世界精神医学会(WPA)「ハワイ宣言」
World Psychiatric Association, Declaration of Hawaii, 1977.8.29


 文明がはじまって以来,倫理は治療技術のもっとも重要な部分であった。現代の社会における医師の忠誠をめぐる葛藤,治療者・患者関係の微妙さ,精神医学的概念,知識,技術が人間性の法則に反する行為のために乱用される可能性などのすべては,精神医学の技術や理論を実践する人たちにたいして,高い倫理的水準を未だかつてないほど必要にしている。

 精神科医は,医学の実践者としてまた社会の構成員として,すべての医師に課せられた倫理的要求およびすべての男女がもつ社会的義務と同時に,精神医学に特有の倫理的問題を考慮しなければならない。

 倫理的行動にとっては鋭い良心と個人的判断力が必須のものである。しかし,精神科医という職業の倫理的かかわり合いを明らかにし,個々の精神科医を導き彼らが良心を形成するのを助けるためには,明文化された規定が必要である。

 そこで世界精神医学会総会は,全世界の精神科医のために以下のような倫理的指導要項を制定した。


 1. 精神医学の目的は,健康と個人的自律と成長を助長することにある。精神科医は,現在認められている科学的および倫理的原理にしたがって,自己の能力の最善をつくし,患者の最大の利益のために奉仕すべきであり,また公共の福祉と健康資源の正しい配置のために配慮すべきである。
 これらの目的を達成するためには,たゆみない研究と,保健医療従事者,患者および公衆にたいする継続的な教育が必要である。

 2. すべての患者は,現在利用しうる最良の治療を提供されねばならず,すべての人間が持つ尊厳性および自己の生命と健康にたいする自律性(自己決定性)を考慮して,細心な配慮と尊敬をもって治療されなければならない。
 精神科医は共同作業者(職員)によって行なわれた治療にたいして責任があり,彼らに適切な監督と教育を行なう義務がある。必要がある場合あるいは患者から正当な要求があったときにはいつでも,精神科医はより経験の深い同僚の援助や意見を求めるべきである。

 3. 患者と精神科医のあいだの治療的関係は相互の合意に基づいている。そのためには信頼,秘密保持,率直さ,協調,相互に責任を持つことなどが必要である。このような関係は重症患者については確立できないかもしれない。そのような場合には,小児の治療の場合と同様に,患者と近い関係にあり,患者に承認されうる人物との接触を確立すべきである。
 たとえば司法精神医学の場合のように,治療以外の目的で精神科医とある人とのあいだに関係が確立されるときには,その関係がどういう性質のものであるかを当該の人に十分に説明しなければならない。

 4. 精神科医は,患者の現在の状態の性質,自分が提案する診断・治療方法とそれらについて他に採りうる方法,および患者の予後について,患者にしらせるべきである。この情報はできるだけ相手の気持を配慮しながら与えられなければならず,患者は適切(appropriate)な方法と利用可能(available)な方法とのあいだの選択をする機会を与えられるべきである。

 5. 患者が自分自身の希望を表現する能力を欠く場合,患者が精神医学的疾病のために何が自分の最大の利益であるかを判断できないとき,あるいは同じ理由で患者が他人にたいして重大な脅威を与える場合などを除くと,患者自身の意志に反したあるいはその意志と無関係な処置は施行されてはならず,そのような治療は与えられてはならず,上述のような場合には,強制的治療は,それが患者の最大の利益になり,かつ必要最小限の期間に限って行なわれること,後になってから患者に事情を話してさかのぼって同意が得られると推定できること,可能なときにはいつでも患者に近い人から同意を得ておくことなどの条件がみたきれるときにかぎり,行なわれてもよく,あるいは行なわれるべきである。

 6. 上記の強制的治療のための条件がもはや当てはまらなくなったときには,患者自身が自発的にそれ以上の治療を受けることに同意しないかぎり,患者はただちに解放されなければならない。
 強制的治療あるいは拘留が行なわれるときにはいつでも,これらの事例を定期的に審査するための独立した中立の控訴機関がなければならない。各患者は控訴機関が存在することを知らされ,本人自身であるいは代理者を通して,病院の職員やその他誰にも干渉されることなく,その機関に控訴することが許されていなければならない。

 7. 精神科医はその職業の可能性(知識や技術)を個人あるいは集団の誤った処遇のために決して使用してはならず,不当な個人的な欲望,感情,偏見が治療を妨げるのを決して許さぬように心がけるべきである。
 精神科医は精神疾患が存在しないときに強制的な精神医学的治療に関与してはならない。もし患者あるいは第三者が科学的原理あるいは倫理的原理に反する行為を要求したとしても,精神科医は協力を拒否せねばならない。なんらかの理由で患者の希望あるいは最大の利益が保護されえないときには,患者はそのことを知らされなければならない。

 8. 精神科医が患者から話されたこと,あるいは診察や治療のあいだに知ったことについてはすべて,患者自身が精神科医の職業的守秘義務を解いたとき,あるいはその他,きわめて重大な公共の利益あるいは患者の最大利益のためにそれを公表せざるをえない場合以外は,秘密が守られなければならない。上述の理由で秘密が守られない場合には,患者はただちにそのことを知らされなければならない。

 9. 精神医学的知識や技術を増加し普及させるためには患者の参加が必要である。しかし講義に患者を供覧するときには,またもしできれば患者の病歴を公表するときにも,事前に事情を話して同意を得る必要があり,匿名性を保ち患者の個人的名誉を守るためにすべての有効な手段が講じられるべきである。
 臨床的研究においても,治療の場合と同様に,あらゆる被験者は利用できる最善の治療を与えられなければならない。患者の参加は,その実鹸計画の目的,方法,危険,不便さについて完全な情報を与えられた後に患者の自由意志で決定されなければならず,予測される危険や不便さと研究によって得られる利益とのあいだにはつねに相応の関係がなければならない。
 小児や,その他自分自身で事情を聞き同意を与えることができない患者に関しては,彼らに近い関係にある人から同意を得るべきである。

 10.患者や研究の被験者は誰でも,自分の自由意志で受けている治療や自分が参加している教育あるいは研究のプログラムから,どんな理由によってでも,またいつでも,身を引く自由をもっている。このように参加を途中でとりやめたときにも,プログラムに加入することを最初から断ったときにも,そのことによって,患者や被験者を助けようとする精神科医の努力が影響を受けるようなことがあってはならない。

 精神科医は,この「宣言」の原理に反するような治療,教育,研究のプログラムはすべて中止すべきである。


 翻訳 大熊輝雄氏(東北大学医学部精神医学教室)
 「精神医学」(医学書院)1977年11月 19巻11号 p88-89


 2006.12.12 登載

 「ハワイ宣言」は、1977年にホノルルで開催された世界精神医学会(WPA)の第6回総会において承認されましたが、1983年にウィーンで開催された第7回総会において修正され、7月10日、「ハワイ宣言U」として承認されました。
 その後の状況の変化を受け、1996年にマドリッドで開催された総会にて、8月25日、「マドリッド宣言」が承認されました。その後、1999年8月8日にハンブルグ、2002年8月26日に横浜、2005年9月12日にカイロで開催された総会で、順次修正が加えられています。
 それぞれの宣言は、世界精神医学会(WPA)のホームページ <http://www.wpanet.org/> で閲覧することができます。
 「ハワイ宣言U」( Declaration of Hawaii / II ) <http://www.wpanet.org/detail.php?section_id=5&category_id=9&content_id=27>
 「マドリッド宣言」( Madrid Declaration on Ethical Standards for Psychiatric Practice ) <http://www.wpanet.org/detail.php?section_id=5&category_id=9&content_id=48>
【参考資料集】
アクセスカウンター CK8



WORLD PSYCHIATRIC ASSOCIATION

DECLARATION OF HAWAII


  Ever since the dawn of culture ethics has been an essential part of the healing art. Conflicting loyalties for physicians in contemporary society, the delicate nature of the therapist-patient relationship, and the possibility of abuses of psychiatric concepts, knowledge and technology in actions contrary to the laws of humanity, all make high ethical standards more necessary than ever for those practising the art and science of psychiatry.

  As a practitioner of medicine and a member of society, the psychiatrist has to consider the ethical implications specific to psychiatry as well as the ethical demands on all physicians and the societal duties of every man and woman.

  A keen conscience and personal judgement is essential for ethical behaviour. Nevertheless, to clarify the profession's ethical implications and to guide individual psychiatrists and help form their consciences, written rules are needed.

  Therefore, the General Assembly of the World Psychiatric Association has laid down the following ethical guidelines for psychiatrists all over the world.


  1. The aim of psychiatry is to promote health and personal autonomy and growth. To the best of his or her ability, consistent with accepted scientific and ethical principles, the psychiatrist shall serve the best interests of the patient and be also concerned for the common good and a just allocation of health resources.
  To fulfil these aims requires continuous research and continual education of health care personnel, patients and the public.

  2. Every patient must be offered the best therapy available and be treated with the solicitude and respect due to the dignity of all human beings and to their autonomy over their own lives and health.
  The psychiatrist is responsible for treatment given by the staff members and owes them qualified supervision and education. Whenever there is a need, or whenever a reasonable request is forthcoming from the patient, the psychiatrist should seek the help or the opinion of a more experienced colleague.

  3. A therapeutic relationship between patient and psychiatrist is founded on mutual agreement. It requires trust, confidentiality, openness, cooperation and mutual responsibility. Such a relationship may not be possible to establish with some severely ill patients. In that case, as in the treatment of children, contact should be established with a person close to the patient and acceptable for him or her.
  If and when a relationship is established for purposes other than therapeutic, such as in forensic psychiatry, its nature must be thoroughly explained to the person concerned.

  4. The psychiatrist should inform the patient of the nature of the condition, of the proposed diagnostic and therapeutic procedures, including possible alternatives, and of the prognosis. This information must be offered in a considerate way and the patient be given the opportunity to choose between appropriate and available methods.

  5. No procedure must be performed or treatment given against or independent of a patient's own will, unless the patient lacks capacity to express his or her own wishes or, owing to psychiatric illness, cannot see what is in his or her best interest or, for the same reason, is a severe threat to others.
  In these cases compulsory treatment may or should be given, provided that it is done in the patient's best interests and over a reasonable period of time, a retroactive informed consent can be presumed and, whenever possible, consent has been obtained from someone close to the patient.

  6. As soon as the above conditions for compulsory treatment no longer apply the patient must be released, unless he or she voluntarily consents to further treatment.
  Whenever there is compulsory treatment or detention there must be an independent and neutral body of appeal for regular inquiry into these cases. Every patient must be informed of its existence and be permitted to appeal to it, personally or through a representative, without interference by the hospital staff or by anyone else.

  7. The psychiatrist must never use the possibilities of the profession for maltreatment of individuals or groups, and should be concerned never to let inappropriate personal desires, feelings or prejudices interfere with the treatment.
  The psychiatrist must not participate in compulsory psychiatric treatment in the absence of psychiatric illness. If the patient or some third party demands actions contrary to scientific or ethical principles the psychiatrist must refuse to cooperate. When, for any reason, either the wishes or the best interests of the patient cannot be promoted, he or she must be so informed.

  8. Whatever the psychiatrist has been told by the patient, or has noted during examination or treatment, must be kept confidential unless the patient releases the psychiatrist from professional secrecy, or else vital common values or the patient's best interest makes disclosure imperative, In these cases, however, the patient must be immediately informed of the breach of secrecy.

  9. To increase and propagate psychiatric knowledge and skill requires participation of the patients. Informed consent must, however, be obtained before presenting a patient to a class and, if possible, also when a case history is published, and all reasonable measures be taken to preserve the anonymity and to safeguard the personal reputation of the subject.
  In clinical research, as in therapy, every subject must be offered the best available treatment. His or her participation must be voluntary, after full information has been given of the aims, procedures, risks and inconveniences of the project, and there must always be a reasonable relationship between calculated risks or inconveniences and the benefit of the study.
  For children and other patients who cannot themselves give informed consent this should be obtained from someone close to them.

  10. Every patient or research subject is free to withdraw for any reason at any time from any voluntary treatment and from any teaching or research programme in which he or she participates. This withdrawal, as well as any refusal to enter a programme, must never influence the psychiatrist's efforts to help the patient or subject.

  The psychiatrist should stop all therapeutic, teaching or research programmes that may evolve contrary to the principles of this Declaration.