らい患者救済及び社会復帰国際会議 ローマ,1956 会議の決議
 マルタ騎士教会の主催のもとに、51カ国より、250名の代表の出席を得て、1956年4月16日より、18日 に至る間、ローマにおいて開催された「らい患者救済並びに、社会復帰に関する国際会議」は、らいは 伝染性の低い疾病であり、且つ治療し得るものである事を考慮して、次の事を決議する。 1.a) らいに感染した患者には、どのような特別規則をも設けず、結核など他の伝染病の患者と同様    に取り扱われること。従ってすべての差別法は廃止さるべきこと。   b) らいが問題となっている国においては、公衆にらいの真の性質を理解させ、この病気に結びつ    いている偏見及び迷信を除去する如き啓蒙手段を注意深く講ずること。 2.a) 病気の早期発見及び治療に対し、種々なる手段を講ずること。患者は、その病気の状況が、家    族等に危険を及ぼさない場合には、その家に留めておくべきこと。此れには、心理的に重要にし    て良好な結果が生ずるものである。   b) 経済的及び医学資源が不充分で然も多数の患者を擁する国々においては、らい予防のため集団    治療の運動を実施すること。また入院加療は、特殊医療、或いは外科療法を必要とする病状の患    者のみに制限し、このような治療が完了したときには退院させるべきであること。   c) 児童は、あらゆる生物学上の正しい手段により、感染から保護される可きこと。保育所への収    容は、このようなところに収容されることにより、傷ましい汚名を受けたと感ずるので、絶対的    に必要な場合にのみ実施さるべきこと。   d) 各国政府に対し、高度の身体障害者の為に、厚生省、農林省、文部省等の政府機関を通じ、彼    等の保護及び社会復帰に関し、必要な道徳的、社会的且つ医学的援助を与えるよう奨励するこ    と。此の援助は、患者にも公衆にも有益な心理的効果をもたらすものである。
* * *
 本会議は、病との斗いにおける勝利を、その共同の目的とする献身的な科学者及び社会福祉事業家 を、世界各国より一堂に集められたことについて、マルタ騎士教会に対し深い感謝の意を表するもので ある。
The International Congress for the Relief and Social Rehabilitation of Leprosy Patients Held at Rome, April 16-18, 1956 Resolutions of the Congress
The International Congress for the Relief and Social Rehabilitation of persons suffering from Leprosy, meeting in Rome under the sponsorship of the Sovereign Military Order of Malta from the 1-6th to the 18th of April 1956, comprising 250 delegates from 51 nations, Considering that leprosy is a disease of low contagiousness and amenable to treatment. RESOLVES 1. a) That patients afflicted with the disease be treated as are those suffering from other infectious diseases, tuberculosis for example, without any other special regulations whatsoever; and that, in consequence, all discriminatory laws should be abolished. b) That in countries where leprosy is a problem, carefully planned propaganda measures be taken to promote public understanding of the true nature of leprosy and to remove all prejudices and superstitions associated with the disease. 2. a) That measures be adopted for early discovery and treatment 9f cases. Patients should be left at home provided that the state of their disease does not constitute a danger to their associates; this should have an important favourable psychological effect. b) That in countries where economic and medical resources are inadequate, but where endemicity in high, a mass treatment campaign be undertaken to control the disease; hospitalization should be limited to those whose condition requires special medical and or surgical treatment and should terminate when such treatment is completed. c) That children be protected from infection by every approved biological means. Removal to a preventorium should be resorted to only in cases of absolute necessity because of the distressing stigma attached to the residence in such institutions d) That governments be encouraged to grant to those seriously disabled the moral, social and medical assistance necessary for their protection and rehabilitation, through the agency or various governmental departments, such as social welfare, agriculture, and education, which will have a beneficial psychological effect both on the patients and on the public.
* * *
The Congress expresses its thanks to the Sovereign Military Order of Malta for having brought together, on an internatona1 level, devoted scientific and welfare workers who have as their common objective victory over leprosy. 《「国際らい会議録  Memoranda of the International Congress of Leprology 」  ( 長島愛生園内らい文献目録編集委員会著 裳掛村長濤会 1957.10発行)より引用しました。》




  1950年代に開催された国際らい会議関係資料

■ 第3回汎アメリカらい会議/ヴエノスアイレス/1951
■ WHOらい専門委員会報告/リオデジャネイロ/1952
 MTL国際らい会議/ラクノー/1954
■ らい患者救済及び社会復帰国際らい会議/ローマ/1956







 2011.11.10 登載
【参考資料集】
アクセスカウン ター MO4