 町 村 長         ┌───────社会課又ハ社会係      補 助 機 関       │       方 面 委 員        │                 被 救 済 者   尚右人的機構ノ整備拡充ニ要スル経費及市町村関係職員、方面委員ノ指導ニ要スル経費トシテ昭和21年度  ニ於テ左ノ通り国庫予算ヲ計上スルコトトセリ。   厚生省ニ於ケル職員増員ニ要スル費用  33,000円   都道府県ニ於ケル専任指導職員ノ設置    ニ要スル費用            681,030円   方面事業ノ指導ニ要スル費用      92,000円   救済事業ノ指導ニ要スル費用      233,476円     計               1,039,506円 3. 全困窮者ニ対スル救済給与金ニ付テハ六大都市ニ於ケル標準世帯(1世帯5人家族)ニ在リテハ月額 250円  ヲ給与ノ限度額トシ、其ノ他ノ市町村ニ在リテハ一定ノ低減率ニ依リ給与額ハ一応ノ標準限度額ヲ示セルモ  ノニシテ給与ノ実際ニ当リテハ地方長官ヲシテ其ノ世帯ノ実情ニ即シ給与額ノ増額ヲ為シ得ルコトトセリ。 4. 社会救済ニ関スル法律ノ実施ニ至ル迄(4月ヨリ6月末日迄)ノ間不取敢実施スベキ生活困窮者ニ対スル  緊急生活援護ニ関シテハ事業ノ性質上政府ノ公基金支出ヲ俟ツコトヲ得ザルヲ以テ既ニ昨年末ヨリ実施中ノ  方法ニ做ヒ都道府県庁又ハ同胞援護会ヲシテ借入金等ニ依リ資金ノ調達ヲ為サシメ生活費ノ給与、副食物ノ  補給、医療(助産ヲ含ム)、生業扶助、生活必需物資ノ配付、家庭常備薬ノ配付、収容施設ノ買収並ニ借  上、授産施設ノ設置、救済用物資ノ入取並ニ配付ヲ実施セシムルコトトセリ。   更ニ又社会救済ニ関スル法律ノ実施後ニ於テモ救済ヲ要スル者ノ生活状態ニ応ジ各期救済ノ実施等社会救  済ニ関スル法律ニ基カザル各種ノ法外援護ヲ実施シ一段ト救済ノ徹底ヲ期スルコトトセリ。   右ノ緊急生活援護ニ要スル経費並ニ社会救済ニ関スル法律実施後ニ於テモ必要トスル各種法外援護ノ為ニ  要スル経費ニ付テハ其ノ金額ヲ国庫ニ於テ負担スルコトトシ昭和21年度ニ於テ左ノ通リ国庫予算ヲ計上スル  コトトセリ。   (1) 緊急生活援護ニ要スル経費      生活費ノ給与、副食物ノ補給、医療      (助産)、生業扶助ニ要スル費用  106,725,215円      埋葬二要スル費用           435,398円      生活必需物資ノ配付ニ要スル費用   14,623,983円      家庭常備薬ノ配付ニ要スル費用    3,072,952円      収容施設ノ買収並ニ借上等ニ要ス       ル費用              17,195,519円      投産施設ノ設置ニ要スル費用     2,524,894円      救済用物資ノ輸送並ニ配付等ニ要       スル費用             6,531,826円        計              151,109,787円   (2) 各種法外援護ニ要スル経費       73,289,235円   (3) 合計                224,339,022円 5. 単一包括的社会救済法タル「生活保護法」ハ来ルベキ帝国議会ニ提案付議ノ上7月ヨリ実施スル予定ノ下  ニ諸般ノ準備ヲ進メツツアルモ本法ニ依ル救済ハ政府ノ責任ニ於テ全困窮者ニ対シ最低生活ノ維持ニ必要ナ  ル最少限度ノ生活費ヲ補給スルコトヲ基本原則トシ救済ノ実施機関ハ市町村長之ニ当リ方面委員ハ補助機関  トシテ市町村長ノ救済事務ヲ補助セシムルコトトシ都道府県長官ハ市町村長ノ行フ救済事務ニ関スル第一次  的監督ヲ行フコトトセリ。   而シテ本法ニ依ル救済ノ種類ハ最低生活ヲ維持スルニ必要ナル生活扶助、医療、助産、生業扶助及助葬ノ  五種目トシ其ノ程度及方法ハ連合軍司令部ノ覚書ニ適当スルヤウ特ニ留意シ別紙(1)ノ如キ法律案要綱(未確  定)ヲ作成セリ。   尚本法施行ニ要スル経費ニ付テハ国庫及地方費ヲ以テ負担スルコトトシ昭和21年度ニ於テ左ノ通リ国庫予  算ヲ計上スルコトトセリ。      生活扶助ニ要スル費用       171,173,976円      医療ニ要スル費用          9,120,000円      助産ニ要スル費用           130,500円      生業扶助ニ要スル費用        3,626,479円      助葬ニ要スル費用           895,500円      施設ノ建設費、事務費等ニ要       スル費用             15,057,357円      方面委員ノ費用弁償ニ要スル費用   4,500,000円        計              204,503,812円 6. 救済事業ノ実効ヲ挙グル為ニハ末端機関タル方面委員ノ活動ニ俟ツ所大ナルモノアルニ鑑ミ前項ノ社会救  済ニ関スル法律ノ制定ト併行シテ現行方面委員令ヲ改正シ新事態ニ即応セル方面委員制度ノ強化拡充ヲ図ル  コトトセリ。 7. 困窺者ニ対スル住宅ノ斡旋供給ニ関シテハ12月31日付「救済福祉計画」回答ノ際6月迄ノ住宅供給計画ト  シテハ6万7000戸ノ住宅建設ト16万9000人分ノ現存建物ノ住宅転用ヲ図ルコトトシ之ガ実施ニ努力セル所現  在迄住宅建設ニ在リテハ4万3000戸ヲ、現存建物ノ住宅転用ニ在リテハ15万人分ノ実績ヲ収メ得ル見込ニシ  テ之ニ要スル経費ハ1億1372万7000円ニ上ル見込ナルモ此後ニ於テハ連合軍総司令部ノ要求ニ基ク住宅建設  ノ為相当ノ資材ヲ必要トスルニ因リ当初計画通リノ数量ヲ実現スルコトハ甚ダ困難ナル状態ニ在ルモ戦災復  興院ト十分ナル連絡ヲ図リ出来得ル限リ既存建物ノ住宅転用ニ努ムル等最善ノ方途ヲ尽シ住宅ノ供給ニ遺憾  ナキヲ期スルコトトセリ。   別紙(略)
政府の私設社会事業団体に対する補助に関する件
                           連合国最高司令官総司令部公衆衛生福祉局                            1946年10月30日 主題:政府の私設社会事業団体に対する補助に関する件 1.上記の主題に関する会合が社会保健福祉部に於て昭和21年10月30日に開催せられて公的扶助と   主題する昭和21年2月27日の日本政府に対する進駐軍司令部の覚書の第一項(B)項の条項を確認   したのである。次の人々が会談に参加した。   ・フェルドマン氏 マ司令部社会保健福祉部福祉課   ・安田社会局庶務課長、養老、松本社会局庶務課事務官   ・内藤、吉田各社全局保護課事務官   ・斎田厚生省渉外事務官 2.私設社会事業団体に対する政府の財政的援助に関する昭和21年2月27日の日本政府に対する進駐   軍司令部覚書の第一項(B)項は次の如く解釈せられ、明確にされねばならぬ。  a.政府資金は私設社会事業団体に対し、以下の(C)項に述べる場合を除いて一時多額の補助金とし    て使用されてはならぬ。  b.私設社会事業団体の創設又は再興に対して政府、府県又は市町村当局は補助金を交付してはならな    い。  c.国庫資金は、国、府、県、市町村の何れを問わず、次の場合に於てのみ、生活困窮者に対する保護    として現存の私設社会事業団体の再興、修理、拡張を行う事に関して使用してよろしい。即ち或る地    方に於ける之等の困窮者に対してそれが最も経済的な且実行し易き方法であると認められたときにの    み国庫資金の使用が可能である。他の公設又は私設社会事業団体で困窮者に対し適用し得るものが存    在する場合には政府資金は上述の目的の為に使用してはならない。  d.上述の(C)項の計画に対する資金の割当は、如何なる場合でも先づ公設社会事業団体に優先的に    与えられねばならぬ。  e.公設社会事業団体が不適当てあったり役に立たぬときは公的扶助で収容を必要とする者を私設社会    事業団体に入れてよろしい。かかる場合には政府資金は之等の団体(病院を含む)に対し平均1人当    りの保護費を超過しない額に於て補償する為に使用してよろしい。此の額は団体の収入金を控除して    現に使用している額に基づいて決定せられるであろう。  f.国庫からの資金が上述の計画に用いられる時は常に厚生大臣の予めの許可が必要である。  g.昭和21年4月30日以降の政府の補助金で上述の条項に反するものは、直ちに中止せらるべきで    ある。但し個々の場合に於てマ司令部の特別許可があった時のみ補助を継続してよろしい。 3.厚生大臣は都道府県に対し上述の政策の解釈と鮮明化に関し通牒し、且今回の政策に反するすべての   既通牒を廃止すべきである。厚生大臣はこの会議の結果発せられる指令の英訳の写をマ司令部社会救済   部へ提出しなければならない。                                 エッチ・ダブリュ・フェルドマン  〔厚生省文書庫保存文書による〕

《「戦後の社会保障資料」(1968.3.30 社会保障研究所編 至誠堂発行)及び「占領期における社会福祉資料に関する研究報告書」(1978.12.30 財団法人社会福祉研究所発行)、「社会福祉関係施策資料集1」(1986.7.27 社会福祉法人全国社会福祉協議会発行)から引用》
 1999.3.20 登載
【参考資料集】
アクセスカウン ター SCA